トヨタ ライズに待望のハイブリッド車“e-SMART” 2021年11月発売へ! 追ってルーミーにも搭載か

画像ギャラリーはこちら
ダイハツが2021年10月1日(金)に発表した、新開発の“e-SMART HYBRID(イースマートハイブリッド)”。これはコンパクトSUV「ロッキー」に新搭載されるハイブリッドシステムで、11月より発売を開始する。当然ながら、ロッキーのトヨタ版兄弟車「ライズ」についても同時期に発売されるだろう。

1.2リッターエンジンで発電し100%モーターの力で走行する、いわばトヨタ・ダイハツ版“e-POWER”と言えるシリーズ式ハイブリッド。その詳細をご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 日産がe-POWERで大ヒットさせたシリーズ式ハイブリッドをダイハツ・トヨタも新開発
  2. デビューから丸2年を迎えたロッキー/ライズに新たなラインナップ追加! 価格差35万円程度ならかなり魅力的な存在に
  3. ダイハツ・トヨタのコラボモデル「トール」「ルーミー」次期モデルにもe-SMARTハイブリッド搭載か

日産がe-POWERで大ヒットさせたシリーズ式ハイブリッドをダイハツ・トヨタも新開発

今回ダイハツが発表したシリーズ式ハイブリッドシステムの名称は“e-SMART HYBRID(イースマートハイブリッド)”

直列3気筒 1.2リッターガソリンエンジンを発電機専用として搭載し、100%モーター駆動によって走行する仕組みは、日産が新型ノートなどに搭載するハイブリッドシステム「e-POWER(イーパワー)」を想わせる。

ロングストローク化されたエンジン自体、高効率な高速燃焼を実現する高タンブルストレートポートなどの新技術を採用するなど、ハイブリッド用に最適化された設計とし、最大熱効率40%を誇る。通常走行のエンジン特性とは異なり、効率の良い回転域を中心とした作動となるため、低燃費化にも貢献する。

エンジンスペックや燃費性能についてはまだ一切公式発表はない。ヤリスクロス ハイブリッド並みの低燃費28.0km/L超え(WLTCモード燃費)に期待したいところだ。

デビューから丸2年を迎えたロッキー/ライズに新たなラインナップ追加! 価格差35万円程度ならかなり魅力的な存在に

さて、このe-SMART HYBRIDを搭載する予定のダイハツ ロッキーとその兄弟車、トヨタ ライズは、2019年11月にデビューしたコンパクトSUVだ。

全長4メートル以下と極めて小さなサイズながら、SUVらしさを感じさせる力強いデザインや、1リッターガソリンターボエンジンのパワフルな走り、さらには主力グレードを200万円以内に収めた低価格設定などで大ヒット。

自販連※調べによる2020年度(2020年4月~2021年3月)の新車販売順位では、トヨタ ライズが2位(ダイハツ ロッキーは26位)にランクインする大ヒット作となっている。

※自販連:一般社団法人 日本自動車販売協会連合会

ハイブリッド追加と共にロッキー/ライズの一部改良も実施か

ライズ/ロッキーのデビューからちょうど丸2年というタイミングで、新たなラインナップが追加されることになるが、気になるのは通常モデルとの価格差だ。

例えば同じコンパクトSUVのトヨタ ヤリスクロスの場合、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は37万4000円となっている。

もしライズ e-SMART HYBRIDがガソリンターボ車比で35万円差の設定だと仮定すれば、167万9000円から206万円のライズに対し、202万9000円から241万円という設定となる。これはハイブリッド車としても低価格な部類で、かなり魅力的な存在となるだろう。

ダイハツ・トヨタの戦略的な価格設定には大いに期待したいところだ。

また同時にライズ/ロッキーの一部改良も実施されると見込まれる。こちらの進化ぶりも楽しみだ。

ダイハツ・トヨタのコラボモデル「トール」「ルーミー」次期モデルにもe-SMARTハイブリッド搭載か

さて、ダイハツとトヨタのコラボモデルと言えば、ハイトワゴンの「ダイハツ トール」「トヨタ ルーミー」も大人気だ。2016年11月発売と、既にデビューから5年が経過するモデルだが、2021年上半期(2021年1月~6月)の新車順位でルーミーが2位にランクインするなど、こちらも大ヒットのロングセラーとなっている。

ロッキー/ライズ同様の1リッターターボと、ノンターボの1リッターエンジン車が用意される。ロッキー/ライズはダイハツの新世代DNGAプラットフォームがベースだが、トール/ルーミーは旧世代プラットフォームがベースだ。そのままe-SMART HYBRIDが搭載されるかどうかは不明。

モデルサイクルの都合上、次のフルモデルチェンジを待っての搭載となるのかもしれない。

ダイハツ トール/トヨタ ルーミーへのe-SMART HYBRID搭載についても、情報が入り次第追ってご紹介するから楽しみにしていて欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:土屋 勇人・TOYOTA・DAIHATSU]

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
170.7万円232.8万円
中古価格:
161.8万円308.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる