スッキリ端麗! 新型ハリアーはとことん澄み切った“究極の塩ラーメン”だった【ハリアー速攻試乗】(2/2)

画像ギャラリーはこちら

オシャレ過ぎる超美麗ルックスに心を射抜かれたワタシ

だって御覧くださいよ、この超美麗ルックス! めちゃくちゃお洒落だと思いませんか。もうココだけの話、レクサスラインナップに入ったっておかしくないクオリティーだと思ってしまった。しかしきちんとレクサスとはキャラを分けている。

フロントライトの、すっとメスで切り開いたかのような涼やかさ。プレスラインの極力少ない面構成が美しいサイドビュー(既視感のなさはコレのせい!)。そしてリアオーバーハングが長い、スタイリッシュなリアビュー(これが一番好き)! 

試乗しないで買う人続出だと思う。だってホントかっこいいもの。

インテリアも素敵だ。試乗には「Z レザーパッケージ」が用意されたが、室内には新しい加飾の手法が採用されている。

馬の鞍をイメージしたという丸みのあるセンターコンソール形状をはじめ、乗り込んだらすぐに上質を満喫出来る、レザークラフトライクな細工が細部になされている。ドア内側には先代まで鼻先に鎮座していたハリアーエンブレムがあしらわれ、代替えオーナーの心をもくすぐる仕掛けだ。

乗ってみてわかった、ハリアーのハイブリッドとガソリンのキャラクター

共通するのはTNGAが生み出した上質でフラットな乗り味

パワートレーンはRAV4と同じ2.0リッターNAエンジンとCVTの組み合わせにFFと4WDの2つの駆動が、2.5リッターハイブリッドにもFFと電気式四輪駆動のE-Fourが用意される。

実は2.0リッターガソリンエンジンの4WDのみ試乗は叶わなかったのだが、試乗した3種で言えば、どれをとってもすごくちゃんと上質な塩ラーメンになっている。先程「試乗しないで買う人続出」と述べたけれど、正直どれを選んでも問題ないと断言しよう。満足度はかなり高いと思う。安心してほしい。

まず共通して言えるのは、“これを備えたトヨタ車はテッパン”とまで言われるTNGAプラットフォーム。そして、RAV4とは違った味を持たすために採用された新開発のショックアブソーバーを備えていること。これにより、ストロークを活かすRAV4とは違い、コーナリング中でもキャビンをフラットにキープする。

そして、先代からの大きな進化ポイントは、重ったるかった(すみません)ステアリングが格段に軽くなったこと。しかし、ただブラブラに軽いというんでは毛頭ない。ニュートラルはしっかりしていて、手応えも切り方向・戻し方向っともに絶妙の質感になっている。これにも新しいEPS制御の刷新がなされている。

もっとも上質で快適だったのは2.5リッターハイブリッド×4WD

その中でも価格を考えず順位をつけるならば、やはりハイブリッドのE-Fourはとても良い。ハリアーが自信を持つ、静粛・制振性が一番際立つモデルで、走り出しのモーター領域からエンジン走行エリアまで際立って上質だ。四輪駆動の効果は、ハリアーに関しては走破性とかワクワク感以前に、“ラクさ”を強く感じた。いくらフラットとはいえ、車高の高いSUVというパッケージにおいては、やはりロール量はそれなりにある。そんなとき、駆動をコーナー後半で足してくれるE-Fourはやはりラクだ。疲労度もかなり少ないから、ロングドライブの帰路で効果を発揮してくれるはずだ。後部座席に乗っていたMOTA編集長・T氏の乗り心地評価もコレが一番高かった。

FF・2リッターガソリンは「とにかく軽快! とにかく楽しい!」

続いてはガソリンエンジンのFF。

とにかく軽快、とても軽やか! 全体的に軽やかなせいでハンドリングがとても楽しいし、車重が抑えられている分、サスペンションのしなりなどが素直で、純粋に運転が面白い。軽いぶん、右へ左へとロールが切り替わるようなシーンでも、トントンと荷重が切り替わり、フラフラするような挙動は(そもそもハイブリッドでもあまりないのに、さらに)抑えられていた。すごくスポーティー!

ハイブリッドとガソリンの価格差を考えると、もう断然“アリ”だ。満足度はかなり高いと思う。もうちょっとパワーが有ってもぜんぜんOK。それくらいフレームがしっかりしているのを、肌で感じることが出来るくらいだ。だから贅沢言うならターボ版も欲しいくらい。いつか追加されるのを期待したい。

新設定の2.5リッターハイブリッド×FFはイイとこどりでコスパも良さげ

続いては同じくハイブリッドのFFをオススメしたい。

制振・静粛性はE-Fourと同じ。しかしやはり重量からか、コーナー後半には外へ外へと膨らむような感じになり、それをハンドルで抑え込む、という操作が必要にはなる。しかしこれはあくまでサーキットでの試乗の結果だし、ほとんどの人はハリアーFFをフルブレーキ、のちに時速80キロでコーナリング、なんてしないだろうから、そこまで過敏になる必要はないと思う。ゆえ、一般道での機能的には十二分だと思われる。

一度実車を見るべし!それだけできっと欲しくなっちゃうはず…

気になる安全面も大きく進化した。最新世代のトヨタ・セーフティー・センスが採用され、さらにデジタルインナーミラーには前後録画機能がトヨタ車初採用された。コネクティビティではもちろんT-Connectを採用し。スマートフォン連携機能も標準装備されるという。

いやはや、想像上に素敵だったハリアー。実物のほうが断然素敵だから、是非実物を観に行って欲しい。きっと欲しくなりますよ!

[筆者:今井 優杏/撮影:茂呂 幸正]

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
32.8万円645.6万円
トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
274.3万円402.9万円
中古価格:
45万円515.6万円
前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる