スバル フォレスター 新旧比較! 新型“レヴォーグ”顔に生まれ変わったフォレスターを旧型と見比べてみた!

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:茂呂 幸正・和田 清志・MOTA編集部・SUBARU
画像ギャラリーはこちら
スバルが主力SUV「フォレスター」のマイナーチェンジモデルを2021年6月14日に発表した。先行予約を開始し、正式発売は2021年秋を予定する。今回は現行型フォレスターの画像と共に比較し、新旧モデルの違いや進化について見てみよう。

>>新旧の「スバル フォレスター」を写真で見る[画像67枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 2021年秋の発売に先駆け、早くもスバルが新型フォレスターの先行予約を開始
  2. 2018年登場の現行型フォレスターで採用した新デザインテーマをさらに進化させた新型の外観デザイン
  3. 新型ではナッパレザーのブラウン×ブラック内装も新設定 包まれ感ある立体的なインパネは従来型を継承

2021年秋の発売に先駆け、早くもスバルが新型フォレスターの先行予約を開始

スバル フォレスターは初代が1997年にデビュー。現行型で5代目となる。現在、世界中のスバル車で最も台数を販売している同社の主力モデルだ。5代目の登場は2018年。力強いスタイリングや、新開発のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用するなど、すべてを一新させた意欲作だ。

初のハイブリッドモデル“e-BOXER(イーボクサー)”を設定したほか、2020年10月には新型レヴォーグに搭載する1.8リッター直噴ターボモデルも追加するなど、常に改良を加えながら進化を続けているモデルだ。

今回、現行型としては初の大規模なマイナーチェンジ実施に伴い、デザインなどにも手を加えた。その詳細を画像と共に見ていこう。

2018年登場の現行型フォレスターで採用した新デザインテーマをさらに進化させた新型の外観デザイン

新型フォレスターは、新型レヴォーグ(2020年デビュー)から始まったスバルの新デザインテーマ“BOLDER(ボルダー)”の概念に基づき、フロントマスクを一新した。水平対向エンジンと四輪駆動をコア技術に持つスバルの“安心と愉しさ”をデザインに表現したものだという。

現行型と見比べるとフロントグリルは拡大し、ヘッドライトのデザインも個性を増した。新型フォレスターは全体に力強さを増した形状だとわかる。

現行型(旧モデル)も、デビュー時にスバルの新デザインテーマ“DYNAMICxSOLID(ダイナミック×ソリッド)”に基づき、こちらもSUVらしい力強いデザインで造形されていた。なおスバルでは、新世代“BOLDER”デザインは、“DYNAMICxSOLID”の思想を進化させたもので、同一線上にある概念だと説明する。

新旧のフォレスターを改めて見比べてみると、メッキ加飾などは現行型のほうがむしろふんだんに用いられていて豪華な印象もある。ここは新旧で好みが分かれるところかもしれない。

いっぽうで、リア回りに大きな変更はない。ただ、不思議と新型のフロントマスクデザインとリアコンビランプの形状に整合性がある点は興味深いところだ。

新型ではナッパレザーのブラウン×ブラック内装も新設定 包まれ感ある立体的なインパネは従来型を継承

内装デザインは、基本的な造形は継承されている。写真は上級グレード「Advance(アドバンス)」の本革・ブラウン内装。ブラウンとブラックの2色つかいとし、本革には上質なナッパレザーを採用している。

“DYNAMICxSOLID”の思想は内装デザインにも生かされており、現行型フォレスターのインパネは従来方に比べ立体感と包まれ感を強調した形状となった。

ナビ上にあるモニターエリアの上には画像を使った顔認識・個人認識が出来る「ドライバーモニタリングシステム」と呼ばれる機能が備わり、運転者のヒューマンエラーを監視してくれる。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部/撮影:茂呂 幸正・和田 清志・MOTA編集部・SUBARU]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
29.8万円372.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる