どっち買う!? 新車の高級セダン「トヨタ クラウン」購入予算400万円台なら3年落ちの高級外車「メルセデス・ベンツ Eクラス」も狙える!

画像ギャラリーはこちら
世の中はSUVが大人気だが、古典的ともいえるセダンにもやはり独自の魅力がある。特に古くからセダンに特化したクルマ造りを続ける老舗ブランド「トヨタ クラウン」は国産高級セダンの代表格である。そんなクラウンを新車で購入する400万円から500万円の予算で、同じく古くからセダンを造り続けるドイツの王道ブランド「メルセデス・ベンツ Eクラス」の3年落ち以内の中古車が手に入ると知ったら、俄然興味が湧くはずだ。あこがれのメルセデスを手に入れるチャンスが到来! あなたならどっちを選ぶ!?

>>クラウンの新車予算で3年落ちのベンツEクラスが手に入る! どっちを選ぶ!? 写真で見てみる[画像44枚]

目次[開く][閉じる]
  1. クラウン以上に多彩なラインナップを誇るメルセデス・ベンツの主力モデル「Eクラス」
  2. 2016年にフルモデルチェンジしたW213型はまさに今が中古車選びの旬!
  3. 3年落ち・走行3万キロ以内で54台の「メルセデス・ベンツ Eクラス」がヒット! 2020(令和2)年、走行1万キロ以下のメルセデス認定中古車も多数見つかる
  4. クラウンにはない「ステーションワゴン」という魅力的なもうひとつのチョイスも存在

クラウン以上に多彩なラインナップを誇るメルセデス・ベンツの主力モデル「Eクラス」

現行型、通称“W213”と呼ばれる5代目のメルセデス・ベンツ Eクラスは、2016年7月に日本への導入が始まった。

直列4気筒 2リッターガソリンターボ「E200」「E250」や、直列4気筒 2リッターディーゼルターボ「E220d」や、V6 3.5リッターツインターボ「E400」などが相次いで導入。

その後もメルセデスAMG E43やE63、プラグインハイブリッド「E350e」、さらにワゴンモデルなど矢継ぎ早にラインナップを拡充していったあたり、クラウンよりも販売規模の大きな、メルセデス・ベンツにとっても重要な位置付けの主力モデルならではと言える。

2016年にフルモデルチェンジしたW213型はまさに今が中古車選びの旬!

およそ5年前から導入を開始したW213型のメルセデス・ベンツEクラスの中古車は、まさに今が買い時の好機である。さっそく中古車検索サイトで調べてみよう。

検索条件は、3年落ち・走行3万キロ以内という設定にしてみた(2021年7月18日現在 MOTA調べ)。

走行距離3万キロ以内、2018年式までの「メルセデス・ベンツ Eクラス」の中古車を検索!

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名:メルセデス・ベンツ Eクラス(現行型)

・モデル:2016年7月~

・年式:平成30(2018)年~令和3(2021)年

・走行距離:~最大3万キロまで

・価格帯:400万円~500万円

・修復歴:なし

(2021年7月18日現在 MOTA調べ)

メルセデス・ベンツ/Eクラス
メルセデス・ベンツ Eクラスカタログを見る
新車価格:
769万円1,144万円
中古価格:
35.9万円1,078万円

3年落ち・走行3万キロ以内で54台の「メルセデス・ベンツ Eクラス」がヒット! 2020(令和2)年、走行1万キロ以下のメルセデス認定中古車も多数見つかる

3年落ち・走行3万キロ以内という検索条件で、54台もの「メルセデス・ベンツ Eクラス」がヒットした。

内訳は、主力のガソリンモデルE200、E250のほかにも、E220d(ディーゼル)、E350e(プラグインハイブリッド)と、多彩なEクラスのラインナップがひと通り勢揃いしている。

例えば2020年式の「E200 アバンギャルド」(BSG搭載モデル)エクスクルーシブパッケージ・走行7000キロ・489.5万円や、2019年式「E220d アバンギャルド AMGライン」走行1.2万キロ・498万円など、新車に限りなく近い条件の高年式モデルも続々と見つけることが出来る。

こうした選びやすさは、人気モデルのEクラスならではの利点である。

また高年式で比較的高価格帯な中古車だけに、メルセデス・ベンツ正規輸入ディーラーが販売する認定中古車も多く含まれている。認定中古車は保証も手厚く、整備なども手慣れていることから、初めての輸入車を選ぶ際の安心感のある選択肢として見るのも良いだろう。

クラウンにはない「ステーションワゴン」という魅力的なもうひとつのチョイスも存在

そしてEクラスと言えば見逃せないのが、ステーションワゴンモデルの存在だ。もともと価格設定がセダンに比べ高いうえ、中古車での人気も根強いため、セダンの中古車に比べ少し割高感はあるものの、3年落ち3万キロ以内、400万円から500万円の検索条件で14台がヒットした。

これはクラウンでは出来ない、メルセデス・ベンツならではの選択肢である。なお将来の売却時にも、Eクラスセダンに比べると人気のEクラスワゴンは好条件が期待できる点も、見逃せないポイントである。このあたりは用途に合わせじっくり比較検討しておきたい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・MOTA編集部]

メルセデス・ベンツ/Eクラスワゴン
メルセデス・ベンツ Eクラスワゴンカタログを見る
新車価格:
810万円1,203万円
中古価格:
39万円831.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる