autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター どっちが買い!?2シーターオープンスポーツカーを徹底比較!

どっちが買い!?徹底比較 2017/12/29 11:00

アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター どっちが買い!?2シーターオープンスポーツカーを徹底比較!(1/3)

アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター
アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスターアバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスターアバルト 124スパイダーマツダ ロードスター画像ギャラリーはこちら

アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスター

アバルトはフィアット500などのチューニングで知られるメーカーだが、フィアットに吸収されて今はFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)のブランドになった。

アバルトのラインアップは、フィアット500をベースに開発された595が主力だが、スポーツカーの124スパイダーも注目される。日本ではベースモデルとなるフィアット 124スパイダーは販売されず、アバルト 124スパイダーが用意される。

アバルト 124スパイダーマツダ ロードスター

フィアット124スパイダーの特徴は、マツダ ロードスターとプラットフォームなどを共通化していることだ。サスペンションも前輪はダブルウイッシュボーン式、後輪側はマルチリンク式で等しく、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2310mm、トレッド(左右のホイールの間隔)は前輪が1495mm、後輪が1505mmで、これらも同じ数値になる。

しかしボディのスタイルとサイズは異なり、エンジンもアバルト 124スパイダーはフィアットの直列4気筒1.4リッターターボを搭載する。ロードスターは当然ながらマツダの1.5リッター(電動開閉式のハードトップを備えたRFは2リッター)だ。

そして124スパイダーはフィアット、アバルトともに広島にあるマツダの工場で製造され、日本と海外に出荷される。日本製の海外メーカー車となるわけだ。

>>アバルト 124スパイダー vs マツダ ロードスターを画像でも徹底比較![フォトギャラリー枚超!]

124スパイダー vs ロードスター|ボディサイズ・運転のしやすさ比較

アバルト 124スパイダーマツダ ロードスター

ボディサイズを比べると、ホイールベースは同じ数値だが、全長はアバルト 124スパイダーが4060mmでロードスターよりも145mm長い。全幅は1740mmだから、ロードスターより5mm広いだけで同等だ。全高も1240mmだからロードスターよりも5mm高い程度にとどまる。

つまりアバルト 124スパイダーは、ロードスターと比べて全長が目立って長く、この寸法の違いが見栄えにも影響を与えた。

ロードスターは全長がホイールベースの割に短く、前後のオーバーハング(ボディがホイールよりも前後に張り出した部分)も短く抑えられ、今日的な引き締まり感を演出している。4輪がボディの四隅に踏ん張って見えるため、視覚的な安定感も高い。

アバルト 124スパイダーマツダ ロードスター

逆にアバルト 124スパイダーは、オーバーハングが長く外観が少しクラシックだ。現行フィアット/アバルト 124スパイダーは、1966年のトリノショーでデビューした当時の124シリーズベースのスパイダー(オープンスポーツカー)をモチーフにする。フロントマスクにも共通性があり、当時のサイズは全長が約4150mm、ホイールベースが2280mmだったから、アバルト 124スパイダーは初代の雰囲気を上手に再現している。

ボンネットの視認性は、ボディ形状の違いによってアバルト 124スパイダーが優れているが、取りまわし性という意味では、全長の短いロードスターが有利だ。

勝者:マツダ ロードスター

124スパイダー vs ロードスター|内装のデザイン/質感/操作性/視認性/居住性比較

アバルト 124スパイダーマツダ ロードスター
アバルト 124スパイダー

インパネやハンドルの基本的な形状は、両車とも共通化されている。インパネ中央の高い位置にディスプレイが備わり、これもロードスターのマツダコネクトと共通だ。

その一方で相違点もあり、アバルト 124スパイダーはレザーインテリアを採用。ハンドルは直進時の頂点部分にレッドのラインが入る。

シートの形状、表皮の材質は異なるが、調節機能は共通で座面の前方を上下させる調節機能が備わる。適度に持ち上げると相対的に腰が下がって着座姿勢を安定させやすい。着座位置が低いスポーツカーとあって、座った時の座面の沈み込みは少ないが、ボリューム不足はなく座り心地はおおむね快適だ。スポーツカーに大切なサポート性も満足できる。車内には引き締まり感が伴うが、車両との一体感も得やすくスポーツカーとして不満はない。

優劣はほとんど付かないが、アバルト 124スパイダーはレザーインテリアを採用するので少し上質な印象だ。

それにしても日本のユーザーとしては、アバルト 124スパイダーの内装がロードスターと共通だと、何となく有り難みが薄れる。日本メーカーと海外メーカーの提携に基づく商品開発の難しさを感じる。

勝者:アバルト 124スパイダー

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アバルト 124スパイダー の関連記事

アバルト 124スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト 124スパイダー の関連記事をもっと見る

アバルト 124スパイダー の関連ニュース

アバルト 新車人気ランキング  集計期間:2017/12/23~2018/1/23