MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ 新型A6アバント 55 TFSI クワトロ 試乗|自動運転の未来を感じた往復1000kmのロングドライブ 2ページ目

試乗レポート 2019/8/12 16:00

アウディ 新型A6アバント 55 TFSI クワトロ 試乗|自動運転の未来を感じた往復1000kmのロングドライブ(2/2)

関連: アウディ A6アバント , アウディ A6 , アウディ A6オールロードクワトロ Text: 伊藤 梓 Photo: 茂呂 幸正・アウディジャパン・MOTA編集部
アウディ A6 アバント 55 TFSI クワトロ Sライン[4WD/ボディカラー:ファーマメントブルーメタリック]
Audi A6 Avant 55 TFSI quattro S line[4WD]アウディ A6 アバント 55 TFSI クワトロ Sライン[4WD/ボディカラー:ファーマメントブルーメタリック]アウディ A6 アバント 55 TFSI クワトロ Sライン[4WD/ボディカラー:ファーマメントブルーメタリック]Audi A6 Avant 55 TFSI quattro S line[4WD]画像ギャラリーはこちら

よく曲がるのに、なぜか感じた走りへのモヤモヤ

アウディ A6 アバント 55 TFSI クワトロ Sライン[4WD/ボディカラー:ファーマメントブルーメタリック]

アウディはとにかくどのモデルも直進性がいいので、高速道路の長距離移動は本当に苦がない。普段私は自分で運転するのが好きなのでACC(アダプティブクルーズコントロール)はあまり使わないのだが、今回のA6試乗ではわりと積極的にオンにしていた。

その理由は多分、走りの感覚にあった。

これまでのアウディよりもさらに増した”コンピュータールームのような感覚”は、どうやら室内インテリアのせいだけではないようだ。

レールに乗せられているような感じ

これまでアウディは無機質ながらも、たとえばこちらがスイッチを押したらそれにカチッと応答する、そういう受け答えはしていたように思う。なので、デジタルながらも素直な反応を楽しむことができて、運転し甲斐はあったのだ。

ところがA6では、その受け答えが薄まって、クルマだけでできる領域が増えたような、そういうやりとりを楽しむのとは違う方向へ行っているような気がした。4輪操舵や可変のステアリングギアレシオの影響が大きいのか、ハンドルを切った量に対して、とてもよく曲がる。

「よく曲がるクルマ」は本来は楽しいものだが、 A6はそうではなくて、たとえば電車が線路を進んでいくように、電車の意図ではなくレールによってその進路を決められている感じだ。自動車のインプレッションで自分がハンドルを切った感覚とクルマの動きがぴったり合うことをよく「オンザレール感覚」と言うが、それとは違う、まさにそのままの意味での「レールに乗せられている感」を覚えた。

自動運転への過渡期、A6はその狭間にいる

モヤモヤが晴れた瞬間

富山までの道のりはやはり最初に予想したとおり、何の苦もなく、体にも大きな疲れはなかった。ただ何となく「デジタル化の極み」までいってしまったA6についてモヤモヤと考えていた。

それがスッキリ晴れたのは、富山からの帰り道。別の取材が終わって、夕方から富山を出て東京まで一直線に帰ることになったとき「さすがにここから420km運転はきついな」と思い、途中で編集者の方に運転を代わってもらう気でいた。ところが、道中ずーっと同乗者らと話し込んだりしているうちに、あっという間に首都高が目の前まで迫っていたのだ。そのとき「なるほど、A6は自分で運転するクルマと自動運転のクルマの狭間にいるのだ」と理解した。

アウディ 新型A6 セダン

アウディでは、A8からレベル3の自動運転を可能にするシステムを搭載できるようになっている。完全な自動運転が実現化すれば、クルマは運転や移動するものだけではなく、車内で過ごす空間も変わってくるはずだ。たとえば車内で仕事をしたり、本を読んだり、ゆったりとくつろいで話をしたり…。

A6はきっとその未来を見ながら作られたクルマだ。だからこそ、運転の楽しさどうこうよりも、運転自体がとても安楽で、それ以外の時間が充実してくる。こういったクルマもこれから増えるのだろうし、必要なのだと思う。

クルマの未来は二極化?

とはいえ、クルマ好きとしてはそれ一辺倒のクルマになっては寂しい。しかし、従来の役割をRSモデルなどが担ってくれるなら話は別だ。これからは安全に便利に遠くへと行けるクルマと、自分で乗って楽しいクルマがより二極化していくのかもしれない。そうすれば、それぞれ振り切った開発ができるようになって、また新しいクルマの未来が見えてくるような気がする。

今回のA6アバントはその狭間で揺れているようにも思ったが、実は未来への大きな一歩を踏み出したモデルなのかもしれない。

アウディ A6 アバント 55 TFSI クワトロ Sライン[4WD/ボディカラー:ファーマメントブルーメタリック]

[筆者:伊藤 梓・撮影:茂呂 幸正・アウディジャパン・MOTA編集部]

Audi A6 Avant 55 TFSI quattro[4WD] 主要スペック

Audi A6 Avant 55 TFSI quattro S line[4WD] 主要スペック
車種名Audi A6 Avant S line
グレード55 TFSI quattro
価格[消費税8%込]10,410,000円
全長×全幅×全高4,950mm×1,885mm×1,465mm
ホイールベース2,925mm
駆動方式quattro(4WD)
車両重量1,930kg
乗車定員5名
エンジン種類V型6気筒 DOHC
インタークーラー付ターボチャージャー ガソリン直噴エンジン
総排気量2,994cc
エンジン最高出力250kW(340PS)/5,200~6,400rpm
エンジン最大トルク500Nm(51.0kgf-m)/1,370~4,500rpm
トランスミッション7速Sトロニックデュアルクラッチトランスミッション
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料消費率(JC08モード燃費)12.3km/L
サスペンション形式(前)ダブルウィッシュボーン式/(後)ダブルウィッシュボーン式
タイヤサイズ(前・後)245/45R19

※試乗・撮影車にはオプションで「オプションカラー」(90,000円)/「パワーアシストパッケージ」(160,000円)/「リアコンフォートパッケージ」(260,000円)/「Bang & olufsen 3Dサウンドシステム」(180,000円)/「アシスタンスパッケージ」(140,000円)/「ドライビングパッケージ」(380,000円)等のオプションを装着

筆者: 伊藤 梓

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ A6アバント の関連編集記事

アウディ A6アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A6アバント の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR