マツダ 新型CX-60の日本発売は2022年秋予定! 初のPHEVをはじめ4種類のパワートレインを用意

画像ギャラリーはこちら

マツダは2022年4月7日(木)、新世代ラージ商品群の第一弾である新型「CX-60」の日本仕様を公開した。日本での販売開始は2022年初秋を予定している。

目次[開く][閉じる]
  1. 注目の新世代ラージ商品群の第一弾、新型CX-60の日本仕様がついに公開
  2. マツダ初のPHEV「e-SKYACTIV PHEV」や、ディーゼルハイブリッドなど4種類のパワートレインを用意
  3. ドライバーだけではなく、同乗するパートナーや家族にも安心・安全を提供

注目の新世代ラージ商品群の第一弾、新型CX-60の日本仕様がついに公開

マツダ 新型CX-60は、同社の新世代ラージ商品群の第一弾として時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした、2列シートミッドサイズSUV。

ボディサイズは、全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、ホイールベースは2870mm。

マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦し、自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その骨格や空間構成から表現している。

マツダ初のPHEV「e-SKYACTIV PHEV」や、ディーゼルハイブリッドなど4種類のパワートレインを用意

エンジンは、2.5Lガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせ、モーターならではの滑らかな加速フィールを特徴としたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」、直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、2.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」の4種類を設定。

組み合わされるトランスミッションには、新開発のトルコンレス8速ATが採用されている。走行性能では、優れた環境性能とユーザーの期待に応える走りの両立を追求し、高出力化と環境性能を両立するパワーユニットを縦置きに配置するプラットフォームと組み合わせることで、心昂るような運転体験を感じてもらいたいとしている。

ドライバーだけではなく、同乗するパートナーや家族にも安心・安全を提供

先進安全装備には、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。加えて、より安心・安全な運転の実現を目指して、ユーザーに合わせたドライビングポジションの調整支援を行なう「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した機種を設定し、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき、運転するドライバーだけではなく、同乗するパートナーや家族にも安心・安全を提供する。

マツダ株式会社執行役員国内営業担当の東堂一義氏は「新型CX-60は、すべての領域で意のままの走り、クラフツマンシップ、デザイン、安全性能を上質に磨き上げました。現在マツダ車をお乗りのお客さまへ魅力的な選択肢をご提供することはもちろん、プレミアムブランドに対する選択肢として『上質』を求められるお客さまにお薦めできる1台です」とコメントしている。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
291万円422.5万円
中古価格:
39.8万円429.1万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる