autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ R8 V10 plus試乗|フラッグシップスポーツは先端技術の塊

試乗レポート 2018/12/27 14:30

アウディ R8 V10 plus試乗|フラッグシップスポーツは先端技術の塊(1/4)

関連: アウディ R8 Text: 山田 弘樹 Photo: 小林 岳夫
アウディ
アウディアウディアウディアウディ画像ギャラリーはこちら

アウディ R8の存在はホンダ 新型NSXを連想させる

2018年の最後を飾るアウディのオールラインナップ試乗会。スタッフの方から「お好きなクルマを2台どうぞ」といわれた私は、編集氏があれこれ悩むのを横目に速攻で「R8とRS3を!」と答えた。こういうときは一番ホットなヤツを選ぶに限る。それも、ラインナップのテッペンとボトムをいっぺんに味わうなんて、そうそうできることではない(正確にはS1がアウディRS/S系のボトムレンジだが、日本では既に販売が終了している)。

ご存じR8は、アウディのフラッグシップスポーツカー。初代は今から12年も前の2006年に登場し、4.2リッターV8(420ps)が先行して3年後に5.2リッターV10(525ps)が登場した。

そして二代目R8では、一度はV8ユニット復活の声も聞こえたものの、今のところパワーユニットは5.2リッターV10のみで、548psを発揮するスタンダードなR8と、今回試乗したV10 plus(610ps)という2グレード構成となっている。

アウディ

私はこのR8に乗ると、いつもあるスポーツカーを無意識に思い浮かべる。

それはフェラーリでもマクラーレンでもポルシェでもメルセデスでもなく、ホンダ NSXだ。なぜならこの両者にはそのコンセプトに於いて多くの共通点があり、にも関わらず立ち位置の違いによって、全く異なる表現方法が採られているから。わかりやすく言えば、お互いに優れた部分と足りない部分があって、面白いのである。

たとえばアウディは「アウディ・スペース・フレーム」(ASF)と呼ばれる軽量化技術をシャシーの核としている。簡単に言えばアルミニウムを基軸とした軽量素材でモノコックを造り純粋な性能と環境性能の両方に言及したわけだが、これはまさに初代NSXが世界に先駆けて行った技術だ。ただし後発ながらアウディは1994年に登場したA8からこの技術を自社の高級ラインに転用した。かたや大衆車メーカーである故にホンダは、この高価な技術を応用できなかったという違いがある。

≫アウディ R8 V10 plusの詳細を画像でチェックする

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ R8 の関連編集記事

アウディ R8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR