レヴォーグ購入検討層もSUVが気になっていた!? 消費者行動データで分かったユーザーの心理とは

画像ギャラリーはこちら
2020年10月にフルモデルチェンジを実施したスバル 新型レヴォーグ。オーナーたちはどのような比較検討を重ね、何に悩んで購入に至ったのだろう。ユーザーの調査データを基に、レヴォーグ購入検討者の心理や、意外な競合車種などを検証してみた。

レヴォーグユーザーはこんなクルマも比較した!? 意外なライバル車を写真で見てみる[画像62枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日本のユーザーに向けて造られたレヴォーグはどんなユーザーが買っているのか
  2. レヴォーグ購入ユーザーが気になっていたのはやっぱり燃費!?
  3. レヴォーグユーザーも、流行りのSUVは気になっていた!?

日本のユーザーに向けて造られたレヴォーグはどんなユーザーが買っているのか

2020年10月15日に正式発売が始まったスバルの2代目「レヴォーグ」が、デビュー早々に第41回日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021に選出された。

レヴォーグは、かつてのレガシィツーリングワゴンで多くの支持を集めた4WDスポーツワゴンというコンセプトを受け継ぎ、日本のユーザーを第一に考え開発。2014年に初代モデルが誕生している。

日本一のイヤーカーの栄冠に輝いた2代目では、高度運転支援システムのアイサイトXをはじめ、新世代のスバルグローバルプラットフォームをフルインナーフレーム構造によりさらに進化させるなど、様々な新技術が投入された。これを300万円台からの価格帯に収めるコストパフォーマンスの高さも魅力のひとつだ。

そんなスバル レヴォーグを求めるユーザーは、どのような検討を重ね購入に至っているのか。自動車業界向けマーケティングサービス「IGNITION for Media」を提供するマイクロアドの消費者行動データをもとに、レヴォーグを購入した際の決め手や比較検討車種などを解説しよう。

>>「IGNITION for Media」とは[マイクロアドWebサイト]

レヴォーグ購入層の男性比率は75%以上と高め

2020年11月に調査したIGNITION for Mediaのデータによると、レヴォーグを購入したのは男性75.9%、女性24.1%(調査データ平均:男性68.9%/女性31.1%)と、男性比率は高め。年齢別では45~49歳が40.7%、次いで50~54歳が27.2%と、40代後半から50代前半だけで7割近くを占めている。

購入価格帯は200~300万円が20.2%、100~200万円が19.3%。続いて300~400万円が15.1%、400~500万円が13.9%となっている。新型レヴォーグの価格帯は約310万円から約409万円となっていて、初代レヴォーグも新車価格はほぼ同等だった。一部が重なるケースもあるが、主に300万円までの価格帯は中古車ユーザーと見てよいだろう。

レヴォーグ購入ユーザーが気になっていたのはやっぱり燃費!?

IGNITION for Mediaの調査データでは、ユーザーがクルマを購入する際の興味・関心を知る「クルマ選びのポイント・価値観」の項目も設けられている。

用途別には通勤・通学・買い物・アウトドア・趣味の5項目。重視するポイントとしては走行性能・乗り心地・エクステリア・インテリア・価格・安全性能・室内空間・燃費・荷室の9項目が挙げられた。

レヴォーグの場合、用途別には趣味が17.2%と多い。4WDが活躍するアウトドアレジャーでの需要が高いモデルであることが証明された格好だ。運転の楽しさを強く訴求しているスバル車だけに、中にはクルマの運転自体が趣味、と答えているユーザーもいるかもしれない。

重視するポイントとしては、燃費が24.4%とTOP。次いでインテリアが16.6%、走行性能が12.2%、エクステリアが11.8%となっている。外観デザインよりも、まずは燃費と走行性能を天秤にかけて検討しているようだ。

インテリアについては、新型は大画面のセンターディスプレイなどのデジタルコックピットへの興味関心が大きく影響しているものと思われる。

レヴォーグユーザーも、流行りのSUVは気になっていた!?

実に多彩な(バラバラ)な選択肢の中から選ばれていたレヴォーグ

レヴォーグは、国産モデルではすっかり少なくなったステーションワゴンモデルだ。果たして購入ユーザーはどんなクルマをライバルとして比較検討していたのだろう。

上位5台がなかなか興味深い結果となった。

1位:レクサス RX(検討率4.7%)、2位:スバル WRX(4.4%)、3位:スバル フォレスター(2.8%)、4位:アウディ S4(2.8%)、5位:スバル BRZ(2.3%)と、多彩な(バラバラな)ラインナップが検討されているのだ。

1位のレクサス RXは高級SUV。新車の価格帯はおよそ500万円台から800万円弱だが、マイクロアドの消費者行動データによる検討価格帯は400~500万円と出ており、主に高年式中古車との比較がされているようだ。

4位のアウディは、スバル同様に4WDへのこだわりが強いメーカー。S4はスポーツセダンで、スバルで言うとWRXやレガシィB4が直接の競合車となる。S4の検討価格帯は800~900万円と、レヴォーグとはかなり差があるが、予算を超えた比較検討がされるほど魅力的な存在ということだろう。

2位、3位、5位はスバル車だが、それぞれスポーツセダン、SUV、そしてFRスポーツカーとバラバラ。しかしスバルブランドという大枠の中で比較されていることからも、熱心なスバルファン(スバリスト)が購入検討していることがうかがえる。

いずれにせよ、レヴォーグユーザーはステーションワゴン車以外のクルマが比較検討の対象となっていた。特に流行りのSUVは気になる存在のようだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
84.8万円498.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 御宿The Earth

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる