実質値下げ! ハリアーが消費税10%時代でも300万円を切れたワケ

画像ギャラリーはこちら
6月にデビュー以来“バカ”がつくほど売れている新型ハリアー。じつはスタート価格299万円と意外とお求め安い価格なのだが、この価格戦略には大きな理由があるという。果たして消費税10%時代に300万円を切れた理由とは?
目次[開く][閉じる]
  1. 300万以下は絶対死守! オーナーの平均年齢は超若かった
  2. キモは安いのに高級! サラリーマンでも変えちゃう価格なのが鍵
  3. ベースグレードは本当に必要なモノだけを厳選

300万以下は絶対死守! オーナーの平均年齢は超若かった

「299万円スタートは絶対死守!車両コンセプトを決める早いタイミングから、営業メンバーと消費税が10%になっても300万円は切りたいよねと決めてました」(ハリアー担当開発主査・小島利章氏)

目下絶賛バカ売れ中の国産プレミアムSUVのハリアー。1ヵ月受注で4万5000台の大台を突破したのは記憶に新しいが、小沢が一番のキモだと考えるのは価略戦略だ。

なにしろベーシックなガソリン2リッターモデルが299万円ジャストスタート。それも消費税10%を含むだ(税引き価格約271.8万円)。旧型3代目末期を見ると一番安い「エレガンス」でも300万4100円。これは消費税8%の時代だから税引き価格約278.1万円となり、ほぼ7万円近く安くなっている計算になる。それも新型ハリアーは全車に通信システムのDCMや5年間無料のコネクティッド機能“T-Connect”を標準装備するので、

キモは安いのに高級! サラリーマンでも変えちゃう価格なのが鍵

実はこの手の全長4.7m台のミディアムSUVは輸入車だと平気で500万円どころか600万円を越える。BMWX3は675万円スタートだし、メルセデス・ベンツGLCなどは700万円スタートとくる。

「走りも違うし、パワーも違う」とクルマ好きは言うかもしれないが、普通のサラリーマンはもちろん特に若い社会人は正直プレミアム輸入車は買えない。

「やはりハリアーは若いお客さんをしっかりカバーしたいと。それは先代と同じで、他のモデルより若い人が多く、トヨタ86ユーザーより平均年齢が若いんですよ。他のクルマはどんどん値段が高く、クルマが大きく、重くなっていまして、3つのNGワードのうちの1つが値段でした」(前述小島氏)と、価格戦略は相当意図的なのだ。

ハリアーの倍! ほぼ同サイズの欧州車たちはコレ

ベースグレードは本当に必要なモノだけを厳選

しかしコネクティッド機能に先進安全装備など今や常識の標準装備は確実に増えている。自ずと車両価格は高くならざるを得ないが……「割り切りはNGって話がありましたけど、ハリアーのお客さまには本当に必要な機能をしっかり付けて、299万円に収まるように頑張りました」と話す。

一番安いSグレードと次のGグレードとの違いは、前後バンパーのメッキ加飾もそうだが、大きなところではヘッドライト。デイタイムランプがクリアランス系に変更されていたり、プロジェクターライト、オートレベリング機能付きのハイビーム機能(AHS)が付いてない。しかしそれでも基本LEDユニットだし、意外に見劣りしない。

中間グレードと激安のSはどれくらい違う!? 画像で顔を比較

あとはシートがオールファブリックになっていたり、ウッド風加飾の代わりにピアノブラックのパネルが使われていたりするが、言うほどみすぼらしくない。

なにより思い切って税込341万円のGにすればメッキは普通についてるし、シートも合皮とファブリックのコンビ。さらにSではオプションの実質ドライブレコーダーたる「前後方録画機能付デジタルインナーミラー」も標準装備で、ほとんど大満足のチョイスができるのだ。

Sでも車内は十分高級!? 上級グレードの内装と見比べよう!

さらに侮れないのがハイブリッドモデルの価格設定で実質約26万円値下げの358万円スタート。これは従来4WDモデルしかなかったのを、FFモデルも設定したことが大きく、実に巧妙にお買い得感を演出している。

【筆者:小沢コージ】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
26.7万円585.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる