スバル レヴォーグのライバルは欧州車! 比較してわかったレヴォーグの魅力はお買い得なところだった!

  • 筆者: 井元 貴幸
  • カメラマン:堤 晋一/井元 貴幸/SUBARU
画像ギャラリーはこちら

スバル レヴォーグはスポーツカーとツーリングワゴンが融合したモデルとして、革新的なスポーツツアラーというコンセプトで2013年の第43回東京モーターショーでセンセーショナルにデビューしました。

その流れは5代目まで続いたレガシィツーリングワゴンの後継にあたり、車名もLEGACY(大いなる伝承物)、REVOLUTION(変革)、TOURINGの3つの単語を組み合わせて作られた造語でその名前にレガシィの名前が織り込まれています。

とはいえ、人気の高かった4代目と比べ、5代目では北米市場を強く意識したボディサイズに国内のユーザーから少し大きすぎるのではないか? という声も聞かれ、そうした市場のニーズも盛り込み、国内で扱いやすいサイズにダウンサイジングしているのも特徴です。

それでは、レヴォーグを実際購入した人はどんなモデルと比較し、どんな魅力を感じて選んだのでしょうか。

目次[開く][閉じる]
  1. 初代モデルはスタイリッシュなデザインやコスパの良さが決め手に!
  2. 日本の道路に合わせたボディサイズも魅力!
  3. 2代目は初代より広くなった後席や質感の高さがポイント

初代モデルはスタイリッシュなデザインやコスパの良さが決め手に!

初代モデルはヘキサゴングリルやコの字型に光るポジションランプといったスバルの新しいアイデンティティを取り入れながらも、4代目レガシィのイメージも取り入れることでデザイン的にもシャープでスタイリッシュな印象となりました。これにより、4代目レガシィツーリングワゴンからの買い替え重要を促すことに成功したほか、ほぼ同時期にデビューしたWRX系のスポーティなイメージも重なり、人気が高まりました。

実際購入したオーナーから話を聞くと、4代目レガシィから指名買いでの乗り換えのほか、レヴォーグが初めてのスバル車という声も多く、購入に際し比較したライバル車はメルセデス・ベンツのCクラスワゴンやフォルクスワーゲン パサートヴァリアントといった欧州車の名前も聞かれました。

レヴォーグにした決め手は高い動力性能やアイサイトによる安全性に加え、欧州車にも負けない走りの良さが魅力的との意見も多く、その高い商品力に加え欧州車と比較するとコストパフォーマンスが高かったという点が決定打となっているようです。

日本の道路に合わせたボディサイズも魅力!

国産車では、元々ミニバンやSUVブームへ移行していたこともあり、ワゴンタイプの選択肢がレヴォーグかトヨタ カローラフィールダー、マツダ アテンザ(現 マツダ6)の3択に近い状態でもあり、フィールダーでは小さいが、アテンザでは大きいというジャストサイズが人気のヒミツでもあったようです。

ただしフィールダーにはストロングハイブリッド、アテンザにはクリーンディーゼルといった魅力の設定に惹かれた人も多く、特にCVTのみの設定のレヴォーグに対し、両車はMTをチョイスできるのも悩ましいポイントだったという声も聞きます。

しかし、初代レヴォーグ登場時点では運転支援システムはアイサイトが知名度、性能ともに圧倒的リードをしており、そこが決め手になったオーナーもいるようです。

2代目は初代より広くなった後席や質感の高さがポイント

さて、2020年に登場したばかりの2代目レヴォーグは、最近街中でもよく見かけるようになりましたが、やはり6年間にわたり生産された初代と比べると、まだ数は少ないようです。新型レヴォーグオーナーにお話を聞いてみると、初代からの乗り換えの方は、圧倒的な質感の向上と適度に広くなった後席が特に魅力のポイントとなったそうで、基本的にはほかのモデルは検討しなかったとのこと。

初めて新型レヴォーグでスバルオーナーになったという方は、初代レヴォーグへの憧れがトリガーとなりアイサイトXやSTI Sportに搭載されているドライブモードセレクトが決め手になったそうです。

他車と比較して購入したユーザーさんは、やはり欧州車が候補にあったそうです。メルセデス ベンツだと、A180(価格:409万円)が1.8リッター STI Sport EX(価格:409万2000円)とほぼ同一価格帯となるものの、車格としては圧倒的にレヴォーグの方が上だと感じたそう。メルセデスの1.3ターボと比べるまでもなくレヴォーグのCB18の力強さとレギュラーガソリン仕様というランニングコスト面が決定打になったようです。

新型レヴォーグは初代と比較すると車両本体価格がアップしていますが、それは他社のモデルも同様であり、装備面や質感を考慮すれば圧倒的にお買い得なモデルと言えそうです。

【筆者:井元 貴幸】

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円576.4万円
中古価格:
78.7万円575万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

井元 貴幸
筆者井元 貴幸

1973年東京生まれ。幼少期からクルマ好きで中学生の時にテレビのドキュメンタリー番組で見たレガシィ 10万キロ世界速度記録に感動し、以来スバルへ憧れ続け、95年に3台目の愛車として待望の2代目レガシィツーリングワゴンを購入。以来3代目、4代目、5代目と乗り継ぎ、現愛車の初代レヴォーグになるまでスバル一筋。電気通信関係の仕事からまるで畑違いの自動車ライターへ転身。本サイトでも活躍中のマリオ高野氏と同じ歳のスバルオタクコンビとして様々なメディアでコンビを組む。2017年.18年にはスバル公式のモータースポーツ応援プロジェクトリーダーとしてファンからも支持されている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる