個性的なジムニー(JB64)/ジムニーシエラ(JB74)を"気軽なカスタム"で作り出す! アゲ系スタイル エアロブランド「CLS UP」| ESB【Vol.1】

エアロパーツを設計/型取り/生産まで一貫して自社で製作

ESB ジムニー

エアロパーツを製作する際はデザインのみを行い、パーツ作成は他社に委託するというメーカーも多い。しかしESBは大阪府堺市内に工場を構えて設計から型取り/生産まですべて自社で行い、個性的なデザインのエアロをリリースするエアロパーツメーカーだ。

「他社にエアロパーツの製作を依頼すると打ち合わせやデザインの確認などに時間がかかりますが、自社だと作りたいクルマが自由に選択できて軽いフットワークで動けます。ESBでは2液性の発砲ウレタンでエアロパーツの型を製作しており、細かなパートまでスタッフと相談しながら煮詰めていくことができます。」というのはESBの梶谷代表(写真右)。

この自社一貫体制によって、他社にはない個性的な造形をデザインし、思いのままに実現させることができる。またクオリティに対して価格も抑えることができ、コストパフォーマンスの良いカスタムパーツをユーザーに提供していることもESBならでは。

他車と差別化できるカスタムをしたいユーザーや、カスタムに挑戦してみたいというカスタム初心者にもESBの製品はオススメだ。

ESB ジムニーESB ジムニーESB ジムニーESB ジムニー

ESBが初めてエアロパーツを製作したのは2003年。まだ会社の形態がドレスアップ系のカーショップの時に、まったく違う車種のように変身させるユニークなエアロパーツを製作したことから始まる。その後、エアロパーツメーカーとしてのブランドを立ち上げてから、これまでESBが制作してきたエアロパーツはなんと45車種にも及ぶ。

その中から、アゲスタイル(車高アップ)にカスタムできる『CLS UP』と1BOXバンをカスタマイズする『CLS VS(バンシリーズ)』を3回に渡って紹介する。

今回のVol.1で紹介するのはアクティブなアゲ系スタイルを描き出すエアロブランド『CLS UP』のジムニー/ジムニーシエラだ。カスタム感が強く出せるにも関わらず、実は簡単に装着ができるというユーザーフレンドリーなカスタムパーツが用意されている。

>>【ESB】のオフィシャルサイトはこちら

気軽にカスタムはしたいが、他と同じでは意味がない!

ユーザーへの納車待ちが続くほどの高い人気を得ている新型ジムニー/ジムニーシエラ。

様々なカスタムが行われている新型ジムニー/ジムニーシエラの中で、個性を求めるユーザーのために、CLS UPではフロントの表情を一気に変えるバッドフェイスパネル/他社にはないボリューム感と造形のオーバーフェンダーという2種類をリリースしている。

他にはない個性的でインパクト大なルックスに仕上げることができ、ボディへの加工なしで簡単に装着できる。『気軽にカスタムはしたいが、他車とは違う個性を出したい』そんな悩みを解決してくれるカスタムパーツだ。

▼バッドフェイスパネルとオーバーフェンダー、リフトアップだけでも十分なカスタム感

ESB ジムニー

可愛いジムニーフェイスをイカツク変身!ボルトオン装着のバッドフェイスパネル

バッドフェイスパネルはボンネットを開けた部分にボルトオンで装着するだけで装着可能。グリルの上部が覆われヘッドライト付近のラインが鋭くなることで“バッドフェイス”が完成する。

大きく表情は変わるが、ヘッドライトにはパネルは被っておらず、光軸にも影響はないので車検に関しても問題は無い。“インパクト大!でもお手軽”であり、ユーザーが気軽にカスタムできる仕様はありがたい。

ESB ジムニーESB ジムニー

▲バッドフェイスパネル ジムニー(JB64)/ジムニーシエラ(JB74)用 各3万円(税抜き)

詳細ページはこちら

これで両面テープ固定?!技ありデザインのオーバーフェンダー

一般的なオーバーフェンダーはタイヤを覆うような形状だが、CLS UPの外側に広がりながら上に向かって反るデザインは、遠目からでも印象が大きく異なる。フェンダーには6mmのビスが打ち込まれており、武骨印象を与えてくれる。しかしビス自体はボディに貫通しておらず、実はダミーなのだ。固定には両面テープのみ使用のため、ボディへの加工は一切なし。ジムニー(JB64)は純正から90mmワイド、ジムニーシエラ(JB74)は純正から10mmワイドのグラマラスなボディを描き出している。

ESB ジムニー
ESB ジムニーESB ジムニー

▲オーバーフェンダー(8P)ジムニー(JB64)用 7万8000円(税抜き) 

詳細ページはこちら

ジムニーシエラ(JB74)の純正オーバーフェンダーも上から覆いかぶさるような柔らかいラインだが、CLS UPのデザインは逆ソリでボディに直接ボルトを打ち込んだような力強いデザインのため、カスタム感が一気にアップする。

ESB ジムニー
ESB ジムニーESB ジムニー

▲オーバーフェンダー(4P)ジムニーシエラ(JB74)用 6万8000円(税抜き)

詳細ページはこちら

ボディ関係に関しては現在この2点のみだが、雰囲気はノーマルから大きく変貌している。今後、各ユーザーにクルマが行き渡りカスタマイズの動向をチェックしながらパーツ開発を進めていく予定だ。

車種に応じたカスタムパーツでスタイル&性能アップ

エアロパーツで外装のイメージを変更したら、車高を持ち上げたリフトアップや雰囲気を高めるエキゾーストサウンドを加えるのがオススメだ。CLS UPではエアロパーツ以外にも車種に応じたカスタムパーツをリリース。新型ジムニー/ジムニーシエラにはストレートマフラー、1.5インチアゲバネ、リフトアップ対応ロングショックの3つを用意している。

ESB ジムニー

見た目も音も“ワイルド”にするストレートマフラー

リヤピースのみで交換できるストレートマフラー。マフラーのみでエキゾーストパイプの交換は不要の簡単カスタムだ。左出し50φシングルのテールエンドはワイルドなリヤビューを演出するとともにストレートタイプならではの、抜けの良いスポーティなサウンドを轟かせている。

ESB ジムニー

▲ストレートマフラー ジムニー(JB64 競技専用部品) 2万8000円(税抜き) 

詳細ページはこちら  

このルックスで構造変更も無く車検対応!?カスタム感が高まるアゲバネ

1.5インチのリフトアップのアゲ系スタイルを創り出しているのはアゲバネ。純正ショック&ブレーキホース対応で車検証への構造変更も必要なし。表面はエメラルドグリーンの塗装が施されており、フェンダーの隙間から見えるインパクトは大。“さわった感”を強烈にアピールできる。

ESB ジムニーESB ジムニー

▲1.5インチアゲバネ 3万8000円(税抜き)

詳細ページはこちら  

ルックスだけで満足?快適な乗り心地も実現するロングショックとの組み合わせがベスト

アスファルトでの乗り心地が気になるジムニーユーザーは多いはず。アゲバネでのカスタムをするのであれば、乗り心地/安定性能を高めるためリフトアップ対応ロングショックとの組み合わせがオススメ。

全長調整式(車高調本体下部のブラケットを調整することで、車高を変えることができる)の減衰力15段調整式なので車高を2インチまで上げながら、好みに合わせてセッティング可能であり、快適な乗り心地を実現する。

ESB ジムニー

▲リフトアップ対応ロングショック 詳細ページはこちら  

・減衰力固定式 7万4000円(税抜き)

・減衰力15段調整式 9万4000円(税抜き)

ESB ジムニー

ESBのエアロブランドはこのCLS UPのジムニー/ジムニーシエラ以外にも多岐にわたる。次回のVol.2で紹介するのはCLS VS(バンシリーズ)のキャリーとエブリィバンだ。

>>【ESB】のオフィシャルサイトはこちら

ESB CLSシリーズ関連記事

>>CLS VS(バンシリーズ)キャリーとエブリィバン【Vol.2】Coming soon

>>CLS VS(バンシリーズ)キャラバン&ハイエース【Vol.3】Coming soon

関連車種
  • ジムニー
  • ジムニーシエラ
この記事の写真ギャラリーはこちら

Corporate Profile

企業名:株式会社ESB

郵便番号:587-0012

住所:大阪府堺市美原区多治井50-3

TEL:072-369-7080

企業HP:こちらから

CLS UP

CLS UPとは?

リフトアップさせた“アゲ系スタイル”を描き出す個性派エアロブランド。ボディに穴を空けずカスタムを可能となるよう、ボルトオンや両面テープで装着できるパーツも多く、ユーザーフレンドリーなカスタムパーツシリーズ。車種に応じて、必要とされるスタイルや性能にあわせた様々なパーツを用意する。またルックスだけではなく、乗り心地や実用性を向上させるサスペンションも用意しており、CLS UPシリーズだけでも十分に“スタイル・理想的な乗り心地”を完成させることができる。

CLSシリーズのブランドページは こちらから