スッキリ端麗! 新型ハリアーはとことん澄み切った“究極の塩ラーメン”だった【ハリアー速攻試乗】(1/2)

ハリアーはRAV4と兄弟車、そして開発の統括をしているメンツも一緒だった…だのになぜ!?

スッキリ淡麗。その一言に尽きる。待ってました! の新型ハリアーだ。

一般発売を前にプロトタイプに試乗が叶ったので、早速レポートしたい…とその前に、まずはオーバービューというか、ハリアーの位置付け的なものをお話しようと思う。

個人的にもかなり楽しみにしていたハリアーだが、このクルマは先に発売され、これまた大ヒットとなったRAV4(トヨタ内として単一車種として世界で一番売れたそうな)と、アーキテクチャを共用する。

このRAV4がまた、『イヤあんた、いくら世界中で売れそうなミドルサイズSUVパッケージだからって、そんなにコッテコテにやらんでも…』と乗ったコチラが思うくらいにキャラが濃いモデルであった。インテリア・エクステリアはもちろん、エンジニアリング的にもとてもマニアックだったのだ(これ以上は過去記事参照でお願いしたく)。

驚いた! あのコッテリRAV4の濃さとは真逆のあっさりさに

なので、このハリアーもきっと味付けは違えど、濃ゆ〜〜〜い感じで来るんだろうな、と勝手に思っていた。

更に言うなら、ハリアーとRAV4が共用するのは、実はアーキテクチャだけではない。主査こそ別の人だが、全体を統括しているのはRAV4開発主査を努めた方で、走りの味付けをする“匠”こと、凄腕技能養成部のテストドライバー3名も、全く同じメンツだったのだ。そしてこの人たち、揃いも揃ってみ〜んなキャラが濃い(笑)! そりゃ放っといてもクルマも濃くなるでしょうよ、と納得してしまうほどに。

しかし、試乗した感じはアラ不思議。むしろ…無味無臭に近いかも。

ん? 私のセンサー、久しぶりの試乗会で狂っちゃった? 自信あったんだけどな! と、DOKIDOKIしながら開発陣に直撃してみた。

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
20万円535万円

兄弟なのになぜこうも違う? 味付けの秘密を“調理人たち”に直撃

ヨンクであることをとことんこだわったRAV4

『あ、解った?』それが最初の返答。お話しくださったのは先述のRAV4開発責任者であり、現在はRAV4、そしてハリアーが属するトヨタ自動車のミッドサイズ・ビークルカンパニー MSZデザイン領域 統括部長に就任されている佐伯 禎一氏だ。

『RAV4は、乱立するSUVマーケットに導入するにあたって、“トレンドとは一線を画するSUVのワクドキを提供する”ためのクルマでした。だから、今、マーケットのど真ん中にあたるオンロード系SUVではなく、ヨンク車としてここまでやるか! ということを徹底的にやった。敢えて今、盛り上がっているマーケットではない“本格的クロスオーバー”という隙間を突いたのです。』

ハリアーの性格付けをもっとはっきりさせたかった

『しかし、ハリアーはもうすでに、都会派SUVとしてお客様へのブランディングが出来ている。私は常に、ブランディングというものは車種別になされるべきだと考えています。そういう意味で、RAV4には本格クロスオーバーとしての性格を与え、ハリアーは都会派SUVというはっきりとした性格を与えたかった。そこで目指したのは“雑味のない塩ラーメン”です。』

そう、この御方、かつてRAV4を豚骨ラーメンになぞらえていらっしゃったのだけれど、なるほどそう言われれば合点が行く。余計で過剰な走りの味付けは、ハリアーには不要と削ぎ落としてきたということか。

ただ薄味にしたのではなく、雑味のないスッキリした味わいにしたかった

その後、走りの味付けを担当した凄腕技能養成部・片山 智之氏が言葉尻を引き受ける。

『しかし、大事なのは“雑味のない”という部分です。ですから、ドライバーにとって不快だと受け取られるような部分、たとえばコーナリング後半の“戻し”の部分ですね。ハンドルもペダル類も、こういったところの不自然さやレスポンスの悪さ、静粛・制振性などには徹底的にこだわりました。』

さらに佐伯氏が続ける。

『RAV4の薄味版、つまり薄めた豚骨ラーメンじゃなくてね、スープが底まで澄み切った美味しい塩ラーメンにしたかったんです。それが先程言われた“無味無臭”という評価につながっているんだとしたら、大成功です』

ああ、してやられた。思うつぼだったか!

試乗したシーンはサーキット。平滑な路面だから、ハンドリングや極端な加減速をテストする以外、たとえば路面の荒れや欠け、超低速でのアンジュレーション、超低回転でのノロノロ走行での評価など、ほんとうにハリアーで試したかった領域では乗れなかったなぁ、とごく自然に思っていた。そう、すでに私はハリアーをブランディングされていたのだ。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる