2020年10月度はこんなモデルの申込みが多かった!│頭金なし+月々一定額で乗れる「MOTAカーリース」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
CMで話題のモデルや、最新の人気モデルも「頭金なし」「月々定額」で契約可能な、新しい自動車の買い方を提案している「MOTAカーリース」。2020年5月のサービススタートから多くの反響がある中、今回は最新の2020年10月度の申し込みデータから、実際どのような層からの申込みがあるのかを解説していく。
目次[開く][閉じる]
  1. MOTAカーリースとは
  2. MOTAカーリース5つの特徴
  3. MOTAカーリース 2020年10月度申込状況

MOTAカーリースとは

2020年5月19日、株式会社MOTAはオリックス自動車株式会社と提携し、新しい自動車の買い方を提案するカーリース「MOTAカーリース」のサービスを開始。リース契約期間を最大11年とする長期プランも用意しており、月々の支払額を抑えることが可能となっている。さらに、契約終了後には契約車両がもらえるほか、返却不要の為、内外装のカスタムも可能となっている点などもMOTAカーリースの大きな特徴だ。

MOTAカーリース5つの特徴

自動車は購入時の本体価格が高額なことに加えて、さらに税金や保険、整備、駐車場、ガソリンといったさまざまなランニングコストが必要となる。コスト自体の高さはもちろん、複雑さ、さらには故障などの突発的なものに対して不安に思うユーザーも多い。

MOTAではこういった自動車所有の課題に対して、車体・税金・保証・メンテナンスなどを月々定額化。MOTAカーリースの特徴は以下の通り。

1. 頭金なし + 月々の支払額を幅広く設定可能。

2. 契約終了後の車の返却が必要無し。だから距離制限や原状復帰返却が無い。契約内でのカスタムもし放題。

3. 購入後も安心。最大7年の延長保証とメンテナンスプランを利用可能。

4. インターネットだけで契約可能! 車種選びから審査申込みまでオンライン完結。

5. MOTAカーリースの車は、全ての国産車が対象。もちろん、すべて新車。

MOTAカーリース 2020年10月度申込状況

2020年10月度のMOTAカーリース申込者を年代別で見てみると、若い世代である20代(「24歳以下」と「25~29歳」の合算)の比率が上昇。9月度では全体の26.4%だったのに対し、10月度では33.8%と7.4ポイント上昇している。次点は、26%を記録した30代(「30~34歳」と「35歳~39歳」の合算)となった。

MOTAカーリースでは、頭金なし+月々の支払額を一定で車を所有できることから、20代からの申込が最も多かったと考えられる。次いで30代のいわゆる子育て世代などにも、乗車人数が増えたことで車を乗り換える必要があるが、できれば大きな出費を抑えたい、そんな背景から選ばれていると考察できる。

年収のデータでは、1位が34.4%の割合で300万円以上、2位が21.1%の割合で400万円以上という結果に。

さらに契約プランでは、90.4%のユーザーが最長11年のリースプランの申し込みを行っている。こちらも同様の傾向として、頭金なし+月々の支払を低く抑えたい、といったユーザーの要望が高いことがうかがえる結果となった。

2020年10月MOTAカーリース 申込数ランキングTOP10

そして2020年10月度の車種別ランキングは、

1位:トヨタ ヤリス

2位:スズキ ハスラー

3位:トヨタ ライズ

4位:ダイハツ タント

5位:ホンダ N-BOX

6位:ホンダ N-BOXカスタム

7位:トヨタ アルファード

8位:ダイハツ ミライース

9位:スズキ スペーシア

10位:トヨタ ヤリスクロス

と、月々の支払を低く抑えられ、他にもファミリーユースに便利な軽・コンパクトカーの割合が多い結果となった。

実際に、車種別ランキング1位をにランクインしたトヨタ ヤリスをMOTAカーリースの11年リースプランで所有する場合では、頭金0円で月額19,200円(税抜)から申し込みが可能。高い走行性能と最新の安全・安心技術を備えるトヨタの最新コンパクトカーに月々の支払いを低価格に抑えながら乗ることができる。

また、車種別ランキング2位にランクインしたスズキ ハスラーをMOTAカーリースの11年リースプランで所有する場合では、頭金0円で月額15,700円(税抜)から申し込みが可能。日常からレジャーまで使い倒せる軽SUVに月々超リーズナブルな2万円以下で乗ることができる。

さらに、車種別ランキング3位にランクインしたトヨタ ライズをMOTAカーリースの11年リースプランで所有する場合では、頭金0円で月額22,100円から申し込みが可能。毎回の車検や自動車税などその都度の支払いもコミコミで、人気コンパクトSUVに乗ることが可能となっている。

「トヨタ ライズ」の月額はいくら? 詳細はこちら

MOTAカーリースのご相談デスク

カーリースに関するご相談・お問合せも受け付けております。MOTAカーリースでは、お電話でも受け付けておりますので、分からないことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-914-388

営業時間:10:00~19:00(平日・土・日・祝日も営業中)

スマートフォン/パソコンでのお問合せはこちら

MOTAカーリース 問い合わせWebフォーム

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
126.1万円273.5万円
スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
48万円262.1万円
トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
167.9万円228.2万円
中古価格:
156.7万円341.2万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる