ジムニー誕生から50年! 歴代で最も完成されたジムニーはどれ!?

画像ギャラリーはこちら
ある日、MOTA編集部からジムニー誕生から50年ということもあり、とあるテーマについての執筆依頼をいただいた、そのテーマとは、「歴代ジムニーの中で最強なのはどれか?」というもの。そこで、やや食い気味に筆者が返した言葉は、わからん!!という言葉でした(笑)

どの世代のジムニーも、その時代で軽自動車最強の走破性を狙って開発されているわけで、正直どの世代が最強かなんてわかりません。ですが、視点を変えて言えば、現行型から数えて先々代に当たるJA11型ジムニーがある意味もっとも「完成された」ジムニーだと思うのです。

今回は、実際にJA11 4型オーナーである筆者が、JA11型ジムニーの魅力や特徴についてご紹介していきます。

>>超貴重資料! JA11の当時カタログの中身を画像で見る!

目次[開く][閉じる]
  1. 与えられた使命を達成するためのクルマ、便利な機能は最小限に
  2. JA11が完成形の理由は?
  3. 自分で操作するからこそ得られる安心感
  4. 現代のクルマでは味わえない「自分で操っているという楽しさ」
  5. ジムニーに与えられた使命と楽しさを味わうならJA11がベスト

与えられた使命を達成するためのクルマ、便利な機能は最小限に

歴代ジムニーすべての世代に求められてきた性能は、通常の乗用車では到底走行することが困難な悪路でも走れること。つまり「軽自動車なのに荷物がたくさん積めて車内は広々♪」「安全で乗り心地が良く快適!」といった、近年の軽自動車全般に見られる特徴は、ジムニーにとって二の次三の次なのです(現行型JB64が快適で安全なことは置いておきましょう!)。

JA11型ジムニーの操作系はいたってシンプルで、アイドリングストップも自動ブレーキもありません。もっと言えば、パワーウインドウやオートロック、ABSもありません。

なぜなら、ジムニーに与えられた最大の使命は、どんなに山奥にいても、ドライバーを帰還させることだからです。

JA11が完成形の理由は?

筆者が所有するJA11型は、ビックマイナーチェンジのJA12やJA22を含めると、生産期間は17年とかなり長いあいだ基本設計を変えることなく販売されていたモデル。

さらに、次に発売されたJB23型に至っては約20年ものあいだフルモデルチェンジされることはありませんでした。

法改正がなかったら、ずっとJA11のままだったかも!?

期間で言えばJB23の方が長いわけですが、なぜJA11型が完成形と言えるのか。それはJB23にフルモデルチェンジした理由が、軽自動車の規格が改正され大型化されたから。そして、現行型のJB64の登場も、法律上、横滑り防止装置の装着が義務付けられたからです。

つまり、JA11以降のフルモデルチェンジは、すべて法改正に対応するために行われたと言っても過言ではありません。もちろん、時代のニーズに合わせることも必要ですが、大幅な法改正や規格の改正がなければ、フルモデルチェンジする必要がなかったとも言えます。

一部のジムニー好きやスズキ関係者の中には、「法改正がなければ今でもJA11は十分新車として売れる!」と口にする人がいるほどです。

自分で操作するからこそ得られる安心感

しつこいようですが、大事なことなので繰り返し言います。ジムニーに求められる最大の性能は、高い走破性です。(笑)

後に販売されたJB23は機械式のレバーではなく、車内で電気スイッチで2WDと4WDの切り替えができ、現行型のJB64は機械式のレバー操作に戻ったものの、車外に出る必要はありません。

一方、JA11に搭載されるトランスファー(動力を前後それぞれに分配する装置)は機械式。切り替え方法は、停止状態でシフトレバーの隣にあるセレクトレバーを「ガチャン」と操作します。ところが2WDから4WDへの切り替えは、それだけで完了していません。車外に出て、フロントホイールにある「フリーホイールハブ」の切り替えダイヤルを左右とも回す必要があるのです。

JA11は、わざわざ面倒くさい操作を必要とするのと引き換えに、走破性を大幅に向上させる4WDに関わるトランスファーとフロントホイールハブを、ドライバー自らが人力で操作します。その人力操作こそ、遭難せずに帰れる安心感に直結する行為なのです。

現代のクルマでは味わえない「自分で操っているという楽しさ」

誤解の無いように言っておきますが、JB23やJB64もジムニーらしい高い走破性を備え、どこへでも走っていける楽しさも持っています。ですが、JA11型(JA22型含む)が大きく違うのは、運転する楽しさです。

ここまでお話ししたように、ハイテク化されていくJB23以降に比べ、圧倒的に電子デバイスが少なく、走行に関わるほとんどの操作がドライバーの手足に託されています。

いかにも自分でクルマを操っているという感覚、例えるなら初めて遊園地のゴーカートに乗った感覚。その感覚は、電子デバイスで補完された現代のクルマでは味わえない感覚なのです。

ジムニーに与えられた使命と楽しさを味わうならJA11がベスト

正直に言えば、自分がJA11型のオーナーであるため、やや贔屓目になっていることは否定しません(笑)

JAB23や最新型のJB64は、ジムニーらしさに加えて快適性も大幅に向上し、実際に乗るととても良いクルマです。四角くレトロなスタイリングを求めるだけなら、間違いなく最新型のJB64がオススメ。また、購入費用を抑えてジムニーに乗りたいという方はJB23も良いでしょう。

ですが、シンプルにクルマを知り、楽しむという点で言えば、JA11型ジムニーは完成形と言っても良いのではないでしょうか。

JA11カタログデータ 出典 JIMNY HISTORY:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/history/ja11.html

[筆者:増田 真吾]

▼ジムニーに関する関連記事はこちら!▼

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円187.6万円
中古価格:
15万円424.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる