日産の電動化技術“e-POWER”デビューから4年! 2020年登場のキックス e-POWER、ノートやセレナとどこが違う!?

画像ギャラリーはこちら
日産が推し進める最新技術戦略の中で「e-POWER」は特に重要視される電動化技術だ。2016年にコンパクトカーの「ノート」に初搭載。2018年のミニバン「セレナ」採用に続き、2020年6月に登場した「キックス」は、SUVで初のe-POWER搭載車となる。キックスではそれまでの経験を踏まえ、e-POWERがさらに進化を遂げているという。その詳細を改めて解説しよう。

これはEV? それともHEV!? 日産 キックスを写真でもっと見る[画像40枚]

日産独自の電動化技術“e-POWER”とは

そもそも日産のe-POWERとは何者なのか。日産では「充電のいらない電気自動車の新しいカタチ」(ノート e-POWER公式サイトより)などと主張しているが、EV(電気自動車)なのだろうか。その点から解説していく。

e-POWERとは、日産独自のハイブリッドシステムのことを指す。ガソリンエンジンと電気自動車「リーフ」用の大出力モーター、発電機、インバーターを一体化したパワートレインと、高電圧バッテリーで構成。エンジンは駆動には直接つながっておらず発電専用とし、100%モーターで駆動させる。

これがトヨタ車などで広く採用されるパラレルハイブリッドシステム(エンジンとモーターで駆動)との大きな違いで、日産が電気自動車の新しいカタチと主張しているポイントでもある。

2016年に初搭載されたe-POWER

2016年に登場した現行型の日産 ノート e-POWERが搭載する駆動用モーターの性能は、最高出力が109馬力、最大トルクは25.9kg-m。これに対し2018年に登場したミニバンのセレナ e-POWERの最高出力は136馬力、最大トルクは32.6kg-mと増強されている。これは車体重量1190kg~1230kgのノートに対し、車両重量1740kg~1780kgと重たいセレナに向け改良されたため。

2020年登場のキックスでe-POWERはさらに進化を遂げた

そして2020年に新規追加されたSUVの新型車、キックス e-POWERは、駆動用モーターの最高出力が129馬力、最大トルク26.5kg-mとセレナ並みにパワーアップされている点が特徴だ。キックスの車重は1350kg。コンパクトカーのノート e-POWERに対し100kg少々の重量差しかなく、よりきびきびした走りが可能となった。

さらにノートやセレナでの経験値を踏まえ、エンジンの作動時間もさらに短縮。遮音・吸音性能の向上と相まって、従来以上に静かな走りも実現させている。

e-POWERは今後どうなる!?

日産では今後e-POWER搭載車をグローバルにも展開し、搭載車種も増やしていくと中期経営計画の場などで公言している。2020年登場のキックス e-POWERは、日本以外で初めて海外(タイ)生産を開始した世界展開の第一弾モデルでもあるのだ。

e-POWERのパワートレイン自体も、次世代型へ進化させることが計画されている模様。発電専用エンジンの効率もさらに向上させたものとなりそうだ。次なる展開にも大いに期待したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円308万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる