autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 CX-5/アウトランダーPHEV/ハリアーを徹底比較 ~環境や燃費に配慮したシティ派SUV~

3台比較 2017/3/29 11:12

CX-5/アウトランダーPHEV/ハリアーを徹底比較 ~環境や燃費に配慮したシティ派SUV~(1/4)

関連: マツダ CX-5 , 三菱 アウトランダーPHEV , トヨタ ハリアー Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志・小林岳夫
CX-5/アウトランダーPHEV/ハリアーを徹底比較 ~環境や燃費に配慮したシティ派SUV~

環境や燃費に配慮したシティ派SUV

マツダ CX-5

最近は軽自動車やコンパクトカーなど実用性を重視した価格の求めやすい車種が売れ筋だが、その中で注目されるのがSUVの動向だ。趣味性の強いカテゴリーで価格も高めなのに、堅調に売れている車種が見られる。

設計の新しいSUVでは、マツダ CX-5が挙げられるだろう。先代モデルはマツダのスカイアクティブ技術をフルに採用した第1弾として2012年に発売された。クリーンディーゼルターボの搭載もあって人気車となり、2016年12月に現行モデルへフルモデルチェンジしている。

プラットフォームやエンジンなどの主要メカニズムは先代モデルを踏襲したが、乗り心地や内装の質を高めて安全装備も充実させた。先代モデルを洗練させたのが現行モデルと考えれば良い。

CX-5のライバル車としては、三菱 アウトランダーがある。主力のPHEVは充電機能を備えたハイブリッドを搭載して、2リッターエンジンは主に発電機として機能する。駆動は前後に搭載されたモーターが担当する仕組みだ。

現行アウトランダーの発売は2012年10月、PHEVは2013年1月だが、その後に数回の変更を受け、2017年2月にも改良を行って充電時間を短縮するなど機能を高めた。

そしてCX-5やアウトランダーといった上級SUVの中では、トヨタ ハリアーの人気が根強い。今日のSUVでは珍しく国内市場を重視して開発され、内外装には日本のユーザーにとって分かりやすい高級感が漂う。ハイブリッドを用意したこともあり、2013年12月の発売以来、SUVの中では売れ行きが好調だ。

今回はこの3車種を比較したい。CX-5はクリーンディーゼルターボ、アウトランダーは充電可能なハイブリッド、ハリアーはトヨタの代表的なハイブリッドシステムを備え、3車種ともに環境/燃費性能に配慮されている。

>>CX-5・アウトランダーPHEV・ハリアーの写真を見る

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ CX-5 の関連編集記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連編集記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR