スバル 新型レヴォーグを自腹購入して乗ってみた┃実際の使用感などをレポート

  • 筆者: 橋本 洋平
  • カメラマン:橋本 洋平、SUBARU
画像ギャラリーはこちら

モータースポーツにも積極的に参加するモータージャーナリストの橋本洋平氏。小さなお子さんがいる父親でもある橋本さんが選んだクルマとは? クルマのプロといえる識者自身が所有する愛車について語ってもらった。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型レヴォーグは最新の運転支援システム「アイサイトX」搭載で、子育て世代にとっても頼れる存在
  2. 新型レヴォーグは安全なだけじゃない、クルマ好きを魅了する走行性能も魅力
  3. 新型レヴォーグのボディサイズ┃高い走行性能に実用性あるワゴンボディも魅力の1つ
  4. 新型レヴォーグが提供するのは充実したカーライフ

新型レヴォーグは最新の運転支援システム「アイサイトX」搭載で、子育て世代にとっても頼れる存在

テレビCFで「すべての移動を感動に変える」と謳うスバル 新型レヴォーグを愛車にしようと決めたのは、発売前に行われた最新の運転支援システム「アイサイトX」を体験するためのメディア向け試乗会だった。

GPSと高精度地図を利用し、実用性高くドライビングアシストを展開するアイサイトXは、渋滞時にはハンズオフを可能とし、さらにいざという時の緊急停止性能も抜群。ドライバーが気を失えば、周囲のクルマに警告を促しながら安全に停車することだってできてしまう。

また、歩行者保護のためのボンネットエアバッグを備えるなど、自分だけでなく周囲への配慮も忘れていない。

子供ができ、これから最低20年くらいは生き続けなければならないという、少し身体が心配になるお年頃である40代半ばのオヤジにとって、新型レヴォーグはどこか頼りがいのあるクルマにまず感じてしまったわけだ。

新型レヴォーグは安全なだけじゃない、クルマ好きを魅了する走行性能も魅力

けれどもレースをかじるほどのオトコからすれば、それだけじゃ納得できるはずがない。つまりは、走りのレベルがきちんと出ているか否かも愛車選びのポイントのひとつである。

新型レヴォーグはそんなマニアにも納得できる仕上がりを展開していた。

フルインナーフレーム構造としたスバルグローバルプラットフォーム、2ピニオンの電動パワーステアリング、そしてSTIグレードは電子制御可変ダンパーを奢っていたところにも納得ができた。路面からの入力を見事にいなしながら、的確なステアリングインフォメーションを生み出し、上質にワインディングを駆け抜けて行くことに心を撃ち抜かれたのである。

新型レヴォーグの価格、グレード、燃費

新型レヴォーグの価格は、1.8Lターボモデルが310万2000円〜409万2000円。2.4Lターボモデルが438万9000円〜477万4000円。気になる燃費(WLTCモード)は、1.8Lターボモデルが13.6km/L〜13.7km/L。2.4Lターボモデルが11.0km/L。

実際に購入した1.8Lターボはパワフルというほどの元気はないが、ストリートを走る上では十分すぎる仕上がりだと納得。燃費はもう少し欲しいところだが……。

新型レヴォーグのボディサイズ┃高い走行性能に実用性あるワゴンボディも魅力の1つ

ちなみに、新型レヴォーグのボディサイズを振り返ると、全長4755mm × 全幅1795mm × 全高1500mm、ホイールベースが2670mm。

最小回転半径は5.5mとお世辞にも小回りが効きやすいとは言いにくいが、その替わりホイールベースの拡大により、前後席に座る乗員同士の間隔は25mm先代から広がり快適性は高い。

そんな実用性のあるワゴンボディでありながらも、スポーティカーのような立ち振る舞いがありつつ、家族を乗せた時にはコンフォートモードを選択してサルーンのように包み込んでくれるところもまたお気に入りのポイントだ。

ドライブモードセレクトによってガラリとキャラ変できるところが面白く、そして心地いい。

新型レヴォーグが提供するのは充実したカーライフ

所有してからというもの、あらゆるステージを走ったが、中でも感動できたのは雪上ワインディング路だった。

シンメトリカルAWDと前述の走りのギミックは実に頼もしく、雪深い路面であろうが凍結路であろうが、思いのままに走破してみせた。手足のように扱えるコントロール性の高さはたまらないし気持ち良い。

おかげで雪道に躊躇なく出かけられるようになり、大きくなってきた子供と共に、何年かぶりにスキーに興じるようになる生活の変化も生まれてきた。

こうして、全ての移動を感動に変えるどころか、ライフスタイルまでリフレッシュしてくれた新型レヴォーグ。買って良かったと心から思える一台となった。

[筆者:橋本 洋平/撮影:橋本 洋平、SUBARU]

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円576.4万円
中古価格:
78.7万円575万円

記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる