ボルボ 新型V60 徹底解説|見た目はより美しく立派に、しかし同時に実用性も大幅に向上させた王道の”エステート”が誕生(1/2)

歴代V70や850などの流れも汲む「王道ど真ん中のステーションワゴン」

ボルボ・カー・ジャパンは2018年9月25日、ステーションワゴンモデルの「V60」をおよそ7年ぶりにフルモデルチェンジした。V60としては2代目だが、歴代V70や850などの流れも汲む王道ど真ん中のモデルを目指し、ボディサイズも(車幅以外は!)一回り拡大。全く新たに生まれ変わっている。

ライバルにはアウディ A4アバントやメルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン、BMW 3シリーズツーリングなど、いずれも強豪が揃う。そんな激戦区カテゴリーに投入される新生ボルボのウリとは。新型V60の気になる詳細について徹底的に解説する。

>>美しくてしかも実用的! ボルボ 新型V60を画像で見る[フォトギャラリー]

SUVも良いけれど・・・やはりボルボといえば”エステート”でしょ

ここのところ矢継ぎ早にニューモデルを登場させ続けるボルボは、特に新型「XC90」「XC60」「XC40」のいずれもが世界的に高評価を得て販売も極めて好調とあって、昨今ではSUVメーカーのイメージも強くなっている。

しかし60年以上に渡り「エステート」(ステーションワゴンを同社は伝統的にこう呼称する)を造り続けてきた老舗ブランドだけあって、ボルボといえばまず歴代エステートモデルの端正な姿を思い浮かべるファンも多いことだろう。

エステートと言えば、2017年に先行してラージクラスの新型「V90」「V90クロスカントリー」の日本導入を開始し、既に好評を博している。V90シリーズは、歴代エステートモデルの伝統を受け継ぐ端正さと、最新のスカンジナビアデザインが融合したエレガントな内外装。ボルボ独自で全てを一から開発した新プラットフォーム”SPA”(SCALABLE PRODUCT ARCHITECTURE)が生む新時代の走りや環境性能。そして世界最先端を行く安全性能…と、ひと言ではとても言い表せないほど多彩な美点を備える。

今回、満を持して登場したミディアムクラスの新型V60は、そんな兄貴分の良さを最大限受け継ぎつつも、よりダイナミックで、かつ実用的なボディサイズを武器に、2018年秋より日本導入を開始する。

全長は125mmも拡大し立派になったのに、車幅は15mmも縮小された理由とは

美しく、かつダイナミックなスカンジナビアンデザインは実用性にも配慮

新型ボルボ V60、まずご紹介したいのはそのボディサイズと内外装の凝ったデザインだ。

先代V60の全長×全幅×全高は4635×1865×1480mm、ホイールベースは2775mmだ。車幅はワイドながら、ミディアムクラスとしては比較的コンパクトだった初代V60。エッジの効いたフォルムと相まって、スポーツワゴンのイメージが強かった。

これに対し2代目の新型V60は全長×全幅×全高が4760×1850×1435mm、ホイールベースは2870mmとなった。

全長で125mm、ホイールベースで95mmも拡大。写真をご覧の通り、ボディデザイン自体もよりボルボエステートらしい”王道ど真ん中”なスクエアなフォルムとなった。サイズアップ以上に立派に見える点は、プレミアムモデルとして重要な要素のひとつだろう。もちろんただ四角くなったワケではなく、新世代ボルボの美点である各部の凝ったディテール処理が受け継がれている点も見逃せない。

また四角いフォルムを得たことで、室内空間が大幅に拡大出来た実利面の効能も大きい。特に後席の足元空間などは大幅に拡げられた。荷室容量も先代V60の430リットルに対し、新型V60では529リットルと、グンと広く使いやすくなっている。

XC60とも共通性を感じられる先進的でクリーンなインテリアデザインは、まずインパネ中央に位置する9インチの縦型ディスプレイが目をひく。寒い北欧生まれのV60らしく、タッチスクリーンは手袋を使用していても使える実用性の高さを誇るが、操作の多くはボイスコマンドに対応するから、走行中むやみに触れる必要はない。メーターも液晶化された12.3インチの大型ディスプレイ。さらに上位グレードではフロントウィンドウにヘッドアップディスプレイも備える。走行に必要な情報を集約しドライバーの目線に表示させることで、安全運転をサポートする。

■関連記事:新型V60のデザイナーが語る、新生ボルボデザイン躍進の鍵とは[デザインセミナーレポート]

悲願の車幅1850mmを実現させたボルボ・カー・ジャパンの執念

拡大されたボディサイズだが、いっぽうで車幅は15mm狭く、車高も45mm低くなっている。中でも注目のポイントは車幅だ。

実は都市部で多いパレット式の立体駐車場の多くが、許容の車幅を1850mm以内と指定している。先代V60の1865mmでは駐車NGとなるケースが少なからずあったという。実際にはパレットもかなり余裕を持って設計されているし、先代V60もドアノブ部の飛び出しが車幅を拡げていた(スマートキー非装着車は1845mm)から、実際には先代でも充分収まるはずだった。しかし例えば自宅マンションなどの駐車場がこれに該当する場合「保管場所使用承諾証明書」(駐車場業者などから取得する車庫証明申請用書類)が発行されず、初代購入をあきらめざるを得ないケースも生じたはずだ。

新型V60では、ボルボ・カー・ジャパンからスウェーデン本国への強い要望も功を奏し車幅1850mmを実現させた。わずか15mmの差ながら、俄然新型V60に注目するユーザーも増えるだろう。

見た目はより美しく、より立派に、しかし同時に実用性も大幅に向上と、新型V60では実に巧妙なモデルチェンジが実現された。

>>ガソリンモデルと2種類のプラグインハイブリッドを用意しディーゼルは設定なし[次ページ]

ボルボ/V60
ボルボ V60カタログを見る
新車価格:
514万円849万円
中古価格:
48万円578万円
ボルボ/S60
ボルボ S60カタログを見る
新車価格:
489万円919万円
中古価格:
30.2万円583万円
ボルボ/V60クロスカントリー
ボルボ V60クロスカントリーカタログを見る
新車価格:
564万円664万円
中古価格:
200.6万円628万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ボルボ V60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる