技術世界No.1を目指した日産車! 「901運動」で誕生した日産のスポーツモデル3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
1980年に日産が掲げた「901運動」をご存じですか? 901運動とは、「1990年代までに技術世界一を目指す」車づくり運動のこと。1990年代までに開発した全車種のシャシー、エンジン、サスペンション、ハンドリング、デザインなど全体的な品質向上が行われ、数多くの名車が誕生しました。今回は、901運動の最中に誕生した日産の名車3車種をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 欧州車を超えたコンパクトセダン 初代プリメーラ
  2. 901運動の重要モデル R32スカイライン
  3. 「スポーツカーに乗ろうと思う」と思わせるZ32フェアレディZ

欧州車を超えたコンパクトセダン 初代プリメーラ

1990年に登場したプリメーラは、日本のみならず、欧州市場もターゲットに見据えた5ナンバーのコンパクトセダン。日本市場には4ドアセダンのみの展開でしたが、同時に販売を開始した欧州では、5ドアハッチバックも導入されています。(1991年からは日本にも導入)

技術力世界一を目指していたことから、フロントサスペンションにマルチリンク式を採用。高いハンドリング性能は、欧州車を超えるほどの完成度と評価されました。

「プリメーラパッケージ」と評された優れた使い勝手

プリメーラは走行性能のみならず、居住性と使い勝手を両立したパッケージングも特筆すべきポイントです。「プリメーラパッケージ」と評されたパッケージングは、当時クラス最大級の広さを誇る室内と実用性を両立した設計がされています。初代プリメーラのパッケージング開発には、R35 GT-Rの開発責任者としても知られる水野和敏氏も参画していました。

日産 初代プリメーラの中古車相場

■中古車掲載台数:4台

■中古車相場:41.8万円~66万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点のデータ

901運動の重要モデル R32スカイライン

1989年に登場した通算8代目となるスカイライン。ボディサイズを縮小し、スポーツセダン&クーペのキャラクターを明確にしたのは当時としては珍しいことでした。同時にメカニズムも一新されています。

エンジンは、名エンジンとしても名高い直列6気筒(RB型)と直列4気筒(CA型)をラインナップ。直列6気筒ターボのRB20DETは、最高出力215馬力を発生します。

サスペンションは、マクファーソンストラット式からマルチリンク式に変更。見た目以上に中身を大幅に進化させ、日産の技術力の高さをアピールしました。

「GT-R」の復活

R32スカイラインで欠かすことができないトピックといえば、GT-Rが復活したことです。直列6気筒 2.6リッター RB26DETT型ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は280馬力を発生。チューニング次第で、1000馬力以上の出力を叩き出すこともできるポテンシャルを秘めています。

また、R32スカイラインGT-Rは、四輪駆動システムの「ATTESA E-TS」、四輪操舵システムの「Super HICAS」などの最新デバイスも搭載し、高い技術力を詰め込んだ仕様になっています。

日産 R32スカイラインの中古車相場

■中古車掲載台数:93台(R32スカイラインGT-Rを含む)

■中古車相場:95万円~1,598万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点のデータ

「スポーツカーに乗ろうと思う」と思わせるZ32フェアレディZ

1989年に通算4代目となったZ32フェアレディZは、ワイド・アンド・ローのスタイリングが目を引きます。また、固定式の傾斜がついたヘッドライトとワイドな印象を強めるリアライトにより、一目でZ32であると認識できるのもポイントです。

デザインを一新したZ32フェアレディZは、低いボンネットの中に収められたツインターボ V6エンジン(VG30DETT型)は、開発当初300馬力を予定。しかし、国からの指導により280馬力に抑え、日本における「280馬力自主規制」のきっかけとなりました。

最新デバイスも搭載されていたZ32

901運動により技術力の向上を目指していたため、Z32フェアレディZにも最新のデバイスが搭載されました。3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載モデルには、R32スカイラインGT-Rと同様に四輪操舵システム「Super HICAS」が組み込まれ、高い操縦安定性を目指しています。

日産 Z32フェアレディZの中古車相場

■中古車掲載台数:63台

■中古車相場:74万円~329.8万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点のデータ

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
12万円750万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
38.6万円1,601.7万円
日産/プリメーラ
日産 プリメーラカタログを見る
新車価格:
203.3万円267.3万円
中古価格:
32万円85万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる