【4WD走行モード解説】フォレスターとノート、雪道ではどの走行モードを選ぶべき?

画像ギャラリーはこちら

4WDシステムには、走行モードを設定したタイプも多い。前回は4WDの選び方について紹介したので、今回はどのようなシーンで使うべきなのかをまずはスバル フォレスター、日産 ノートを例にとって、それぞれ設定されているモードの使い方を紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 滑りやすさや路面の抵抗の大きさで使うモードを選びたい
  2. 劣悪な状況から脱出するための制御など状況に応じたモードも用意
  3. ノート e-POWERには雪道専用モードがないが、エコモードでの走行がおすすめ

滑りやすさや路面の抵抗の大きさで使うモードを選びたい

まずはスバル フォレスターだ。フォレスターには「Xモード」という機能が備わり、ノーマル、スノー・ダート、ディープスノー・マッドという3つのモードを選べる。

これらの内、ノーマルモードは、文字通り通常の走行で使う。4WDシステムや動力性能が、舗装路に適した状態に制御される。雨天も含めて、通常はノーマルモードを使用する。

劣悪な状況から脱出するための制御など状況に応じたモードも用意

スノー・ダートモードは、雪道や未舗装路で使うモードだ。アクセル開度が小さい時は、駆動力の発生を通常と同様にして、滑りやすい路面での発進コントロール性を向上させた。アクセルペダルを深く踏んだ時には、通常よりも動力性能を強め、急な登坂路なども力強く走破できる。

ディープスノー・マッドモードは深雪、泥道、深い砂地など、滑りやすく路面の抵抗も大きな場所で使う。

横滑り防止装置やトラクションコントロールは、舗装路では滑りを抑えて安定性を確保するが、悪路で作動するとホイールの回転が極端に抑えられて前進できない場合もある。そこでディープスノー・マッドモードでは、これらの安全装備の作動を控える。

つまりディープスノー・マッドモードでは、ホイールをある程度は空転させ、雪や泥を跳ね飛ばしながら進む走り方も可能だ。

フォレスターの4WDは、電子制御される多板クラッチを使って前後輪に駆動力を分配するが、ディープスノー・マッドモードになると、前後の駆動系を直結状態に近づける。滑りや空転が生じる路面であることを前提に、劣悪な状態から脱出するための制御も行う。

ノート e-POWERには雪道専用モードがないが、エコモードでの走行がおすすめ

日産 ノートのe-POWERにもドライブモードが採用されるが、ノーマル、エコ、スポーツの切り替えだから、雪道や悪路用は設定されていない。それでも4WDは、後輪を前輪とは別のモーターで駆動する方式だ。

後輪の駆動力は、最高出力が68馬力、最大トルクは10.2kg-mとされ、モーターはアクセル操作に対する瞬発力も高い。雪道を走ると、発進時以外でも、後輪を駆動するモーターの力強さや優れたコントロール性を感じることがある。

ノートで雪道を走る時のドライブモードは、通常であれば、駆動力の伝達が穏やかなエコモードが走りやすい。ただしアクセルペダルを戻した時に、強い制動力が発生するワンペダル運転が不慣れなドライバーは、ノーマルモードを使うと良い。

次回は「4WDの三菱」、アウトランダーとデリカD:5についても触れていきたい。

【筆者:渡辺 陽一郎】

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
306.9万円385万円
中古価格:
34.8万円453.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる