アウディ 新型A7 Sportback&新型A8 試乗| アウディらしい軽快な走りに、EV時代への序章を感じさせる麗しのスポーツバックとフラグシップセダン(1/2)

セダンの洗練とアバントの実用性を備えた、麗しのスポーツバック

アウディ A6とA8の狭間を埋める巨大な5ドアハッチバック。ご存じ、アウディ A7 Sportback(スポーツバック)の二代目モデルが登場した。

これはメルセデス・ベンツで言えばCLS、BMWで言えば6シリーズ・グランクーペに相当するクルマで、実用性はもちろんのこと、ここに“若さとエレガンス”を備えることが最大の特徴だ。そしてアウディ流に言えば、セダンの洗練とアバントの実用性を備えるのがスポーツバックということになる。

確かに新型A7 Sportback、そのスタイリングは麗しい。そのダース・ベイダー的な顔つきこそいかついが、サイドビューでは「quattro」を表現する前後のフェンダーラインと、一段下のドアノブから伸びるセンターラインの交錯が目に楽しい。そしてダメ押しで、ドアの厚みを打ち消すための深くえぐれた下端のプレスが、その存在感を強烈高める。

線の多さではメルセデスのCLSとは対照的。その賑やかなデザインにシックなカラーを重ねると、いつまで見ていても飽きない。アルマジロのようにヘンテコなカッコウをしていた先代に比べると、スポーツバック的なリアビューは受け継ぐものの遙かにエッジーで、それなのになめらかで、ひとことで言えばカッコいい。

>>新型A7 Sportbackや新型A8の内外装デザインを写真でチェック!

マイルドハイブリッドが組み込まれた3リッターV型6気筒TFSI、その魅力とは?

しかし新型A7 Sportbackがカッコ付けているのは、デザインだけじゃない。パワーユニットやインターフェイスも、外見に負けないくらい先進性を武器にしてEV時代に見栄を切っている。

グレード構成は一種類で、エンジンは340ps/500Nmの出力を発揮する3リッターV型6気筒TFSIを搭載。駆動方式は後輪の駆動をコースティングする最新世代のクワトロ4WDだ。

しかし今回からそのパワーユニットには、48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)が組み込まれている。具体的にはベルト駆動方式のオルタネータースターターを用い、ブレーキング時に最大12kWのエネルギーを回生してリチウムイオンバッテリーに充電。その電力を走行に役立てている。

マイルドというだけあり、EVとしての魅力は弱い。極低速域でアクセルを一定に加速をすると、エンジン回転が低く抑えられたまま加速をして行く様は確認できるものの、こらえ性なくアクセルを踏み込めばすぐさま内燃機関がその主導権を握る。

このツインスクロールターボを採用するTFSIと、デュアルクラッチを用いた7速Sトロニックの加速はすこぶる気持ちが良いから、なおさらモーターを実感しにくい。

では、どこでその利便性を感じられるのかと言えばそれは、「感じられないところに意義がある」ということになる。というのもこのMHEVはアイドリングストップからの始動があまりにスムーズで、どこでエンジンが掛かったのかを全く意識させないままに走り出してしまうのである。ちなみに今回の試乗では高速走行を試すことができなかったが、このMHEVは55~160km/hというワイドなレンジでエンジン出力をカットするコースティング走行も可能だという。

インテリアはアウディの“血の通わない”ロボ的な印象をさらに高めた

その静かな走行フィールにピタリとマッチするのが、インテリアの質感だ。

外観同様ポリゴンで統一されたインパネやメーターナセルの造形は無機質。特にセンターパネルから二段構えで備え付けられる巨大なデジタルパネル(MMIタッチレスポンスコントロールシステム)が、アウディの“血の通わない”ロボ的な印象をグッと高めている。

インフォテインメントなんていかにもな横文字を並べたところで、何か特別なことをやっているわけではない。最大7名のドライバープロフィールを登録できると言っても、スバルだってすでに新型フォレスターで、最大5名だけれど、これをやっている。

そこにはナビやオーディオ、クライメイトコントロールといった至極当たり前の機能がフルデジタル化されているだけなのだが、巨大なクリーンが“カチッ”とクリック感のあるタッチで動く様を見る(感じる)と、次世代の雰囲気が伝わって来るような不思議な気持ちになる。これで「ハロー、サー。今日はどこへ?」なんて聞かれたりしたら、気分はナイトライダー。つまりこうした演出が、かなり心理的には効果があると言うことだ。

とにかく軽快な走りをみせたA7 Sportback!唯一の弱点は・・・

そんな新型A7 Sportbackのフットワークは、呆れるほどに軽快だ。このクラスではもはや常識装備となった後輪操舵と、可変ギアレシオのステアリングの組み合わせ(ダイナミックオールホイールステアリング機構)が、狭い山道でもこの巨体を軽快に走らせる。こうなってくると、小型車の利便性もあったものではない。

ちなみにその最小回転半径は、5.2mという小ささである。(ダイナミックオールホイールステアリング非装着の場合は5.7m)

ハンドリングは、これまでのアウディに見られたアスリート的なスポーツカー的テイストではない。操舵に対する反応は徹頭徹尾穏やかで、しかしながら思い通りにクルマを曲げることができている。雲の上を滑るようなコーナリング感覚はまさに後輪操舵の影響。リアタイヤがトレイルし、スリップアングルによる抵抗がないために、特に低速走行時の同位相状態では、一昔前のドイツ車然としたどっしり感は失われている。とにかく動きが軽やかなのである。

唯一この新型A7 Sportbackに残念な部分があるとすれば、この近未来的な雰囲気に少しだけ水を差す乗り味だ。それはそうだろう。スポーツバック最大の特徴であるハッチバックは巨大な開口部をボディに与え、セダンに比べてそのボディ剛性は大幅に落ちているはずである。さらにその足下には、20インチの大径タイヤを履かせているのだ。

そういう意味でメルセデスがCLSにハッチではなくトランクとエアサスを与えたことは正解であり、無難。かたやポルシェ パナメーラが同じハッチバックで高い質感を得ていることを考えると、新型A7 Sportbackもオプションのエアサスが必須だと思えた。

アウディ/A7スポーツバック
アウディ A7スポーツバックカタログを見る
新車価格:
819万円1,090万円
中古価格:
174.2万円968万円
アウディ/A8
アウディ A8カタログを見る
新車価格:
1,172万円1,809万円
中古価格:
50万円1,400.3万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A7スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A7スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A7スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A7スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A7スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる