【2024年】スズキ ジムニーの価格や最新の納期、燃費などを解説

画像ギャラリーはこちら

スズキ ジムニーは2018年7月に発売されて以来、納期が長いと言われています。

悪路向けSUVの人気の高まりと、軽自動車人気が後押ししている要因が大きいでしょう。

そんな人気の高いジムニーの価格や最新の納期、燃費などをカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. ジムニーのおすすめポイント
  2. ジムニーのレビュー・評価
  3. ジムニーの基本スペック・価格表
  4. ジムニーのボディサイズ
  5. ジムニーの燃費
  6. ジムニーの発売日と納期の目安
  7. ジムニーのリセールバリュー
  8. ジムニーのおすすめグレード
  9. ジムニーのライバル比較
  10. ジムニーのカラーバリエーション
  11. ジムニーを販売店で試乗するときのポイント

ジムニーのおすすめポイント

・悪路で駆動力を高められる副変速機を備えた4WDシステムを搭載

・最低地上高は205mmを確保し、デコボコも乗り越えやすい

・全グレードにターボエンジンが搭載されたことで、パワー不足を解消

ジムニーのレビュー・評価

外観

4.0

★★★★☆

内装・居住性

2.0

★★☆☆☆

走行性能

3.0

★★★☆☆

運転のしやすさ

3.0

★★★☆☆

乗り心地

3.0

★★★☆☆

燃費

2.0

★★☆☆☆

価格の割安度

4.0

★★★★☆

スズキ ジムニーは軽自動車サイズの悪路向けSUVです。初代モデルは1970年に発売され、50年以上にわたって基本的なコンセプトを変えていません。

悪路向けのSUVであることから、車体骨格には耐久性の高いラダー(ハシゴ状の)フレームを採用。そこにエンジン、サスペンション、ボディなどが搭載されています。

エンジンは縦方向に搭載され、後輪駆動をベースにした4WDシステムも採用されています。

軽自動車では珍しく、後席側のドアを装着しない3ドアです。

ジムニーの良い点

・悪路の走破力は日本で購入可能なSUVの中で最も優れている

・軽自動車サイズで視界も良く、悪路向けのSUVとしては運転しやすい

・悪路向けSUVのメカニズムを豊富に装着しながら価格は割安

× ジムニーの気になる点

・悪路の走破力に重点を置いたため、燃費性能が際立って悪い

・ステアリング操作に対する車両の反応が鈍めで乗り心地も不満が残る

・後席が狭いため乗り降りがしにくく、荷室容量も最小限度

5段階採点の解説

外観(エクステリア)

水平基調の外観はシンプルな印象で、遠くから見てもジムニーだと分かりやすいです。このデザインが高い人気を得ています。

内装(インテリア)

インパネの周辺などはシンプルな仕上がりですが、ジムニーという車の性質上、質感に不満が出ることは少ないでしょう。

前席は快適ですが、後席の足元空間は狭めです。

走行性能

ターボエンジンを搭載しているので、動力性能に不満はありません。舗装路での走行安定性や操舵感はいまひとつですが、悪路走破性は抜群に高いです。

運転のしやすさ

水平基調のボディによって、ボンネットがよく見え、ピラー(柱)を立てることで、視界も前後左右ともに優れています。最小回転半径は4.8mと小回りも利きますが、軽自動車の中では若干大きめです。

乗り心地

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が短いため、前後方向の揺れがやや大きくなります。それでも乗り心地に粗さは感じられません。

価格の割安度

装備を充実させた最上級グレードであるXCの価格は、4速AT仕様で190万3000円です。悪路走破性に優れたSUVとしては、価格が抑えられました。

総合評価の解説

総合評価の5段階採点:3点

ジムニーは、後輪駆動をベースにしたプラットフォームと、副変速機を備えた4WDを搭載する悪路向けのSUVです。

ボディは軽自動車サイズですが、車両の造りはトヨタ ランドクルーザーなどに近い本格派です。

軽自動車なので、最小回転半径は4.8mに収まり、最低地上高は205mmを確保することで、悪路も走りやすいです。

特に狭く曲がりくねった林道には最適で、排気量が1500ccある普通車のスズキ ジムニーシエラと並んで、日本で購入可能なSUVの中では、悪路の走破性能が最も優れています。

4WDはパートタイム式。ドライバーが2WDと4WDを手動で切り替えます。

また、カーブで前後輪の回転数を調節するセンターデフなどを備えておらず、前後輪が直結します。そのため、舗装路では後輪駆動の2WDで走ります。

深雪や段差のあるような悪路以外は活躍するものの、日常では使いづらい4WDです。

ステアリング操作に対する車両の反応は鈍く、峠道などを走ると違和感があります。カーブに進入するときは、ステアリングホイールを若干早めのタイミングで内側へ回し始めると、車両の進行方向を変えやすくなります。乗り心地も前後方向の揺れが大きく感じられます。

ボディは3ドアなので、4人乗りではあるものの、実用性は実質2人乗りです。後席は足元空間が狭く、荷室も後席を格納しないと最小限度です。

このように、ジムニーは悪路走破力が際立って高い一方で、割り切った機能も多い車です。購入する前に必ず試乗し、ご自身の車の使い方に合っているかどうか、確かめるようにしましょう。

ジムニーの基本スペック・価格表

ジムニーのグレードごとのエンジン、変速機、駆動方式、価格は下記の通りです。

XG、XL、XCの3つのグレードが設定されており、それぞれ5速MT(マニュアルトランスミッション)と4速AT(オートマチックトランシミッション)が用意されています。

グレードエンジントランスミッション駆動方式価格(税込)

XG

0.66L

DOHC吸気VVTターボ

5MT

パートタイム4WD

155万5400円

4AT

165万4400円

XL

5MT

168万1900円

4AT

178万900円

XC

5MT

180万4000円

4AT

190万3000円

ジムニーのボディサイズ

ジムニーのボディサイズは下記の通りです。

全長3395mm、全幅1475mm、全高1725mm、ホイールベース2250mmで、軽自動車規格となっています。

全長全幅全高ホイールベース

3395mm

1475mm

1725mm

2250mm

ジムニーの燃費

トランスミッションWLTCモード市街地モード郊外モード高速道路モード

5MT

16.6km/L

15.6km/L

17.5km/L

16.5km/L

4AT

14.3km/L

12.4km/L

15.1km/L

14.8km/L

4速AT仕様のWLTCモード燃費は14.3km/Lです。

同じ軽自動車で比較すると、スズキ スペーシアの売れ筋グレードは23.9km/Lなので、ジムニーのガソリン代は1.7倍多くかかることになります。

ジムニーの発売日と納期の目安

スズキ ジムニーは2018年7月5日に発売されました。

ジムニーは発売直後から納期が長く、現在でも約1年かかると言われています。

販売店では「発売当初に比べると生産台数を増やしていますが、それに伴って購入を希望されるお客様も増えているように感じます」と述べています。

このように、ジムニーを購入する際には、納期に注意が必要です。

また、ジムニーは過去のモデルを見ても約10年間にわたり、フルモデルチェンジを行わずにつくり続けられています。

ジムニーの登場は2018年なので、当分の間はフルモデルチェンジは行われない予定です。

最近の売れ行き&人気度

ジムニーは2023年に、1か月平均で約3,400台を登録しました。悪路向けのSUVで、なおかつ納期も長いですが、売れ行きは堅調です。

今はシティ派SUVが膨大に増えた反動で、悪路向けに目が向けられています。SUV市場に原点回帰の傾向が生まれ、伝統的なジムニーの売れ行きも増えました。

ジムニーのリセールバリュー

リセールバリューの5段階採点:5点

ジムニーは納期が長いこともあり、中古車市場でも高値で取引されています。

ジムニーのXCグレードは4速ATの価格が190万3000円ですが、2021年から2022年式の中古車は220〜240万円です。

つまり、中古車価格が新車を上回っているのです。この状態がいつまで続くかは分かりませんが、ジムニーを好条件で売却できることは確かです。

ジムニーのおすすめグレード

おすすめグレード:XC(190万3000円/4WD)

悪路を本格的に走るなら、スチール製ホイールを装着したシンプルなXGやXLを選ぶ方法もありますが、一般的な人気グレードは装備を充実させたXCです。

アルミホイール、LEDヘッドランプ、本革巻きステアリングホイールなどを標準装備しています。それでも、4速AT仕様で190万3000円なので、優れた悪路走破力を考えると割安です。

ジムニーのライバル比較

ジムニーには実質的にライバル車が存在しません。後輪駆動をベースにした副変速機付きの4WDを搭載する軽自動車は、ジムニーしかありません。

強いて挙げれば、前輪駆動をベースにしたSUV風の軽自動車として、背の高いスズキ ハスラーやダイハツ タフトがあります。

また、小型車サイズのSUVには、トヨタ ライズやダイハツ ロッキー、スズキ クロスビーなどが5ナンバーサイズで用意されています。

しかし、いずれも前輪駆動ベースのシティ派モデルなので、悪路向けSUVであるジムニーとは成り立ちが異なります。

ジムニーのカラーバリエーション

ジムニーのカラーバリエーションを、グレードごとにご紹介します。

XGグレードは4色、XLグレードは8色、XCグレードは2トーン4色を含む全12色から選択できます。

XGグレードのカラーバリエーション

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

ジャングルグリーン(ZZC)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

ホワイト(26U)

XLグレードのカラーバリエーション

キネティックイエロー(ZZB)

シフォンアイボリーメタリック(ZVG

ブリスクブルーメタリック(ZWY)

ミディアムグレー(ZVL)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

ジャングルグリーン(ZZC)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

ホワイト(26U)

XCグレードのカラーバリエーション

キネティックイエロー×ブラック2トーンルーフ(DG5)

シフォンアイボリーメタリック×ブラック2トーンルーフ(2BW)

ブリスクブルーメタリック×ブラック2トーンルーフ(CZW)

キネティックイエロー×ブラックトップ2トーン(DHG)

キネティックイエロー(ZZB)

シフォンアイボリーメタリック(ZVG

ブリスクブルーメタリック(ZWY)

ミディアムグレー(ZVL)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

ジャングルグリーン(ZZC)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

ホワイト(26U)

ジムニーを販売店で試乗するときのポイント

ジムニーを試乗する際は、まず実用性を確認しましょう。

後席の頭上と足元の空間が狭くないか、乗降性や荷室の広さ、収納設備の使い勝手などをチェックすると良いでしょう。

現在の背の高い軽自動車は、後席や荷室を広く確保して収納設備も豊富ですが、ジムニーは悪路向けのSUVとして割り切られています。

試乗を開始したら、ステアリング操作に対する車両の反応が鈍くないか、乗り心地に違和感がないかを確かめましょう。

最小回転半径は、SUVとしては小さいですが、軽自動車の中では若干大きめです。縦列駐車などを行って、運転のしやすさも確認すると良いでしょう。

合わせて読む

【筆者:渡辺 陽一郎】

車購入を考えている方は必見! 車をラクに高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは


新車購入を考えているなら、いま乗っている車を少しでも高く売りたいですよね?

そんな方におすすめなのが、車の一括査定サービス「MOTA車買取」

車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

MOTA車買取の主な特徴

(1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

(2)申し込み直後には電話がかかってこない

(3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

(5)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

(5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
165.4万円200.2万円
中古価格:
15.8万円3,535万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる