スバルといえばやっぱりコレ!黄金期を支えた車種3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日本車メーカーで唯一、水平対向エンジンと四輪駆動を採用した独自のレイアウトが特徴のスバル。今回は、経営危機からV字回復を果たしたのち、さらなる飛躍を見せた“黄金期”の原動力となった3車種をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 国産ステーションワゴンの絶対王者! 3代目レガシィ
  2. スバルの名を世界に知らしめた 初代インプレッサ
  3. スバルの良さを詰め込んだクロスオーバーSUV 初代フォレスター

国産ステーションワゴンの絶対王者! 3代目レガシィ

1998年のフルモデルチェンジでデビューした3代目レガシィ。開発において「レガシィを極める」というコンセプトが掲げられていました。

初代レガシィがハイパワーステーションワゴンのきっかけを作り、2代目は他メーカーの追従を許さないほど大ブレイク。3代目では、いわばレガシィの完成形に達し、スバルのフラッグシップの座を担っていました。

磨きをかけた5ナンバーワゴン

3代目レガシィはスポーツワゴンとしての性能をさらに磨き、自らが持つ無改造量産ステーションワゴンの世界最速記録を更新。アメリカで行われた挑戦では、1kmの区間平均速度270.532km/hを達成しています。

5ナンバーサイズで扱いやすく使い勝手と走行性能を両立。5ナンバーサイズで販売されるレガシィは、3代目が最後となってしまいました。

3代目レガシィの中古車相場

■中古車掲載台数:97台

■中古車相場:12万円~330万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点のデータ

スバルの名を世界に知らしめた 初代インプレッサ

スバル 初代インプレッサは、レガシィが上級車種へ移行したため、Cセグメントを担う車種として誕生しました。世界戦略モデルとして開発され、コンパクトで使い勝手が良く、スポーティーなテイストも盛り込まれています。バリエーションは、5ドアハッチバックのスポーツワゴン、4ドアセダン、2ドアクーペをラインナップしていました。

ラリーの参戦とWRXの誕生

丸みがありコンパクトなボディであるため、やや大衆車のような雰囲気の初代インプレッサですが、その開発目標の一つが、世界ラリー選手権(WRC)での勝利です。1993年まで参戦していた初代レガシィよりも小型化したことなどが功を奏し、1995年から3年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得。日本のみならず、ラリーの本場である欧州を中心に、「スバル」の名を世界に知らしめました。

初代インプレッサの中古車相場

■中古車掲載台数:15台

■中古車相場:58万円~212.2万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点、初代インプレッサ セダンのデータ

スバルの良さを詰め込んだクロスオーバーSUV 初代フォレスター

1997年にデビューしたフォレスターは、インプレッサのプラットフォームをベースに作られたクロスオーバーSUV。オフロード走行に必要な地上高を持ちながら、オンロードでの走行安定性も犠牲にしていない独自のキャラクターがフォレスターの持ち味です。

オフロードを意識したモデルは、得てしてオンロードでの走行性能を犠牲にしがちでしたが、低重心な水平対向エンジンと左右対称な4WDレイアウトによって、オンオフ問わず高い走行性能を誇っていました。

SUVにも「STI」を設定

SUVでありながら、オンロードでも高い走行性能が認められていた初代フォレスターは、2000年にスポーティーグレードである「STI」を追加。エアロパーツの装着、車高ダウン、ステアリング比の変更など、SUVであってもスポーティーな走行を楽しむことができました。

初代フォレスターの中古車相場

■中古車掲載台数:11台

■中古車相場:18万円~79.2万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月3日時点のデータ

スバル/レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴンカタログを見る
新車価格:
264万円381.7万円
中古価格:
20万円395万円
スバル/インプレッサスポーツワゴン
スバル インプレッサスポーツワゴンカタログを見る
新車価格:
122.1万円269.5万円
中古価格:
22万円193.4万円
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
27.9万円368.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レガシィツーリングワゴンのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レガシィツーリングワゴンの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レガシィツーリングワゴンの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レガシィツーリングワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる