競合ひしめくコンパクトSUVでキックスの立ち位置は!? 新型キックスe-POWER 公道試乗&購入ガイド

画像ギャラリーはこちら
日産が10年ぶりの新型車となるコンパクトSUV“キックス e-POWER”を2020年6月に導入した。2010年にデビューし好評だった初代ジュークの後継モデルとなるキックスの購入ガイドを、国内外の新型車事情に精通するカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏がお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. 視界良好で、質感も高いインテリア
  2. 新型キックスの価格・装備を気になるライバルと比較
  3. 新型キックスはライバルと絶妙な位置づけで、購入検討者の選択肢を広げている

視界良好で、質感も高いインテリア

前回は、新型キックスe-POWER 公道試乗&解説をお届けしたが、今回はインテリアの質感、居住性能、価格面でのライバル比較をお届けする。

▼日産 新型キックスの公道試乗&解説はコチラ▼

新型キックスの視界は、前方が見やすい。側方は平均水準で、斜め後方はボディ後端のピラー(柱)が太めに感じるが、コンパクトSUVの中では悪くない部類に入る。最小回転半径は5.1mだから、小回り性能は良好だ。

内装の質も、おおむね満足できる。インパネのステッチ(縫い目)にも本物の糸が使われて肌触りも良い。エアコンのスイッチは高めに装着されて使いやすい。

前席は座り心地が少し硬い。背もたれのサイドサポートが、体を左右からしっかり押さえる感覚もある。リラックス感覚は弱いが、運転姿勢は乱れにくい。

後席の座り心地も硬めだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の頭上空間は握りコブシ1つ分、膝先空間は2つ弱であった。背もたれの角度は、日本車として立ち気味になる。開発者は「キックスの後席はジュークよりも広い」とコメントしたが、さほど大きな違いではない。後席はホンダ ヴェゼルに比べて明らかに狭く、コンパクトカーの日産 ノートと比べても窮屈に感じる。ノートの膝先空間は握りコブシ2つ半と余裕がある。開発者は「キックスの後席はノートと同等か、それ以上に広くて快適」というが、実際は4名乗車は可能ながら、ノートほど広々した印象はない。

その代わり新型キックスは荷室が広い。奥行寸法は900mmを確保して、ゴルフバッグやスーツケースを積みやすい。カタログを見ると、後席に乗員が座っている写真はなく、荷物を積んだカットを大きく掲載している。ターゲットのユーザーも、独身を含んだ20~30代と、子育てを終えた40代以上だから「2名乗車+荷物」を意図しているのだろう。

新型キックスの価格・装備を気になるライバルと比較

新型キックスの装備は、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能のプロパイロット、SOSコール、サイド/カーテン/ニーエアバッグ、17インチアルミホイール、ルーフレールなどをフルに装着した。価格はXが275万9900円、X ツートーンインテリアエディションは286万9900円だ。競合車種のヴェゼル ハイブリッド2WD・Z ホンダセンシング(276万186円)と同等以上の装備を採用しながら、価格はキックスXが若干安い。

2020年8月31日に発売されるトヨタ ヤリスクロス ハイブリッド2WD・Z(258万4000円)に比べると、新型キックスは17万5900円高いが、後席と荷室の広さも上まわる。キックスは全長が110mm長いこともあり、後席の足元空間もヤリスクロスより広く、荷室の奥行寸法は約80mm長い。

新型キックスはライバルと絶妙な位置づけで、購入検討者の選択肢を広げている

ヴェゼルはキックスに比べると運転感覚が少し緩く、設計の古さも感じるが、居住空間は広くリラックス感覚も伴う。ヤリスクロスはスポーティで価格を抑えたが、車両の性格は以前のジュークに近く、新型キックス以上にパーソナル指向が強い。

つまり新型キックスは、ヴェセルとヤリスクロスの中間的な位置付けで、コンパクトSUVの選択肢を広げている。今のSUVは、エクストレイルやトヨタ RAV4などのミドルサイズが売れ筋だが、今後はコンパクトが注目されそうだ。

[筆者:渡辺 陽一郎]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円307.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる