autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディRS3セダン&RS3スポーツバック試乗|最も小さく最も辛いRS3の2モデルをテスト

試乗レポート 2018/12/26 16:29

アウディRS3セダン&RS3スポーツバック試乗|最も小さく最も辛いRS3の2モデルをテスト(1/3)

アウディ
アウディアウディアウディアウディ画像ギャラリーはこちら

ひしめき合う欧州ライバル勢と渡り合うために

アウディ RS3を久々に駆りだして、そのホットな走りにニヤつくと同時に、改めて欧州車における“層のブ厚さ”を思い知らされた。

確かにRS3は、極上のホットコンパクト。しかしベーシックモデルであるA3セダン/A3ハッチバックをベースに2.5リッター直列5気筒TFSIを搭載し、ハルデックスカップリングのフルタイム4WDで速さと安定性を担保したその車両価格は、スポーツバックで762万円、セダンで780万円もする。単純計算で一番安いA3の倍以上! 果たしてそこまでする必要があるのか? 290psを発揮する直列4気筒ターボのS3で十分じゃない?

しかし回りを見渡せばメルセデスがA45 AMGを、BMWがM2 クーペを発売してこのセグメントに横やりを入れ、同門であるフォルクスワーゲンはゴルフ Rを310psへとパワーアップし、下からはルノー メガーヌ R.S.やホンダ シビック タイプ Rが追い上げてくる。こうした荒波の中で見栄を切りライバルと渡り合うためにも、アウディはA3に「RS」を設定する必要があるのだ。

>>M2よりも曲がる?! RS3スポーツバック&RS3セダンを画像でも見る[フォトギャラリー]

そんなRS3の最新イヤーモデルは、2018年の夏にようやく日本に導入された。

変更点は由緒ある直列5気筒ターボが、367ps/465Nmから400ps/480Nmへと大幅に高出力化されたことである。

これを支えるタイヤは、マイナーチェンジ前と変わらない19インチ(235/35R19)。駆動方式は前述の通り、最新のハルデックスカップリングを用いたFWDベースの4WDとなっている。

アウディ

その数値こそ後出しジャンケンをしたM2コンペティションに10ps抜かれてしまったものの、直列5気筒エンジンのパフォーマンスは優秀。そして優雅だ。5気筒だからといって特別な排気脈動の個性はあまり感じない。むしろ体感としてわかるのは2.5リッターの排気量で、これが2リッターターボ勢に対する確実な余裕の差となって現れている。即座に立ち上がるトルクの湧き出方が分厚くて優しい。そしてアクセルの踏み込み量が少なく感じられる。もちろんここからアクセルを踏み込めばドラマが始まるわけだが、飛ばさずとも楽しいのは、このエンジンの存在感が大きいからだと思う。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ RS3セダン の関連編集記事

アウディ RS3セダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR