どこが違うの!? 日産のコンパクトSUV「キックス」と「マグナイト」を写真でサクッと比較してみる!

画像ギャラリーはこちら
各メーカーから続々ニューモデルが登場し、いま注目度MAXなコンパクトSUVジャンルに、日産が新型車「マグナイト」を発表した。同じ日産で既に発売済みの先輩コンパクトSUV「キックス」とは何がどう違うのか。写真とともにサクッと見比べてみよう!

注目度MAXな2台! 日産の新型コンパクトSUVをサクッと写真でチェックしてみる

日産の最新コンパクトSUV2台はどこがどう違うのか!?

2020年10月21日、日産から全く新しいコンパクトSUVモデル「マグナイト」が発表された。まずインドで2021年初頭に発売され、その後他の地域へ展開していくという。

日産のコンパクトSUVといえば、6月に日本で発売が始まった「キックス e-POWER」が既に存在している。マグナイトとキックス、この2台は何がどう違うのだろうか。写真で比較してみよう。

インドで世界初公開された「マグナイト」とはどんなクルマ!?

今回インドで世界初公開された日産 マグナイト。ボディサイズの詳細などはまだ明らかにされていないが、全長4メートル以下に収まっていることが発表されている。現行の日産車で比較すると、「マーチ」が全長3825mm、「ノート」が4100mmと、コンパクトカー並みの短さであることがわかる。しかし小さいながらも力強いボディ形状で、なかなかの迫力だ。

日本で開発され、インドのルノー日産工場で生産されるマグナイト。インドでの事前告知サイトでも、日産栃木試験場で様々なテスト走行を行うシーンが公開されていた。

ちなみにインド仕様のマグナイトの最低地上高は205mm。悪路にも強くタフさをウリにするミディアムクラスSUV「エクストレイル」(日本仕様)と同等の高さを確保した。様々な路面環境に対応可能な走破性を重視していることがうかがえる。

搭載されているのは1リッターターボエンジンで、インドでは同セグメントの中でもトップクラスの性能を誇る。

タイから世界に輸出される「キックス e-POWER」

日産 キックス e-POWERは2020年5月にタイで発表された。タイの日産工場で製造され、世界へ輸出される。日本では6月から発売が始まった。

まずはキックスのボディサイズをチェックしてみよう。全長4メートル以下のマグナイトに対し、キックスは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmと、マグナイトに対しひと回り以上大きいことが分かる。ホイールベース2620mm、最低地上高は170mmだ(スペックは全て日本仕様)。

日本仕様のパワートレインは、1.2リッターエンジンと高出力モーターを組み合わせたe-POWER(シリーズハイブリッド)のみの設定。駆動方式はFF(前輪駆動)で、今のところ4WD版はない。なおエンジンの動力は発電用のみに用いられ、直接駆動することはない。WLTCモード燃費は21.6km/Lをマークする。

日本への導入に期待大! なマグナイト

マグナイトのインテリアは、際立った高級感こそないものの、カジュアルでモダンな印象。デジタル表示のメーターで、パネルは液晶表示となっている。

小型なボディサイズのため気になる室内空間の広さだが、写真で見る限り十分に確保されているように見える。

なお2020年10月時点では、日本でマグナイトが発売されるかどうかの発表は一切ない。

e-POWER専用のキックスとガソリンターボのマグナイト、共存は可能!?

キックスの価格は275万9900円から286万9900円まで。e-POWER専用車と割切ったキックスに対し、他社のコンパクトSUVは通常のガソリンエンジン版も設定し、200万円を切る廉価版も用意するから、キックスがちょっと割高に映ってしまう。その不器用な商売っぷりが、ちょっと勿体ない気もする。

ただし写真のツートーンインテリアエディションは、オレンジと黒の印象的な配色や、合皮シート地やソフトパッドで覆われたインパネ回りの質感の高さなど、価格に見合った特徴も有している。

いっぽうで、もしマグナイトの日本仕様が200万円を切る価格設定で導入されたりすれば、300万円近いキックスと、廉価なマグナイトが喰い合いせず素直に共存出来るようにも思えてくる。果たしてそうした戦略があるのかどうかすらも、現時点では不明なのだが…。

現在、全長4メートルを切るコンパクトSUVの「トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー」が超大ヒット作となっている。ど真ん中のライバルとなりそうな日産 マグナイトの早期日本導入には、大いに期待したいところだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円319万円
日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円401万円
中古価格:
24万円437.1万円
日産/ラシーン
日産 ラシーンカタログを見る
新車価格:
186.7万円241.8万円
中古価格:
33万円180万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる