トヨタ 新型ハリアー、一番安いのと高いので200万円もの開きあり! 一体どれを買ったらいいの? どれを買っても正解なの!?

画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気SUV「ハリアー」は、2020年6月17日にフルモデルチェンジした現行型で4代目となる。基本グレードは「S」「G」「Z」の3つしかないが、ガソリンモデルとハイブリッドモデル、しかもそれぞれにFFと4WDの設定があり、GとZには本革内装のレザーパッケージも加わることで、価格は299万円から504万円までと200万円以上の開きがある。果たして買いなのはどのグレードなのだろうか。

>>買うならガソリン? それともハイブリッド!? どっちも魅力的な新型ハリアーを写真で見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. ハリアー購入勢も悩んでる!? ガソリン車対ハイブリッド車は6対4の僅差
  2. ハイブリッドを選ぶのはコスパだけじゃない! 高級車ハリアーにふさわしい静粛性とスマートさがあった
  3. 結論!「せっかく買うなら、より良いものを!」

ハリアー購入勢も悩んでる!? ガソリン車対ハイブリッド車は6対4の僅差

ガソリン車とハイブリッド車の販売比率は6対4でガソリン車がややリード

4代目 トヨタ 新型ハリアーは、2020年6月17日のデビューから1年が経過した。冒頭でもお伝えしたとおり、3つあるうち、最も安い「S」グレードと高い「Z」グレード(Z レザーパッケージ)では、実に200万円もの価格の開きが存在している。2リッターガソリンエンジンモデルと、2.5リッターハイブリッドモデルの2つのパワートレインがあり、さらにそれぞれにFFと4WDの設定があるので、その価格差が大きく影響しているのだ。それでは、ユーザーはどのグレードを一番求めているだろうか。

トヨタによると、新型ハリアーは発売後およそ1年間(2020年6月~2021年5月)で9万7570台を登録した。ガソリン車とハイブリッド車の比率はおよそ6対4で、価格の安いガソリン車に軍配が上がる。

ガソリン車とハイブリッド車の価格差は59万円、しかし10万キロ乗っても燃料代の差は30万円しかない

同グレード・同駆動方式の場合、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は59万円ある。確かにハイブリッドのカタログ燃費は22.3km/L(FF・WLTCモード燃費)と優秀だが、ガソリン車でもカタログ燃費15.4km/L(FF・WLTCモード燃費)と十分に良好だ。ガソリン1リッターを151円と想定し、1万キロを走った場合、約9万8000円かかるガソリン車に対し、ハイブリッドなら約6万8000円で済むものの、その差はわずか3万円程度に過ぎない。仮に10万キロ乗ったくらいでは、燃料コスト差と価格差を埋めることは出来ない計算になる。

多くのユーザーは、走行10万キロ到達前に乗り換えを検討するので、その意味でガソリン車を選択する人の比率が高いのは納得できるところだ。

ハイブリッドを選ぶのはコスパだけじゃない! 高級車ハリアーにふさわしい静粛性とスマートさがあった

とはいえ、実際には4割のユーザーがハイブリッドのハリアーを選択している。これからの地球環境を考え、燃料効率が高く排出ガスも減らせるハイブリッドを選択するケースは多いと思われる。

しかし何より、ハリアーのハイブリッドはガソリンモデルよりも静かで、滑らかな走りが得られる。エンジンの負荷が最も多くかかる発進時、ハイブリッドはモーターの力で走りをサポートするのだ。そのスムーズさを知ってしまうと、59万円という価格差も十分に納得出来る。

結論!「せっかく買うなら、より良いものを!」

トヨタによると、ハリアーの人気グレード1位はガソリンの上級グレード「Z」で、全体の2割強を占める。次いで2位はハイブリッドの最上級グレード「Z レザーパッケージ」で全体の2割弱。3位はガソリンの「Z レザーパッケージ」と、中間グレード「G」がほぼ同数で16%という順になっている。

ハリアーは初代から現行の4代目に至るまで「高級SUV」というキャラクターを維持し人気を集めている。299万円の最安値「S」グレードにも惹かれつつも『せっかく買うなら、より良いものを』という心理が働くのは当然のこと。

あとはお財布から出せる予算との兼ね合い次第で、おのずと選択肢が決まっていくだろう。

ガソリンとハイブリッドは必ず乗り比べしてから決めよう

ちなみに、ガソリンFFからハイブリッド4WDまで、新型ハリアーをひと通り試乗した経験のある筆者としては、購入する際にはひとまずガソリンとハイブリッドは両方に試乗してみてから決断したほうが良いですよ、とお伝えしておく。思いのほか活発でスポーティな2リッターガソリン車と、滑らかな2.5リッターハイブリッド車では、同じハリアーでも随分とキャラクターが異なる。そんな乗り比べも楽しみのひとつとしながら、納得の上で自分だけの1台を選ぶのが、完璧なハリアー購入術と言えるだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・茂呂 幸正・小林 岳夫・TOYOTA・MOTA編集部]

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42.1万円595.1万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる