新型プリウスのデザインに「先代より確実にカッコいい」「スッキリしたスポーティな顔立ちが良い」と好印象の声【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
トヨタは2022年11月16日(水)、5代目となる新型プリウスを世界初公開しました。新型プリウスは新たなHYBRIDの象徴として、「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」をキーワードに、スタイリッシュでスポーティなプロポーションに進化しています。

ここでは、そんな新型プリウスのデザインについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます。

目次[開く][閉じる]
  1. スポーティでよりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わった新型プリウス
  2. 新型プリウスのデザインは概ね好印象の様子
  3. 新型プリウスの次に人気のデザインは3代目(30系)

スポーティでよりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わった新型プリウス

トヨタ 新型プリウスの外装は、これまでの独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、ルーフの頂点を後方に移動することでよりスポーティなシルエットに進化。また、第2世代TNGAプラットフォームによるさらなる低重心化や19インチ大径タイヤの採用によって、よりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わっています。

シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現しています。フロントデザインでは、ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立。リヤでは薄型一文字のリヤコンビネーションランプを備え、ランプ下部には「PRIUS」のロゴを配し、プリウスの持つ先進性をさらに引き立てています。

新型プリウスのデザインは概ね好印象の様子

そんな新型プリウスのデザインに対しSNS上では、

「先代よりは確実にカッコいいと思う」

「50系(先代)よりも数段良くなった」

「伸びやかでボリューム感も増して、なかなか格好いいデザイン」

「今までのプリウスらしさを残しつつもスポーティさがあり、大きく変えすぎていないデザインが好印象」

「これまでの実用性重視の肥満体型から、スッキリした体型でスポーティな顔立ちの新型は良いと思う」

とポジティブな声が多く見受けられました。ここまでのところ、トヨタが目指した「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」をキーワードに開発された新型プリウスはユーザーからも好意的に受け取られているようです。

その一方で、

「低めの運転席で鼻先は長い。後方の見切りも気になるし、乗ってみないとわからないが運転が難しそうなデザイン」

「デザインは悪く無いと思うが、寝かせ過ぎのAピラーのせいで視界はあまり良くなさそう」

といった、スポーティなプロポーションが運転にどれくらい影響があるか気にする声も一部で見受けられました。購入検討層からしても、この辺りは早く実車にて確認してみたいところでしょう。

新型プリウスの次に人気のデザインは3代目(30系)

また、MOTAでは新型プリウスの他、2〜4代目プリウスのデザインの中から好みのデザインはどれなのか公式Twitter上でアンケートを行いました。

アンケート測定期間:2021年11月16日(水)~11月17日(木)/測定方法:MOTA編集部公式Twitter

Twitterアンケートでは、1位が59.1%で「新型(5代目)プリウス」、2位が21.6%で「3代目プリウス(30系)」、3位が10.5%で「4代目プリウス(50系)」、4位が8.8%で「2代目プリウス(20系)」という回答結果となりました。

トピックスとしては、歴代プリウスの中でも最も売れ人気の高かった3代目プリウス(30系)が新型の次にランクインしたことでしょう。

実際に、

「デザイン的には3代目。4代目はイカツくなって印象の悪さに拍車がかかった」

「30系(後期)のヘッドライトが好き」

など、今なお3代目プリウスのデザインを推す声があるほか、

「醜いデザインの現行モデルから、新型はスマートなデザインでだいぶカッコいい」

「20系乗りだが50系のデザインは好みではなかった。しかし新型プリウスのデザインなら乗り換えたいと思った」

といった4代目のデザインを酷評する一方、ここでも新型のデザインを評価する声が見受けられました。

新型プリウスはこれまでのイメージを一新できるか

スタイリッシュでスポーティなプロポーションに進化した新型プリウス。これまでのところそのデザインは概ね好印象の様子。中には、

「新型プリウスのターゲット層の若返りを狙っているのがわかるデザイン」

と推察する声もあるほか、

「今のプリウスには『プリウスミサイル』や『ヤンキープリウス』といったネガなイメージもあるので、新型プリウスにはそれらを是非ひっくり返してほしい」

と願う声もありました。自動車産業が100年に一度の変革期といわれる近年において、生まれ変わった新たなHYBRIDの象徴となることができるのか。新型プリウスの今後の動向に注目です。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部) カメラマン:トヨタ自動車/MOTA編集部]

トヨタ/プリウス
トヨタ プリウスカタログを見る
新車価格:
259.7万円364万円
中古価格:
29.8万円398.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ プリウスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる