他にはないジムニーを作り上げる! JB23・JB64ジムニーのオリジナルパーツを求めるならクライムマックス【Vol.3】

大阪のジャスティスは、メルセデス・ベンツ Gクラスの専門ブランドである「ゲレンデヴァーゲンファクトリー」や、輸入車・高級車のカスタマイズを得意とするプロショップ「ジャスティス」を展開している。それぞれについては、Vol.1/Vol.2で詳しく紹介しているので、そちらもご覧いただきたい。

>>メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗カスタマイズパーツメーカー “ゲレンデヴァーゲンファクトリー” 【Vol.1】

>>世界レベルの技術力でイメージチェンジ! 高級車のボディーラッピング/ペイントプロテクションならジャスティス【Vol.2】

新型のジムニー(JB64)が2018年に発売されたが、旧型ジムニー(JB23)も相変わらずの人気を誇る。その人気のあまり他車と被ってしまい、オリジナル感を出したいと思っているユーザーも多いのではないだろうか。そのようなユーザーの悩みを解決してくれるのが「クライムマックス」のオリジナルパーツだ。

ルックスを向上させ、本格的なダート走行も可能とするエアロパーツや「カスタムをする上で便利!」とジムニーユーザーから評判となっているアイテムを紹介していく。

自社で設計から生産まで行うジムニー専門ブランド「クライムマックス」

クライムマックス JB64

ジムニー専門ブランド「クライムマックス」ではエアロパーツなどのFRP&カーボンパーツの設計から生産まですべて自社で行い、魅力的なジムニー用パーツを多数ラインアップしている。

クライムマックスがジムニー用のパーツを製作するようになったのは、マイカーとしてJB23のジムニーに乗るスタッフが「こんなパーツがあったらいいのに」と積極的にパーツを開発したから。

そこで製作したオーバーフェンダーなどのFRPパーツが、多くのユーザーから好評を得て、ジムニー専門ブランドとして本格的にパーツを作り始めたという。

クライムマックスのオフィシャルサイトはこちら

フロントフェイスを引き締め、走行性能も向上させるアイテムを用意!

フロントバンパー タイプI(JB23用)

クライムマックス JB23

クライムマックスが用意するジムニー(JB23)のフロントバンパーはタイプIとタイプIIの2タイプがある。共にオフロード走行を考慮し、急坂へ進入してもフロントバンパーが路面と干渉しないようなアプローチアングルの本格仕様なエアロデザインが採用されている。

デイライトとして使用できるLEDライトがセットされた「LEDタイプ」と、ダクト部にアルミネットを装着でき軽量感のある「ダクトタイプ」の2種類から選ぶことができる。

フロントバンパー タイプII(JB23用)

クライムマックス JB23

タイプIIも同様に本格仕様。タイプIとの違いは、バンパーにフォグ(純正フォグあるいはイカリングフォグ)を埋め込んでおり、イルミネーションをさらにアピールさせたデザインとなっているところ。タイプIと同様にLEDタイプとダクトタイプが用意されており好みに合わせて選ぶことができる。

フロントバンパーI、IIともにクーリングリルとセットでの装着がオススメだ。

フロントバンパーI/II(JB23)の詳細はこちら

バッドフェイスボンネット/パワーインテーク

クライムマックス JB23

フロントバンパーにヘッドライトをかすめてツリ目に変えるバッドフェイスボンネットやフレッシュエアを効率的に導くパワーインテークが加われば、フロントフェイスはさらに引き締まってくる。

バッドフェイスボンネット/パワーインテークの詳細はこちら

JB23を理想のスタイルに仕上げるエアロパーツ

フロントバンパー以外にも、クーリングリル、リアバンパー、ダックテールウイング、オーバーフェンダーなど、ジムニー(JB23)を好みのスタイルに仕上げるパーツが多数リリースされている。その中でも特にオススメしたいアイテムを紹介していく。

クーリングリル

エアガイドとの一体形状によりグリル上部の隙間を塞ぐ事で、エアーの流れを無駄なくエンジンルームに誘導し、効率よくクールダウンする。クーリングだけではなく、ルックスを向上させたいドレスアップ目的の人にも人気のアイテムだ。

クーリングリルの詳細はこちら

リアバンパー

車両が水平路から急坂路に差し掛かるとき、リアが路面に干渉しないようなデパーチャーアングルを考えたデザインとなっている。デザインが気に入った人はもちろん、走破性を高めたいユーザーはフロントバンパーとセットで装着することをオススメしたい。

リアバンパーの詳細はこちら

ダックテールウイング

アヒルの尻尾のような形をしたダックテールタイプのリアウイング。小振りながら存在感は抜群だ。リアビューがアクティブなスタイルへと早変わりする。

オーバーフェンダー

ボルトオンで取り付け可能なお手軽仕様。出幅は9mmで大径タイヤが少しだけ出てしまう場合に最適だ。

ジムニー(JB23)用 フェンダー、グリルの一覧はこちら

コックピットスペースを広げハンドル操作を楽するインナードアパネル

インテリア系で注目したいのがインナードアパネル。ジムニーは幅や高さに規制のある軽自動車のため、インテリアは窮屈な造りになっている。したがってバケットシートに交換するとドアと干渉して閉まりにくくなったり、オフロード走行時では肘置きがハンドル操作の妨げになることも。

そこで肘置きをインナードアパネルに交換すればコクピットスペースが広がり、それらの不満が解消できるのだ。純正の内装と比較すると良くわかるはず。運転時に窮屈さを感じている人には大変オススメできるアイテムだ。

このインナードアパネルはドレスアップとしても楽しめるアイテムだ。レザー調、カーボン、FRPの3タイプから選ぶことができ、シートやステアリングなどのインテリアパーツとコーディネイトすれば内装の統一感を図ることも出来る、

インナードアパネルの詳細はこちら

痒いところに手が届く、便利なアイテムも多数用意

スペアタイヤを取り外した尻軽仕様にする「LED尻軽ナンバー移動キット」やフェンダーミラーを取り外した際の穴を埋める「ミラーホールカバー」といった小物類も充実している。もちろんジムニーワイド(JB33)、ジムニーシエラ(JB43)にも装着できるパーツも多数用意されている。

ジムニー用便利アイテムの詳細はこちら

新型ジムニー(JB64)用アイテムも開発中

2018年にフルモデルチェンジされた新型のJB64用のアイテムも順調にパーツ開発が進んでいる。現在発売されているオーバーフェンダーは出幅9mmというコンパクトサイズで、ワイドタイヤを履いた仕様にジャストフィットするデザイン。取り付けも両面テープで簡単。カーボン仕様とFRP仕様が用意されている。

ジャスティスのボディラッピングによってマットガンメタに彩られたデモカーには、カーボンのオーバーフェンダーをセットしており、斬新なスタイルに仕上がっている。

3Dスキャンでフィット感バツグン! フロントバンパーやフロントグリルなどジムニー(JB64)用エアロパーツを製作中

現在、JB23と同様にオフロード走行にも対応する本格仕様のエアロデザインを採用したフロント・リアバンパー、そしてフロントグリルや背面タイヤカバーを製作している。

このJB64用エアロパーツの製作から新たに取り入れたのが、現車のボディをスキャニングしてコンピュータ上でエアロパーツをデザインする3D CADだ。

これによって純正ボディにフィットするエアロパーツが製作されることになる。CGはすでに出来上がっており商品化が待たれるところだ。JB64ユーザーはリリースを楽しみに待っていてほしい。

新型ジムニー(JB64)用のアイテムはこちら

気になるアイテムがあればアンテナショップのジャスティスに!

クライムマックス JB64

JB64ジムニーの販売は好調で生産量は増えてはいるものの納車待ち状態が続いている。後日、待ちに待ったJB64ジムニーが納車された際には、クライムマックスのHPをチェックしてみてほしい。また新たなパーツがリリースされているはずだ。

ジャスティス

気になるアイテムがある場合は、こちらのカスタムパーツが揃ったアンテナショップ「ジャスティス」にも足を運んでみてはいかがだろうか。

クライムマックスのオフィシャルサイトはこちら

筆者   オマドーン
元自動車雑誌編集者で、現在はフリーランスフォトグラファー・ライターとして活動している。カスタム系雑誌やWEB媒体への寄稿も多く、関西エリア、東海エリアを主に拠点としている。車両撮影やイベント取材も積極的に行っており、様々な才能を多方面で発揮しているマルチプレイヤーだ。
関連車種
  • ジムニー
この記事の写真ギャラリーはこちら

株式会社クライムマックスの関連記事

Brand Info - クライムマックス

ジムニーのオリジナルパーツを開発、販売している。JB23やJB33/JB43(ワイド/シエラ)やJB64などにも力を入れている。エアロパーツなどのFRP&カーボンパーツの設計から生産まですべて自社で行い、魅力的なジムニー用パーツを多数ラインアップしている。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:株式会社クライムマックス

郵便番号:571-0002

住所:大阪府門真市岸和田3-45-23

TEL:072-885-2811

企業HP:こちらから