新型スープラの兄弟車 BMW 新型Z4の魅力を画像でチェック!

BMW新型 Z4は日本人がもっとも気になるクルマ

2018年末から2019年にかけて、魅力的な輸入車が数多くリリースされてきたが、3代目に当たるBMW 新型Z4は、日本人にとってちょっと特別な存在感を持ったクルマかもしれない。もちろん、その理由は、2019年でもっとも注目を集める、トヨタ 新型GRスープラの兄弟車だからである。

日本人だけでなく、世界を驚かせたトップメーカー同士の協業で生まれたFRスポーツ。今回はGRスープラとの相違点にも軽く触れながら、BMW新型 Z4の魅力を見ていこう。

>>エレガントなピュアスポーツ! 新型 Z4の画像をもっと見る【全121枚】

ピュアスポーツになるべく突き詰められた黄金比

新型Z4最大のトピックと言えば、前後左右の寸法、いわゆる“ディメンション”である。もともとBMW Z3の上位モデル的な性格を持った初代BMW Z4や、2代目BMW Z4では、生粋のスポーツカーというよりはややGT(グランドツーリング)的な立ち位置。連続するコーナーを機敏に駆け抜けるというよりは、プラスαの速度域で快適に駆け抜けるといったキャラクターだった。

しかし、新型 Z4では、類稀なコーナリング性能を持った真のスポーツカーへと、そのキャラクターを大きく方向転換。GRスープラと共有する専用プラットフォームを開発し、全長4335mm、全幅1865mm、全高1305mmとなり、先代モデルと比較すると全長で+235mm、全幅は85mm拡大されている。

サイズアップしていると書くと、軽快さが失われてしまうように感じるかもしれないが、特筆すべきはホイールベースで、先代よりも25mm短い2470mmに収めた。そして全幅を拡張し、前後トレッド1594/1589mmと広げることで、ホイールベース/トレッド比1.55を実現している。

この値は、FRとリヤミッドシップという違いはあれど、ベンチマークであるポルシェ 718ボクスターの1.63よりも小さく、数値だけ見てもより回転性に優れたピュアスポーツであることが伺える。

エンジンは伝統6気筒と現代的な4気筒

現在日本に導入されているのは、197PS/32.6kg・mを発生する、2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジンと、340PS/51.0kg・mを発生する、3.0リッター直列6気筒DOHCターボエンジン。エンジン自体はGRスープラと共通で、出力やトルクも数値上ではまったく同じだが、両メーカーそれぞれで味付けは異なる。

GRスープラには、出力の違う2.0リッター4気筒エンジンが2種類用意され、3種類のエンジンから選択可能。対して新型 Z4の欧州仕様には、ドライブ30iで2.0リッターの高出力モデルがあるが、日本へ正規導入される予定はないようだ。

クローズドクーペとコンバーチブルという違いはあるにしろ、同じ出力のエンジンを搭載していながら、新型 Z4の価格はGRスープラに比べると割高な設定(例:新型Z4 M40i 835万円、GRスープラRZ 690万円)。

電動で開閉するソフトトップ機構を備えるなどの違いはあるが、この辺りは、いわゆる“御三家的”なプライスの付け方というよりも、ある種BMWの割り切りと言った面もあるのではないだろうか。

“Z”の名称を継承するこだわりのスタイリング

BMW Zシリーズの象徴と言えるのが、屋根が開閉するオープンモデルであるということ。先代はハードトップルーフが開閉するリトラクタブル式ルーフを採用していたのに対し、新型 Z4では、幌タイプのソフトトップとなり、軽量化と低重心化に貢献。

50km/h以下でれば走行中に開閉操作が可能で、作動時間もわずか10秒と、毎年夏になると話題になるゲリラ豪雨などの突然の雨でも安心だ。

スポーツカー要素だけじゃなくエレガントさも兼ね備えたエクステリア

小ぶりなヘッドライトを、ボディ両端に配置し、中央のキドニーグリルは個性的なキャラクターのZ4らしく、他のBMW車とは一線を画す、やや横長のデザインになっている。

リアセクションに目を向けると、リアバンパーは厚みを持たせボリューミーなデザインであるものの、切れ長のテールランプを合わせ、数値以上にワイド&ローな印象。

新型 Z4のエクステリアは、全体的に抑揚を抑え気味にすることで、アグレッシブさよりもエレガントさを重視したスタイリングに仕上がっている。この点は、有機的なボディラインでアグレッシブなスタイリングのGRスープラと、大きく異なるポイントと言えるだろう。

BMWらしいうシンプルかつ剛健なインテリア

インテリアもGRスープラとは大きく印象の異なる部分。高さを抑えスポーツカー然としているGRスープラに対し、新型 Z4インパネ周りは、いかにもBMWというシンプルかつ剛健なものとなっており、上質感のある仕上がりになっている。

[筆者:増田 真吾]

新型 BMW Z4 主要スペック

BMW 新型 Z4 主要スペック
Z4 M40iZ4 sDrive20i M Sport
全長4335mm
全幅1865mm
全高1305mm
ホイールベース2470mm
車両重量(車重)1570kg1490kg
エンジン種類直列6気筒DOHC直列4気筒DOHC
駆動方式FR
排気量2997cc1998cc
エンジン最高出力250kW(340PS)/5000rpm145kW(197PS)/4500rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kg・m)/1600~4500rpm320N・m(32.6kg・m)/1450~4200rpm
燃料消費率WLTCモード12.2km/L12.6km/L
トランスミッション8速スポーツAT
メーカー希望小売価格(消費税込)835万円665万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW Z4の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW Z4のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW Z4の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW Z4の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW Z4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる