autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]日伊合作<アバルト124スパイダー>は、めっちゃカッコよくてちゃんと”イタリアン”だった

試乗レポート 2016/11/18 10:42

[試乗]日伊合作<アバルト124スパイダー>は、めっちゃカッコよくてちゃんと”イタリアン”だった(1/4)

関連: アバルト 124スパイダー Text: 今井 優杏 Photo: 島村栄二
[試乗]日伊合作<アバルト124スパイダー>は、めっちゃカッコよくてちゃんと”イタリアン”だった

イタリアと日本の技術が融合した夢のスポーツカー、Abarth 124 Spider

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) AT&MTモデル 試乗レポート/今井優杏

イタリア・アバルトの新型FRオープンカー<Abarth 124 Spider>(アバルト124スパイダー)がデビューした。マツダ ロードスターの基本設計を基に、FCA(FIAT CHRYSLER AUTOMOBILES)が独自にデザインから開発までを担当、そして生産は日本で行うという、異例尽くしな1台。そんな日伊合作の124スパイダーを試乗してきたのは、自動車ジャーナリストの今井優杏さん。「実は全く違うクルマだった!」と語る、優杏さんのアツいインプレッションをご覧あれ。

めっちゃカッコイイし、ちゃんと”イタリアン”になってる!

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) AT&MTモデル 試乗レポート/今井優杏

かつて長くフィアットの2シーターに乗っていた私にとって、フィアットがマツダ ロードスターとアーキテクチャーを共用して2シーターオープンを出すと聞いたときに、ほんとうにビックリすると同時に大きな期待をせざるを得なかった。だって”走りのマツダ”と”フィアット”ですよ。

双方のカーデザインへのこだわりのベクトルも含めて、いったいどっちがどう主導権を握るのか、いや握らないままそれぞれ独自に開発を進めるのか、その辺まったく見当もつかなかったのだけど、結果、こんなん出ましたけど! と驚いた。めっちゃカッコイイし、ちゃんとイタリアン顔に仕上がってる!

アバルト124スパイダーが全世界でまず最初に発売される場所はここ日本から

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) AT&MTモデル 試乗レポート/今井優杏Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) AT&MTモデル 試乗レポート/今井優杏

さらに驚きの発表は続く。

日本導入モデルは”フィアット 124スパイダー”ではなく、”アバルト”124スパイダーのみ。アバルトブランド初となるオープンスポーツで、全世界で日本が最も早い販売拠点に選ばれたというではないか。ええ!いきなりアバルト来ちゃうの?! う、うれしい・・・。

>>[画像]Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) フォトギャラリー

イタ車を経験した者にやっぱりアバルトに対する憧れは強い。いつだってあのサソリのエンブレムのもたらす求心力には惹きつけられて来たし、だいたいあのマークのデザインがカッコイイし!

問答無用の説得力というか、ある意味で言えば超高級スポーツカーよりも”スキモノ”感を漂わせていて、実際にパフォーマンスは超一級なんだから!

アバルト 124スパイダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アバルト 124スパイダー の関連記事

アバルト 124スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト 124スパイダー の関連記事をもっと見る

アバルト 124スパイダー の関連ニュース

アバルト 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26