大人気コンパクトSUV比較! デビューから愛され続けるC-HRと新生児ヤリスクロスの勝敗は?

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年秋に登場予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「トヨタ ヤリスクロス」と、2016年から発売されているコンパクトクロスオーバーSUV「トヨタ C-HR」。話題の小型SUV2台を写真で見比べながら内外装のデザインを比較し、2車種の共通点や相違点を見ていきたいと思います!
目次[開く][閉じる]
  1. 日本で大人気のコンパクトSUVから2車種をピックアップ!
  2. 兄弟だけどあまり顔は似てない? 外装をチェック!
  3. 兄弟それぞれの個性溢れる内装をチェック!

日本で大人気のコンパクトSUVから2車種をピックアップ!

相変わらず全世界的に人気のジャンルであるSUV。もちろんこのブームは日本でも継続中ですが、特に狭い道の多い日本では本格的なSUVよりもコンパクトSUVに人気が集中しています。その中から今回はトヨタのC-HRとヤリスクロスの兄弟比較!

C-HRとヤリスクロスのデザインを見比べたいという人や、どちらを買うか検討している人は要チェックです!

兄弟だけどあまり顔は似てない? 外装をチェック!

2016年にコンセプトカーとほぼ同じ衝撃のデザインでデビューしたC-HR。今世界的に人気のコンパクトSUV市場にトヨタが本気で挑んだ意欲作としても話題となったクルマです。

一方のヤリスクロスは欧州ではRAV4、C-HRの弟分としてフランスのトヨタ工場で生産され、2020年9月に導入予定となっています。

フロントと同様に、ボディーラインからテールライトが突き出るなどエッジの効いた個性的なC-HRはSUVとスポーツクーペをクロスオーバーさせたような新鮮さがあります。

水平基調でシンプルな構成となっているヤリスクロスはスポーティなC-HRに対して新型ヤリスクロスは重厚感を感じさせます。

全長4360mm、全高1550mm(ハイブリッド系)、ホイールベース2640mmのC-HRに対して、ヤリスクロスは全長4180mm、全高1560mm、ホイールベースはヤリスと同様の2550mm。

同じようなボディサイズではありますが、ホイールベースの数値からは、足元に余裕があるのはC-HRということが分かります。

しかし、ヤリスクロスのほうがリアの天井スペースに余裕はあるはず。C-HRに比べ、新型ヤリスクロスはフロントガラスが立っているのと、ボンネットの先端も見えやすい位置にあるため、死角や車両感覚もつかみやすく、コンパクトで小回りが利きそうです。

>>デビューしてから4年たった今も変わらない人気のC-HRの外装を画像で見る

>>いかにも売れそうなサイズ感にルックス! ヤリスクロスの外装を画像で見る

兄弟それぞれの個性溢れる内装をチェック!

曲線やエッジ、凹凸のあるデザイン、シルバーの差し色があるなどアグレッシブなデザインののC-HRですが、内装色は上級グレードが黒とブラウンのコンビシート、ベースグレードもブラックと、外装のカラーとは一転して落ち着いたカラーのみのラインアップとなっています。

ヤリスクロスの上級グレードはパワーシートを装備。不思議なカタチの操作ボタンは、慣れるまで時間を要するが操作性はバツグンです!

>>個性的なおしゃれを求める方にオススメなC-HRの内装を見る

>>オトナ空間にスポーティーさがプラスされたヤリスクロスの内装を見る

個性的プロポーションを求める人はC-HR、日々の使いやすさや、SUVらしい力強いデザインを求める人はヤリスクロスがオススメ。

ぜひ他のクルマとも検討して、自分に合った最高のクルマを見つけてくださいね!

▼C-HRとヤリスクロスについて詳しく読みたい方は下記の記事もチェック▼

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
112.8万円270万円
トヨタ/C-HR
トヨタ C-HRカタログを見る
新車価格:
238.2万円314.5万円
中古価格:
156.6万円1,200.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる