【2024年】マツダ 新型CX-5のおすすめグレードと価格、ボディカラーを解説! トクするグレードの選び方もご紹介

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:木村 博道/マツダ/小林 岳夫/島村 栄二
画像ギャラリーはこちら

マツダ CX-5は2022年に販売されたマツダ車のなかで最も多く売れた人気の高いモデルです。年次改良が定期的に行われブラッシュアップされてきましたが、グレードが豊富でどのグレードを選べば良いのか分かりにくくなっているのがネックでした。

そこで2023年9月に実施された一部改良の変更点とおすすめグレードをカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型CX-5は2022年のマツダ車で最も販売された人気の車種
  2. 新型CX-5 一部改良で変更されたポイント|グレード構成の見直しや新しいボディカラーを追加
  3. 新型CX-5のグレード構成・新旧価格表
  4. 新型CX-5のボディカラー|豊富な8種のカラーを用意
  5. 新型CX-5の推奨グレード|価格を抑えたい、買い得な4WDが欲しい、ベストグレードの3つをご紹介
  6. 新型CX-5のライバル比較|同等サイズのライバルと比べると新型CX-5は割安に感じられる
  7. 新型CX-5の納期|3〜4か月程度で購入しやすい

新型CX-5は2022年のマツダ車で最も販売された人気の車種

今のマツダは「魂動デザイン」と「スカイアクティブ技術」により、運転の楽しいスポーティなクルマ造りが特徴とされています。

そんなマツダ車の中でも堅調に売れているのが、ミドルサイズSUVの新型CX-5です。直近では設計の新しい新型CX-60の販売が好調ですが、2022年は新型CX-5がマツダの最多販売車種でした。

現在販売されている新型CX-5は2代目で、2017年に発売されました。今のマツダは車種の数を抑える代わりに、改良を頻繁に行うことで商品力が高く維持されています。

この流れに沿って、新型CX-5は2023年9月に一部改良が行われました。

今回の改良は、デザイン関連とグレードの見直し、原材料費の高騰に伴う価格の改訂が中心です。エンジン性能、走行安定性、乗り心地、安全装備などは従来型が踏襲されています。

新型CX-5 一部改良で変更されたポイント|グレード構成の見直しや新しいボディカラーを追加

ここからは変更された点について詳しくご紹介しましょう。

まず新型CX-5の全車に共通する変更点として、外装色に明るいゴールド系のプラチナクォーツメタリックを加え、メーカーのセットオプションが変更されています。

グレード構成も見直されました。新型CX-5が発売された時は、ベーシックな25SやXD、中級の25SプロアクティブやXDプロアクティブ、上級の25S・LパッケージやXD・Lパッケージという具合で、グレード構成はシンプルでした。

その後に特別仕様車を含めてバリエーションが加わったことで選択肢が複雑になり、選びにくくなりました。

そこで今回の改良では、新型CX-5の発売時点から設定のあったプロアクティブやLパッケージが廃止されています。

そして価格を抑えた求めやすいグレードとしてスマートエディション、アウトドア指向が強い4WD専用のフィールドジャーニーが設定されています。

次の項目に「新型CX-5のグレード構成・新旧価格表」を掲載していますので、合わせてご参照ください。

スポーツ指向のグレード

スポーツ指向のグレードとしては、まずスポーツアピアランスがあり、フロントグリルは縦基調で、グロスブラックで高級感のあるデザインに仕上げられました。運転席と助手席の温度上昇を抑えるシートベンチレーション機能も追加されています。ブラックトーンエディションもスポーツ指向に含まれ、運転席の電動調節機能や10.25インチのセンターディスプレイも標準装着されます。

新たな特別仕様車「レトロスポーツエディション」を設定

特別仕様車として、新たにレトロスポーツエディションも加わりました。何が「レトロ」かといえば外装色(ボディカラー)です。ジルコンサンドメタリックと呼ばれるカーキやベージュを暗くしたような落ち着いた色彩が使われ、ドアミラーやホイールはブラックです。内装はシックな赤系統のテラコッタが採用されています。

それでも「レトロ」感覚が分かりにくいですが、1970年前後に販売されていたプリムス(クライスラー社のブランド)などのアメリカ車には、ジルコンサンドのような中間的な色彩がありました。50年くらい前は「クリーム色を暗くした感じ」などと表現された色合いです。

今回新型CX-5の特別仕様車に採用されたジルコンサンドメタリックと1970年代に流行したボディカラーの色調が似ていることから「レトロ」と表現されました。

最上級グレード

最上級グレードとしては、エクスクルーシブモードがあります。フロントグリルは縦基調で、上質感が強調されています。エクスクルーシブモードの装備内容は、スポーツアピアランスに近いです。なおメーカーオプションの選択肢は、従来に比べると大幅に削減されました。

新型CX-5のグレード構成・新旧価格表

グレード名

エンジン

駆動方式

旧価格

新価格

20Sスマートエディション

スカイアクティブG 2.0(ガソリン)

2WD

276万6500円

290万9500円

4WD

299万7500円

314万500円

20Sブラックトーンエディション

2WD

307万4500円

323万9500円

4WD

330万5500円

347万500円

20Sフィールドジャーニー

4WD

326万7000円

352万円

20Sレトロスポーツエディション

2WD

342万6500円

4WD

365万7500円

25Sスポーツアピアランス

スカイアクティブG 2.5(ガソリン)

2WD

335万600円

358万1600円

4WD

358万1600円

381万2600円

XDスマートエディション

スカイアクティブD 2.2(ディーゼル)

2WD

308万5500円

322万8500円

4WD

331万6500円

345万9500円

XDブラックトーンエディション

2WD

339万3500円

355万8500円

4WD

358万6000円

378万9500円

XDフィールドジャーニー

4WD

362万4500円

383万9000円

XDレトロスポーツエディション

2WD

374万5500円

4WD

397万6500円

XDスポーツアピアランス

2WD

366万9600円

390万600円

4WD

390万600円

413万1600円

XDエクスクルーシブモード

2WD

393万9100円

399万4100円

4WD

417万100円

422万5100円

新型CX-5のボディカラー|豊富な8種のカラーを用意

車のボディカラーの人気色は、ブラックとホワイトです。トヨタ 新型ヴェルファイアのボディカラーは、現在この2色しか用意されていません。

その点で新型CX-5は、先ほどご紹介したジルコンサンドメタリックとプラチナクォーツメタリックのほかにも、明るいグレーのポリメタルグレーメタリック、少し暗いマシーングレープレミアムメタリックもあります。ホワイト、ブラック、レッドを含めて、ボディカラーは合計8色を用意しました。

新型CX-5の推奨グレード|価格を抑えたい、買い得な4WDが欲しい、ベストグレードの3つをご紹介

改良でグレード構成はシンプルになりましたが、それでも繁雑なので、3つのユーザーニーズに基づく新型CX-5の推奨グレードをご紹介します。

価格をなるべく安く抑えたい:20Sブラックトーンエディション・2WD(323万9500円)

価格の安いグレードとして、300万円以下の20Sスマートエディション・2WDもありますが、運転支援機能のクルージング&トラフィックサポートなどが装着されず、推奨度は低いです。

そこでおすすめしたいのが20Sブラックトーンエディションです。直列4気筒2Lガソリンエンジンは少しパワー不足ですが、実用装備を充実させながらも、価格は323万9500円。以前に比べて16万5000円値上げされましたが、今でも買い得な部類に入ります。

価格を抑えた4WDが欲しい:20Sフィールドジャーニー・4WD(352万円)

4WDが欲しい時は、4WD専用グレードの20Sフィールドジャーニーを検討しましょう。IRカットガラス、電動リアゲートのハンズフリー機能、荷室の防水加工などを加えながら、20Sブラックトーンエディション・4WDと比べた時の価格アップは約5万円に抑えられました。4WDではクリーンディーゼルターボのXDを含めて、フィールドジャーニーが買い得です。

走りも満足できる買い得ベストグレード:XDブラックトーンエディション・2WD(355万8500円)

先に挙げた20Sブラックトーンエディション・2WDが搭載する直列4気筒2Lエンジンは、最高出力が156馬力で最大トルクは20.3kg-mです。それがXDの2.2Lクリーンディーゼルターボは、200馬力・45.9kg-mになり、動力性能が大幅に向上します。

しかも2WDのWLTCモード燃費は、2Lガソリンが14.6km/L、2.2Lディーゼルは17.4km/Lです。ディーゼルは動力性能が高く、なおかつ燃費も優れ、軽油価格の安さも考えるとディーゼルの燃料代はガソリンの約70%で済みます。しかも2Lガソリンと比べた時の価格アップは31万9000円に抑えられています。

新型CX-5のライバル比較|同等サイズのライバルと比べると新型CX-5は割安に感じられる

トヨタ 新型ハリアー
日産 新型エクストレイル
マツダ 新型CX-60

XDブラックトーンエディションは実用装備も充実しており、ライバル車のトヨタ 新型ハリアーハイブリッドG・2WD(411万9000円)、日産 新型エクストレイルX・2WD(374万8800円)、同じマツダ車のCX-60・XD・Sパッケージ(381万1500円)などと比較しても価格が安いです。

価格の割安度は新型CX-5の特徴で、その代表グレードがXDブラックトーンエディションです。

新型CX-5の納期|3〜4か月程度で購入しやすい

販売店に納期を尋ねると「3か月から4か月」と返答されました。今でも納期の長い車種は多いですが、その中でも新型CX-5は購入しやすい部類に入ります。早めに納車されたいという方にもおすすめの1台ですので、検討されてみてはいかがでしょうか。

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:木村 博道/マツダ/小林 岳夫/島村 栄二】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
291万円422.5万円
中古価格:
49.9万円432.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる