【ハリアーの最上級グレードと新型NXのベースグレード比較】内装の質感などは新型NXに軍配も、維持費や装備を考えればハリアーがオススメか!?

画像ギャラリーはこちら
7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたレクサス 新型NX。レクサスが誇るコンパクトSUVであるが、じつはプラットフォームはトヨタ 新型ハリアーと共有しており、この2台は兄弟車にあたるのだ。そこで今回は価格帯の違い、新型NXのベースグレードと新型ハリアーの最上級モデルをを比較。価格差は約27万円あるが、ファミリーで使うならどっちがいいのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 大人気ラグジュアリーSUV比較
  2. 価格差27万円! ハリアーの最上級グレードと新型NXのベースグレード対決
  3. 【内装比較】画面サイズや快適性は断然ハリアー! NXはUSBポートの数が魅力
  4. 【シートアレンジ比較】ラゲッジスペースは互角の広さながら、使い勝手は新型NXに軍配
  5. 【先進安全装備比較】後方支援機能など充実装備は新型NXに軍配も、ハリアーも十分すぎる内容
  6. 【維持費比較】燃料代や税金などの維持費はハイブリッドのハリアーの圧勝!

大人気ラグジュアリーSUV比較

SUVの本場、北米でも大人気モデルとなり、ラグジュアリーSUVの代表格であるレクサス NXがフルモデルチェンジ! ファミリーカーとして気になっているパパ・ママも多いのではないでしょうか。でも実は、日本で大人気のハリアーとは兄弟車。価格もほぼ同じグレードがあるということで、この記事ではNXとハリアーを徹底比較します。

価格差27万円! ハリアーの最上級グレードと新型NXのベースグレード対決

新型NXはベースグレードでも上級モデルと同じエクステリアを採用! 内装の質感もさすがの仕上がり

まずレクサス 新型NXは、レクサス初のPHEVをはじめ、4種類のパワートレーンをラインアップして登場。ラグジュアリーと先進を両立した魅力あるSUVに生まれ変わりました。

エッジの効いたダイナミックなデザインと、全面刷新した次世代レクサスの走り、コネクテッドサービスが揃っています。ホワイトやダークローズなど、7色ものインテリアカラーが揃うのも魅力的。サイズは全長4660mm×全幅1865mm×全高1660mmと、先代モデルよりひとまわり拡大。

パワートレーンは2.5リッター直4プラグインハイブリッド、2.5リッター直4ハイブリッド、2.4リッター直4ターボ、2.5リッター直4自然吸気エンジンで、全てAWDがメインでハイブリッドと自然吸気には2WDも用意されています。

今回取り上げるグレードは、エントリーグレードでもある2.5リッター自然吸気エンジンの「NX250」455万円(2WD)。

外観はF SPORT以外はほぼ同じで、ホイールがNX350と同様の18インチのダークグレーメタリック塗装+切削光輝を装着。

オート電動格納式ドアミラーは見た目は同じですが、NX250 バージョンLに付くメモリー機能はついていません。インテリアは本革ではなく、L texシートと呼ばれる合皮になりますが、見た目や手触りはとても上質です。

>>【レクサス NX新旧比較】新型NXは内装の質感と使い勝手を大幅アップ! 後席スペースは同等ながらラゲッジスペース拡大

メッキ加飾や19インチホイールなど豪華な見た目は自慢の新型ハリアー

一方でトヨタ ハリアーは、日本でラグジュアリーSUVの先駆け的存在として人気となり、2020年にフルモデルチェンジ。エレガントかつ逞しさのあるクーペフォルムが美しいデザインに生まれ変わりました。サイズは全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmと、全長がNXより長く、全幅と全高は同等となっています。

パワートレーンは、2.5リッター直4ハイブリッドと、2リッター直4自然吸気エンジンで、それぞれ2WDのほかにハイブリッドにはE-Fourという電気式4WD、ガソリンには4WDが用意されています。

今回取り上げるグレードは、トップグレードとなる「Zレザーパッケージ ハイブリッド」482万円(2WD)。外観はフロントマスクのメッキガーニッシュが上下につき、メッキのドアハンドルやカラードリヤスポイラーなど華やか。ホイールは19インチの高輝度シルバー塗装となっています。インテリアは上質な本革シートです。

>>実質値下げ! ハリアーが消費税10%時代でも300万円を切れたワケ

【内装比較】画面サイズや快適性は断然ハリアー! NXはUSBポートの数が魅力

新型NXはベースグレードのみ9.8インチディスプレイを採用! シートヒーターの設定はなし

それではまず、室内の快適装備やシートアレンジを比較していきましょう。新型NXの運転席まわりは、9.8インチのディスプレイオーディオが標準装備ですが、F SPORTやバージョンLは14インチとなるので、それと比べると小さめです。

運転席・助手席8wayパワーシートは全車標準装備ですが、このグレードには運転席オートスライドアウェイやリターンメモリー機能、シートヒーターは設定されていません。

全ドアワンタッチ式パワーウインドウ、レクサスNXプレミアムサウンドシステムも全車標準装備です。ムーンルーフ、パノラマルーフ、ヘッドアップディスプレイはオプション。本革ステアリングですが、ステアリングヒーターもついていません。

USBはインパネに2個とセンターコンソール後部に2個、アクセサリーソケットがインパネとラゲッジに1個ずつ備わっています。センターコンソール後部にAC100Vのコンセントも標準装備。おくだけ充電はオプションとなっています。

>>【レクサス 新型NX内装解説】おすすめは14インチモニター搭載モデル! 初代NXよりもスマホ充電設備や使い勝手が大幅レベルアップ

新型ハリアーは録画機能付きデジタルインナーミラーが最大の特徴

対する新型ハリアーは、12.3インチのT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備。

運転席8way、助手席4wayパワーシートで、運転席オートスライドアウェイ、ポジションメモリー、ステアリングヒーターのほか、運転席と助手席に快適温熱シート+シートベンチレーションが標準装備です。前後方自動録画機能がついたデジタルインナーミラーが装備されるのもハリアーの特徴。

また全ドアワンタッチパワーウインドウ、イルミネーテッドエントリーシステム、カラーヘッドアップディスプレイが標準装備で、調光パノラマルーフがオプション設定されています。

USBはセンタコンソール後方に2個。アクセサリーソケットもセンターコンソールボックス内に1個装備されますが、非常時給電システム付きのコンセント、おくだけ充電はオプションとなっています。

>>【ハリアー内装比較】トヨタ ハリアーのベースグレードと上級モデルの違いはディスプレイのサイズと細かな機能にアリ! ベースグレードも後悔しない内容だった

【シートアレンジ比較】ラゲッジスペースは互角の広さながら、使い勝手は新型NXに軍配

新型NXのシートアレンジは後席が6:4分割可倒式シートで、リクライニングも可能。一部グレードには、インパネやラゲッジのスイッチ操作で格納と引き起こしが自動でできる電動格納機能付きの後席も用意されているのですが、このグレードには設定されていません。

ラゲッジは5人乗車時でも520Lの容量があり、倒せば1411Lに拡大。床下収納があり、デッキボードは折り畳んで間仕切りにしたり、フレキシブルに使えます。ハンズフリーパワーバックドアも全車標準装備です。

対する新型ハリアーは、シートアレンジは後席が6:4分割可倒式で、手動操作のみとなっています。ラゲッジはNXとほぼ同等の容量で、デッキボードの折りたたみなどはできませんが、浅めの床下収納も備わります。ハンズフリーパワーバックドアも標準装備です。

【先進安全装備比較】後方支援機能など充実装備は新型NXに軍配も、ハリアーも十分すぎる内容

それでは先進安全装備を比較してみましょう。新型NXは、「レクサス セーフティ システム+」が全車標準装備で、プリクラッシュセーフティはバイクも検知。

全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールやレーンデパーチャーアラート、アクティブコーナリングアシスト、ドライバー異常時対応システムなど充実しています。

加えて緊急時操舵支援、レーンチェンジングアシストといった高度運転支援技術がオプション設定されていますが、このグレードでは選べません。パノラミックビューモニター、アダプティブハイビームシステムはオプション設定されています。

対する新型ハリアーは、「トヨタ セーフティセンス」が標準装備で、自転車も検知するプリクラッシュセーフティやLTA(レートレーシングアシスト)、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなどが揃います。

アダプティブハイビームシステムやリアクロストラフィックオートブレーキも標準装備。パノラミックビューモニターはオプション設定となっています。

【維持費比較】燃料代や税金などの維持費はハイブリッドのハリアーの圧勝!

最後に維持費を予想してみましょう。新型NXは年に一度かかる自動車税が4万3500円。購入時と車検の時にかかる重量税が4万9200円。ガソリン代は、WLTCモード燃費が13.9km/Lでレギュラーガソリン使用なので、平均価格(10月12日現在)153.3円で計算すると、500km走行するのに約5514円かかります。

新型ハリアーは自動車税が4万3500円、重量税は免税です。ガソリン代はWLTCモード燃費が22.3km/Lなので、500km走行するのに約3437円かかります。

ということで、やはりトップグレードのハリアーはさすがの内容でしたが、新型NXはベースグレードといえども、最新の技術と装備がチョイスされており、なかなかの実力の持ち主という印象です。皆さんのファミリーにはどちらがぴったりか、ぜひじっくり検討してみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42万円597.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる