トヨタ 新型RAV4試乗【後編】 公道&ダートの巻|群雄割拠のミッドサイズSUVセグメントの中でも人気者になりそうな気配(1/3)

今のSUVのメインストリームにおいてパイオニアである「RAV4」が日本復活

さあ、いよいよ日本市場にRAV4が復帰だ!

ちょっと見ない間に5代目である。なかなかのロングランモデルなのだ。

その歴史を振り返ると、1994年に発売された初代RAV4は、ソフトクロカンというかマイルドオフロードというか、“オンロード系オフロード”という、ちょっとナンパなコンセプトが時代にハマって人気を博したクルマだった。

当時はラダーフレームを使っていない四駆はヨンクじゃない!的な風潮がまだあったのだけれど、その禁じ手を破り、乗用車をベースにして設計されたのがRAV4。そう、まさにコレって今のSUVのメインストリームな手法だから、このジャンルにおけるパイオニアだと言ってもいい。

>>>日本市場に復活した新型RAV4の内外装を画像でチェック

群雄割拠のミッドサイズSUVセグメントの中でも人気者になりそな気配ムンムン

だけど時代は変わり、今やご存知の通りこのミッドサイズSUVというセグメントは隙間がないくらいの大混雑だ。

国産はおろか輸入勢も薄利多売を承知で戦略的なプライスタグを掲げ、バカスカ参入している密集状態。しかも同社にはほぼ同サイズの売れっ子、ハリアーも存在しているし、いったい棲み分けはどうするの?

そんな疑問は一回試乗した途端に吹っ飛んだ。なにこれ、めちゃイイやん!

トヨタ車ならではのきめ細やかな商品力に、確かな走行性能を兼ね備えていて高好感度。いやはや、これは初代同様、人気者になりそうな気配ムンムンだ。

一般発売を前に、ひと足お先にオフロードコースと一般道での試乗が叶ったのでレポートしたい。ちなみにさらにその前、雪上クローズド・コースでの試乗も行っている。それは別記事にて展開しているので、是非併せてご覧くださいませね。

全体的にロー&ワイドで都会にも馴染むワイルドさ

まずはエクステリアから見てみよう。

トヨタの最近のデザイン・コンセプトであった「キーン・ルック」は、ここのところ同社他モデルのプレゼンでも聞かなくなった。RAV4の先代となる4代目は、北米と欧州を中心に販売されていた日本未導入モデルであったけれど、その4代目がまとっていたデザインがまさに「キーン・ルック」。しかし近年、人知れずまた別フェーズに入ったのか、新型RAV4はキュっと釣り上がった目元こそさらに眼光鋭く生まれ変わったけれど、少し手法を異ならせているような印象を受ける。

ライト類はボディー両端に配置されて、大きなグリルがグワっと口を開ける。先進的なのだけど、パキっとしたプレスラインを随所に効かせて、どこかクラシカルにも受け取れるようなメカっぽさを漂わせている。全体的にロー&ワイドで、都会にも馴染むワイルドさを手に入れた。

実は設計初期、デザインが白紙になっていた過去も!?

幾何学形状の八角形を互い違いにはめ合わせた「クロスオクタゴン」というのがそのデザインソースになっているのだが、実は設計初期の2015年、すでに年の瀬が差し迫ったクリスマス間近に、ほぼそれのうちのどれかで決定かと思われた3つのフルサイズ・クレーモデル(粘土で削り出したデザイン模型)をすべて、白紙に戻した。クリスマス前だっていうのに、デザインチームは暗礁に乗り上げてしまった…。皆が頭を抱えたそんなとき、社内の若いデザイナー(30代男性)からその「クロスオクタゴン」というキースケッチがポロっと上がって来たのだそうだ。

「本当に、魔法のようにそのときからスッと、スムーズになにもかもが動き出したんです」と話すのはデザインを担当した豊田自動織機デザイン室の坂上元章氏。

「さらに、いざ作り始めるとこの八角形というのは、設計の上でも理にかなっていたんです」と設計側が話を受け取る。「角を落とした円に近い形状が、SUVに不可欠なアプローチアングルやデパーチャー・アングルにも有効だったのです」

加えてエクステリアデザインには、同社ランドクルーザーや北米モデルであるタコマなど、本格クロスカントリーモデルの手法を取り入れ、力強いSUVを目指したのだという。

他にも工夫された場所は多い。見切りのためにインパネの角度を1度(!)下げて視界を確保したり、サイドミラーをドア付けにしてミラー根本付近の死角を軽減したりと、快適性へのこだわりにはエピソードが尽きない。

>>>インテリアにもオーナーの所有欲を満たすワクドキが随所に[次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ RAV4の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ RAV4のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ RAV4の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ RAV4の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ RAV4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる