autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 独アッパーミドルプレミアムサルーン徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/8/8 18:00

独アッパーミドルプレミアムサルーン徹底比較(3/4)

独アッパーミドルプレミアムサルーン徹底比較

巧みなパッケージング

メルセデス・ベンツ Eクラス インパネ周りメルセデス・ベンツ Eクラス フロントシート

従来型がラウンドしたデザインだったのに対し、エッジを効かせた直線的なデザインとなった。

先にモデルチェンジしたCクラスとの共通性も感じられるが、やはり上級モデルらしく相応の質感を身に着けている。ATセレクターはコラムに移動し、センターコンソールはスッキリとして、コマンダーのダイヤルのみが配された。

従来から評判のよかったシートは、さらにグレードアップした。リラックスした中に心地よい包まれ感のある、非常に良好な着座感をもたらしてくれる。

室内空間は、こうしたデザインながらルーフにかけての絞込みを小さく抑えており、広く確保されている。非常に巧みなパッケージングである。後席は着座位置が少し高めながら、背もたれを寝そべり気味として、頭上空間の広さを稼いでいる。

ラゲッジルームには、日本からの要望を反映したとのことで、ゴルフバッグを入れやすいよう、ぎりぎりまで側壁をえぐっており、今回の3台の中でも、横幅は圧倒的に大きい。

また、フードの開口面積が圧倒的に大きく、形状もよいので、ゴルフバッグのような大荷物も苦労せず積み込める。リアシートは左右が6:4の分割可倒式となっており、ラゲッジルームから遠隔操作で前倒しできるようになっている。

安全装備についても、歩行者検知機能が強化されたナイトビューや、計9個のエアバッグ、アクティブヘッドレスト、アクティブボンネット、アダプティブハイビームアシスト、アダプティブブレーキライトなど、Sクラスをもしのぐ最新のデバイスが与えられているところもポイントだ。

メルセデス・ベンツ Eクラス フロントシートメルセデス・ベンツ Eクラス メーターメルセデス・ベンツ Eクラス ステアリングメルセデス・ベンツ Eクラス コマンドシステムメルセデス・ベンツ Eクラス イメージ

ドライバーオリエンテッドの空間

アウディ A6 インパネ周りアウディ A6 フロントシート

A6のみ、Cピラーにもクォーターウィンドウを配した6ライトウィンドウを採用しているのが特徴。

後席に座ると、視野の斜め後方に窓があることで開放感が高まっている。インパネをドライバー側に傾けたアウディ流のコクピットは、整然としていてクオリティ感も高く、比較的タイトに仕立てられている。シート色とコーディネートした、こうした赤っぽいブラウンが設定されているところもポイント。

ただし、エンジンを縦置きするため、右ハンドル車ではセンタートンネルが左足側の張り出しが少々気になるところではある。

また、せっかくのMMIが旧世代のものである点も惜しい。これが最新のQ5では、非常に使いやすくなっていたので、A6もアップデートに期待したいところである。

後席は座面が長いが、頭上は思ったほど広くない。それでも、前記の開放感加え、ニースペースの余裕は、広くなったA4をだいぶしのぐ。ラゲッジルームも十分に広いのだが、実用性もさることながら、見た目のクオリティを重視したことをうかがわせる。タイヤハウスに合わせて横幅が制約されている部分もあり、ゴルフバッグの積載性はあまりよろしくない。デュアルヒンジのフード開閉機構を採用しているのはA6のみである。

A4が上級移行したことで、A6の立ち位置が難しくなった気もするところだが、インテリアの質感、後席の広さなどは、やはり強みである。

アウディ A6 リアシートアウディ A6 メーターアウディ A6 ステアリングアウディ A6 シフトアウディ A6 イメージ

4人乗り仕様としたスペシャリティ感

フォルクスワーゲン パサートCC インパネ周りフォルクスワーゲン パサートCC フロントシート

パサートとの共通性のあるインテリアながら、シートやパネル類などが専用に仕立てられており、フォルクスワーゲン車らしからぬクオリティを醸し出している。

このフォルムゆえドアの開口面積は小さく、乗り込む際も、乗り込んでからも頭上は広くはない。サッシュレスとなっているのでなおさらである。そこを気にする人にとっては、このクルマは不適当だろう。

中央にパネルを横一文字に通し、段差を設けたインパネは、端正なたたずまいの中にデザインセンスと質感を感じさせる。

また、シートの仕立てがよい。質感が高く手の込んだデザインとなっているし、ややバケット形状となっていることで、心地よいホールド感を得ることができる。

ただし、右ハンドル仕様のポジションの不自然さとして、A6とは逆にタイヤハウスの張り出しの影響で右足側が狭く、アクセルペダルが中央寄りにオフセットしているところは挙げられる。後席は左右でセパレートされた完全4人乗り仕様となっている。

成人男性が座ると、頭まわりもひざまわりも広くなく、またCピラーが頭の斜め横にくるので、後席を常用する向きには適さないといえる。

とはいえ、このクルマのコンセプトからすると、逆にいうと、このフォルムでこれだけ居住空間が確保できていれば十分だと思うし、タイトな室内によるスペシャリティな雰囲気も出ている。ラゲッジルームは、奥行きと横幅がほぼ正方形の形状で広く確保されているが、高さはあまり期待できず、開口部の形状もデザイン重視となるなど、やや制約されている。

ただし、右手前の側面がえぐられているので、ゴルフバッグは比較的簡単に積み込める。

フォルクスワーゲン パサートCC リアシートフォルクスワーゲン パサートCC メーターフォルクスワーゲン パサートCC ステアリングフォルクスワーゲン パサートCC シフトフォルクスワーゲン パサートCC イメージ

総評

この価格帯のクルマともなれば快適装備はそこそこ充実しているが、登場時期による機能面での先進度にはそれなりに差がある。

もっとも気になるのはカーナビである。メルセデスはひと足早く日本での使用に特化した仕様とされ、VWも新しい機能を盛り込んだ機種が設定された。A6のMMIについても、アップデートに期待したいところである。安全装備については、世界的にも最先端を行くメルセデスEクラスがだいぶリードしている。パサートCCは、少々のパンクであれば自己修復するというモビリティタイヤの設定がポイントだ。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

アウディ A6 関連ページ

フォルクスワーゲン パサートCC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円