autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらないマツダ 新型 アテンザ 3ページ目

試乗レポート 2016/9/14 12:12

[試乗]デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらないマツダ 新型 アテンザ(3/5)

[試乗]デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらないマツダ 新型 アテンザ

GVC以外にも多岐に渡る改良ポイント

「デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらない」マツダ 新型 アテンザ(2016年夏 一部改良モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

2.2リッターのクリーンディーゼルターボには、GVCと併せて「DE精密過給制御」を採用し、運転感覚を向上させた。ピストンに内蔵させてディーゼルエンジン特有のノイズを打ち消すナチュラルサウンドスムーザーも標準装着する。遮音性や吸音性も向上させ、Lパッケージのフロントドアには遮音ガラスを採用した。

このほかメーターの上部に立ち上がるアクティブドライビングディスプレイをカラー化するなど視認性を高め、ハンドルの形状も改善した。

>>マツダ 新型 アテンザ フォトギャラリー[画像100枚超]

緊急自動ブレーキシステムがさらに進化

「デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらない」マツダ 新型 アテンザ(2016年夏 一部改良モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

装備では低速域で緊急自動ブレーキを作動できる「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」(前進用)を、カメラ方式に変更して歩行者の検知も可能にした。

従来型の検知は、車両に対しては低速域が赤外線レーザーで、高速はミリ波レーダー、車線はカメラという役割分担だったが、改良後はミリ波レーダーと進化したカメラを使い、車両、歩行者、車線をとらえる。歩行者は時速10~80キロで検知する。

新色「マシーングレープレミアムメタリック」を採用

「デビューから丸4年、まだまだ進化が止まらない」マツダ 新型 アテンザ(2016年夏 一部改良モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

デザインは基本的に従来型と同じだが、ボディカラーはアクセラと同様に新色の「マシーングレープレミアムメタリック」を採用した。ブラック塗装の上に高輝度アルミフレークを配置して、渋く光る鉄の質感を表現している。従来のメタリック塗装に比べて、陰影による明るさの差が大きい。

以上のような改良の成果を知るために、新型アテンザの試乗を行った。

>>[画像100枚超]マツダ 新型 アテンザ フォトギャラリー

マツダ アテンザ 関連ページ

マツダ アテンザワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23