autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー スバルの人気SUV、フォレスターがフルモデルチェンジ!新型で変わったもの、変わらないものとは!?

モーターショー 2018/4/9 20:17

スバルの人気SUV、フォレスターがフルモデルチェンジ!新型で変わったもの、変わらないものとは!?(1/2)

関連: スバル フォレスター Text: 山本 シンヤ Photo: SUBARU
スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)画像ギャラリーはこちら

SUBARUのエースがフルモデルチェンジ

スバル 新型フォレスター ツーリング(北米仕様)

1997年に登場したSUBARUのクロスオーバーSUVである「フォレスター」。

これまで4世代に渡って進化・熟成を遂げ、今ではメインマーケットの北米での販売をけん引すると共にグローバル販売トップを誇るモデルへと成長。そんなSUBARUのエースのフルモデルチェンジは様々な苦労があったと思う。5代目の開発責任者である布目智之氏にフォレスターとして守るべきところ、新型として変えたところを聞いてみた。

新型フォレスターを更にチェック(画像94枚)

見れば見るほどジワーっと良さが伝わるデザイン

スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)スバル 新型フォレスター ツーリング(北米仕様)

「守るべきところは視界の良さや使い勝手の良さ、室内空間です。一方、変えたところはドライバーズカーとしてのドライビングの楽しさだけでなく同乗者全員が快適に過ごせること、そして冒険を後押しできるクルマにしたことですね」。

東京モーターショー2015で世界初公開したスバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト

エクステリアデザインは基本的にはキープコンセプトだが、実車を見ると東京モーターショー2015でお披露目されたコンセプトカー「ヴィジヴ・フューチャーコンセプト」のイメージを上手く踏襲。どちらかと言うとパッと見の華やかさではなく、見れば見るほどジワーっと良さが伝わるデザインだ。デザインを担当した大関透氏はこのように語る。

「スバルの提供するクルマは『長期間保有しても飽きがこない』、『モノ自体が主張するのではなくユーザーと寄り添う』が重要だと考えています。新型はスバルのデザイン言語「ダイナミック×ソリッド」に加えて、フォレスター独自となる「モダンキュービックフォルム」の考え方が盛り込んでいます。SUVは四角いクルマになりやすいですが、単なる箱にならないようにキャビン/ボディに一体感を持たせ、そこからフェンダーをシッカリ出しています。造形は張りのある面をギュッと削いだ硬質なイメージです」。

スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)スバル 新型フォレスター ツーリング(北米仕様)スバル 新型フォレスター ツーリング(北米仕様)

ボディサイズは4代目の全長4595×全幅1795×全高1715mm、ホイールベース2640mmから若干サイズアップされ、全長4625×全幅1815×全高1730mm、ホイールベース2670mmとなっている。こう書くと「北米主軸のスバルは日本を見捨てた」などと言う人もいるが……。

「発想は『大人5人が快適に過ごせ、その中で最も小さなクルマ』です。つまり、人に対しては我慢せずに寸法を使っていますが、決して不用意に大きくはしていません。全幅拡大は室内の乗員同士の距離の拡大、ホイールベース拡大は後席の居住性アップに用いています。それでいながら最小回転半径も5.4m(+0.1m)に抑えましたので、取り回しはいいと思います(布目)」

SUVのたくましさが出せた

スバル 新型フォレスター スポーツ(北米仕様)

一方、インテリアはどうだろうか?

「インプレッサ/XVのインパネがベースですが、ドアまで回るラウンド形状は乗員を守るイメージです。またインパネからドアトリムまで幾何学のテクスチャーを回すことで、メカニカルで頼れるイメージを演出しています。センターコンソールは高さと幅を上げて、インパネから繋がる強さを表現することにより、結果としてSUVのたくましさが出せたと思っています(大関)」。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連編集記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR