軽自動車こそ日本の誇り!? 国内専用規格なのに海外でも走る軽自動車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
現在、日本の自動車市場で一番人気のある「軽自動車」。全長3400mm以下、全幅1480mm以下、全高2000mm以下、排気量660cc以下、定員4名以下という日本独自の規格で定められた最小カテゴリー属したコンパクトなモデル達です。基本的に日本にしかない軽自動車ですが、実は海外にも輸出されていた車種があるのです。そこで今回は、海外でも走るモデルを3選ご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 本格的なメカニズムを凝縮した軽FRスポーツカー!スズキ カプチーノ
  2. 軽なのに電動開閉式のハードトップ!ダイハツ 初代コペン
  3. 本格クロカンも真っ青なガチのオフローダー!スズキ ジムニー

本格的なメカニズムを凝縮した軽FRスポーツカー!スズキ カプチーノ

1991年にデビューしたスズキ カプチーノは、軽スポーツカーの中で唯一FR(後輪駆動)を採用し、FRスポーツカーらしいロングノーズ・ショートデッキのスタイルが大きな特徴です。

フロントミッドシップに搭載されるエンジンは、3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボで、最高出力64PS、最大トルク8.7kg・mを発生。700kgと軽量な車両重量と51:49という利用的な前後重量配分によって、心地よいスポーツドライビングを実現しています。

本格的なスポーツドライビングを支えるメカニズム

スズキ カプチーノの魅力は、スタイルやエンジンだけではありません。サスペンションには路面追従性に優れた前後ダブルウィッシュボーンを採用。また、リアにはドラムブレーキを採用するのが一般的な軽自動車にあって、四輪すべてにディスクブレーキを装備していることです。

また、海外ではその走行性能に加え、Tバールーフ、タルガトップ、フルオープンという3つのスタイルが楽しめることも注目されているポイント。「公道を走れるゴーカート」として現在でも程度の良い個体を探す熱心なファンが存在しています。

スズキ カプチーノの中古車相場

■中古車掲載台数:108台

■中古車相場:48万円~289万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月2日時点のデータ

軽なのに電動開閉式のハードトップ!ダイハツ 初代コペン

2002年にダイハツが販売を開始したハードトップルーフを持つ軽スポーツオープンカーがコペンです。ライバルのホンダ ビートやスズキ カプチーノが手動開閉式のルーフとしているのに対し、コペンは電動ハードトップルーフを採用しています。

ルーフを開閉するのに要する時間は約20秒で、車速センサーとサイドブレーキセンサーによる安全装置が装着されているため、信号待ちのわずかな時間や走行中に開閉できません。

貴重な4気筒ターボエンジン

ダイハツ 初代コペンに搭載されるエンジンは、660ccの直列4気筒ターボ。最高出力64PS、最大トルク11.2kg・mで軽自動車のターボエンジンの中でもパワフルで、街中でも気軽にスポーツ走行を楽しめます。

また、スポーツカーと聞くとMT車だけのラインナップに思いがちですが、コペンはAT車も用意。誰でもスポーツドライビングを楽しめるバリエーションが魅力です。

ダイハツ 初代コペンの中古車相場

■中古車掲載台数:630台

■中古車相場:27万円~198万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月2日時点のデータ

本格クロカンも真っ青なガチのオフローダー!スズキ ジムニー

世界的に見ても稀有な存在のスズキ ジムニーは、1970年に販売を開始し、2020年時点でデビューから50年を迎えました。海外に輸出されているモデルは、厳密には1.3リッターエンジンを積みワイドフェンダーにした、いわゆるジムニーシエラですが、日本のみならず、世界中にファンが存在しており、「ジムニスト」と呼ばれるジムニー愛好家に支えられ続けています。

トヨタ ランドクルーザーやメルセデス・ベンツGクラスなど、大型本格クロカンと同じラダーフレームを採用。コンパクトなボディに小排気量のエンジンでありながら、本格的な悪路走破性能を誇っています。

ぶれないコンセプトとレトロなスタイルが人気の秘訣

スズキ ジムニーの魅力は、高い強度と耐久性に加え、ラダーフレームとパートタイム4WDといった本格オフローダーに使われる機構を採用し続けていることです。

軽自動車やコンパクトカーとしては贅沢とも言えるこれらの機構を採用し続けているのは、見た目だけじゃなく本当に道なき道を走破できる性能を、必要としているユーザーがいるから。そのコンセプトは、初代から変わることがありません。

また、そんな硬派な部分とは別に、近年ではその無骨でスクエアなスタイル、レトロな丸型のヘッドライトがライトユーザーや女性からも支持されています。

スズキ ジムニーの中古車相場

■中古車掲載台数:824台

■中古車相場:195万円~416万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月2日時点のデータ

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
155.5万円190.3万円
中古価格:
18万円398万円
ダイハツ/コペン
ダイハツ コペンカタログを見る
新車価格:
188.9万円243.7万円
中古価格:
25.8万円304.7万円
スズキ/カプチーノ
スズキ カプチーノカタログを見る
新車価格:
160.4万円174.5万円
中古価格:
50万円270.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる