2020年に間違いなく売れそうな新型SUV3選!

  • 筆者: MOTA編集部

ユーザーからも期待大! 上質で美しい「トヨタ 新型ハリアー」

トヨタ ハリアーは、現在まで続く都市型SUVのパイオニア的存在です。初代の登場は1997年で、2020年6月に発売される予定の新型ハリアーは4代目となります。

今回のモデルチェンジで、エクステリアはシンプルかつエレガントなクーペフォルム、水平基調でシャープなフロントマスク・リアビューとなりました。

インテリアには質の高いレザーやウッド調加飾を採用しており、上質で落ち着いた空間が演出されています。トヨタ自動車で初採用される調光ガラスを用いた電動シェード付のパノラマルーフが高級感を後押ししていますね。

さらに、初採用のデジタルインナーミラーをはじめとした先進の安全装備に加え、Apple CarPlay、Android Autoを標準装備され、先進機能面でも進化を遂げています。

MOTA編集部が掲載したハリアー記事対しても、期待するコメントが多く集まっています。今年間違いなく売れるSUVの1台となりそうです。

スタイルにクセもなく、サイズも排気量も日本にマッチするSUV「日産 キックス」

日産 キックスは2016年にブラジルで発売されています。以来、南米諸国に加え、北米や中国など世界主要各国で次々に発表されているグローバルモデルですが、2020年4月時点では日本では未導入となっています。

日産には同セグメントのコンパクトSUVとして2019年11月に欧州にて発売された新型ジュークも用意されていますが、個性的なデザインはちょっと好き嫌いが分かれそうです。

対してキックスは、クセの強いジュークから比べると、より多くのユーザーが馴染みやすいデザインとなっています。

グローバルモデルの日産 キックスには1.5~1.6リッターのガソリンエンジンが搭載されていますが、日本仕様は日産独自のハイブリッドシステム“e-POWER”搭載モデルも導入するとの話が持ち上がっています。もしキックスにe-POWERが導入されれば、燃費はリッター25.0kmを超えるかもしれません。

先進機能については、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、後側方衝突防止支援システム、車線逸脱防止支援システム、プロパイロット、アクティブLEDヘッドライトシステム、アラウンドビューモニターなどが搭載されるでしょう。

価格はベーシックモデルで190万円台、キックスe-POWERは約250万くらいと予想されています。価格帯・デザイン的にも日本にジャストフィットするSUVとなりそうで、こちらも売れること間違いなしです!

特徴的なスタイリングと走る楽しさを持つコンパクトSUV「トヨタ 新型ヤリスクロス」

2020年4月22日、欧州トヨタは、コンパクトクロスオーバーSUV「YARIS CROSS(ヤリスクロス)」をWeb上で世界初公開しました。

ヤリス、GRヤリスに続き、Bセグメント向けのTNGA GA-Bプラットフォームを採用した全く新しいモデルです。

欧州ではRAV4、C-HRの弟分としてフランスのトヨタ工場で生産され、2021年半ばに欧州市場に投入されるほか、日本ではトヨタ自動車東日本株式会社で製造され、2020年秋に導入予定と発表されました。

ヤリスブランドが持つ「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指し開発されたとのこと。

新型ヤリスクロスは、新型ヤリスにも搭載される最新の3気筒 1.5リッター+ハイブリッドシステムを搭載。FFのほかに、AWD-iと呼ぶ4WDシステムとの組み合わせも設定されます。またヤリス同様に1.5リッターのダイナミックフォースエンジンモデルも用意。

ライズとC-HRの中間の位置付け、主力価格帯は200万円台中盤と予想されており、こちらの車種もすでに注目度も高く売れること間違いなしです!

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
26.7万円585.1万円
日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円328万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる