【ハリアー内装比較】トヨタ ハリアーのベースグレードと上級モデルの違いはディスプレイのサイズと細かな機能にアリ! ベースグレードも後悔しない内容だった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月に発売されて以来、つねに販売ランキング上位にランクインしているトヨタ ハリアー。高級SUV市場を牽引し続けるモデルにもかかわらずベースグレードは299万円という価格設定も人気の理由である。そこで今回はベースグレードともっとも人気を博している393万円のZグレードと内装比較を敢行。約100万円という差額にはどんな違いがあるのか? 結論からいえばディスプレイオーディオのサイズと予防安全機能に違いがあった。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ハリアー発売から1年間で約10万台を販売
  2. 【内装比較】最大の違いはディスプレイの大きさにあり!
  3. 【先進機能比較】絶対に欲しい「録画機能付きデジタルインナーミラー」。ベースグレード以外は標準装備

新型ハリアー発売から1年間で約10万台を販売

トヨタ 新型ハリアーがデビューしたのは2020年6月のこと。2021年5月までの1年間で約10万台を売り上げるほどの人気を博している。そしてガソリンとハイブリッドモデルをラインアップしているが、今回はガソリンモデルに絞ってベースグレードと人気グレードの違いを見ていきたい。ちなみにハリアーにはベースグレードからS、G、Zと大きく3グレードからなっており、GとZについてはレザーパッケージなる本革シートを備えたグレードをそれぞれラインアップしている。

>>【ハリアー購入勢必見】トヨタ ハリアーを買うなら維持費が安いのはハイブリッドモデル! だが、あまり乗らないユーザーはガソリン車で十分だった

【内装比較】最大の違いはディスプレイの大きさにあり!

冒頭に述べた通り、ベースグレードにあたるSと人気モデルのZの最大の違いがディスプレイオーディオのサイズにある。Z以上のグレードを選べば12.3インチの超ワイドディスプレイが標準装備となるのだが、ベースグレードは8インチとなるのだ。

ちなみにベースグレードにも36万9600円を支払えば上級グレードと同じ12.3インチのディスプレイを装着することも可能だ。

これだけ聞けば「画面サイズの違いでこの金額は支払えない」と思う人も少なくないはず。だが、これは画面サイズだけではなく、音声認識機能やETC2.0、さらにはJBLプレミアムサウンドシステムという音響システムも備わるのだった。

ステアリングの位置を電動で操作できるのは上級グレード! ベースグレードはマニュアル式

そのほかベースグレードのシート地はファブリックなのに対して、Zはファブリックと合成皮革となるという違いも。

そして細かい話だが、ステアリング位置をドライバーそれぞれにあった位置に設定するチルト&テレスコピック機構がベースグレードのみマニュアル操作なのに対して、Zは電動となるなど細かな違いもあるのだった。

【先進機能比較】絶対に欲しい「録画機能付きデジタルインナーミラー」。ベースグレード以外は標準装備

そしてハリアーの目玉機能ともいえる「前後方録画機能付きデジタルインナーミラー 」という装備がGグレード以上を選べば標準装備となるのだ。

これはいわばドラレコの役割を果たすモノである。市場に出回っているドラレコとの最大の違いはその場で録画した映像を再生できないといった違いはあるののの、基本的にはドラレコと同等の機能である。それが標準装備とあれば、別途購入する必要がないのは嬉しいポイントだ。ちなみにベースグレードにはメーカーオプション設定されており、その価格は8万8000円となる。

>>実質値下げ! ハリアーが消費税10%時代でも300万円を切れたワケ

先進機能は全グレード標準のため、ベースグレードも“大いにアリ”な選択肢

ベースグレード「S」と人気グレード「Z」の価格差は約100万円存在するが、内装の機能だけみても納得の差額であった。もちろん衝突被害軽減ブレーキや全車速追従式クルーズコントロールといった先進安全装備「トヨタセーフティセンス」は全車標準となるので、実質的な違いが車内にあるというワケだ。

これからハリアーを購入する方は、予算はもちろん車内装備を中心にグレード選びをして欲しい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42.1万円595.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる