autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート 4ページ目

燃費レポート 2015/9/11 13:08

日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート(4/4)

関連: 日産 エクストレイル Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部
日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート

オフロードコースで、エクストレイルの走破性を体感

当日はエクストレイル 4WDモデルのオフロード走行試乗会も開催された [日産 エクストレイルハイブリッド エコラン]当日はエクストレイル 4WDモデルのオフロード走行試乗会も開催された [日産 エクストレイルハイブリッド エコラン]

このイベントでは、エクストレイルのガソリン車でクローズドされたオフロードコースを使った試乗も用意されました。

一般的にエクストレイルのような乗用車ベースのSUVに求められるラフロードでの走破性というのは、「雪道を安心して走れること」と、それなりの最低地上高を確保しキャンプで行くような「河原や山中に不便なく行ける」といったことでしょう。

にも関わらず、ハイブリッドを含めエクストレイルはガソリン車205mm、ハイブリッド195mmという乗用車ベースのSUVとしては高い最低地上高を備えるほか、4WDシステムはFFモード、FF状態から前後駆動力配分を50:50まで状況に応じて車任せでベストなものを選んでくれるAUTOモードに加え、悪条件下では前後駆動力配分 を50:50に固定できるLOCKモードまで備える本格的なものとなっています。

そのおかげもあり、写真の急坂も含めこういったオフロードでも乗り心地がいいこともあり、余裕を持って走破することができます。

まあ乗用車ベースのSUVでこういった性能を発揮するシーンはほとんどないと思いますが、エクストレイルがこれだけの性能を持っていることを知るとスポーツモデルを持っている人がサーキットを走るように、こういったオフロードを走ってみるのも楽しいでしょうし、エクストレイルがイザという時にも頼りになる性能を持っていることも印象的でした。

先代エクストレイルの「タフギア」は健在、さらにハイブリッドという高い商品性が加わる

日産 エクストレイルハイブリッド 走行イメージ日産 エクストレイルハイブリッド 走行イメージ

最後に、帰路でアクセルも深く踏んだ(笑)エクストレイルハイブリッドの印象をお伝えしましょう。

全体的にはガソリン車のエクストレイルが持つ素直なハンドリング、しなやかな乗り心地という美点に、ハイブリッド化でモーターのアシストによる追い越し加速時、巡航中ともに余裕ある動力性能、モーターだけの発進も含めたEV走行による市街地での更なるスムースさが加わったというところです。

特に市街地でのスムースさはアイドリングストップが普及していることでネガは減っているものの、よく引き合いに出されるディーゼル車に対するアドバンテージと言えるでしょう。

ただ、乗り心地は燃費向上も加味しているのかタイヤの空気圧が前輪280kPa、260kPaと高いためガソリン車と比べれば硬さを感じますが、それでも同クラスのSUVの中では優秀と言える部類です。

総合的な燃費もザックリとした感覚でガソリン車に対してカタログ値通りの25%良、つまりガソリン車12km/Lに対しハイブリッド15km/Lといったあたりで、冒頭のエクストレイルハイブリッドの紹介で書いた収支決算が成り立つと言えます。

先代モデルと比べると、現行エクストレイルはシティ派のSUVに移行し先代モデルが持っていた硬派な部分が薄れた感もありますが、それでも防水加工されたシートやフロア、オフロードコースで見せたくれたオフロード走破性の高さなど、エクストレイルらしいタフギアという部分は健在です。

そこに商品力の高いハイブリッドが追加された訳ですから、「ミドルSUVといえばエクストレイル」という知名度も高さも有利に働き、販売が好調なのも深く納得できる試乗となりました。

筆者: 永田 恵一

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20