これ日本でも売れるって! 日産、全長4メートル級のコンパクトSUVを10月21日インドで発表

画像ギャラリーはこちら
日産は2020年10月21日、インドでコンパクトSUV「マグナイト」を発表する。全長約4メートルの小さなサイズながら存在感あるデザインが魅力的で、日本でバカ売れ中の「トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー」の強力なライバルとなりえる1台だ。果たして日本デビューはあるのか。詳細をご紹介する!

日本にもピッタリだって! 日産のコンパクトSUV、その名も「マグナイト」を写真で見てみる

日本で開発されインドで生産されるコンパクトSUV

これ、日本でも売れるって! そう叫びたくなるニューモデルがインドで発表される。

日産は2020年10月21日、新型SUV「マグナイト」を世界初公開する。日本で開発されインドで生産する、全長約4メートルのコンパクトなBセグメントSUVである。日本で2020年6月に発売されたコンパクトSUV「キックス」の全長は4290mmなので、それよりもさらに小さいサイズとなる。ちなみにインドでは、全長4メートル以下の車両は税制優遇される。

マグナイトとは「magnetic」(磁気・磁石)と「ignite」(発火)の造語で、マグナイトの強烈な魅力(磁力)でユーザーを惹きつける(心に火をつける)、というニュアンスのようだ。

先行して2020年7月にはコンセプトモデル(TOP画像)が発表されているほか、日産・栃木工場のテストコースで軽い擬装(カムフラージュ)を施しただけの状態でテストする日産 マグナイトの様子も既に公開されている。

INSPIRED BY INDIA, DESIGNED IN JAPAN

発表を目前に控え、インドの日産公式Webサイトにはティザーキャンペーンページが立ち上がっている。

マグナイト コンセプトを紹介する公式動画のタイトルは「INSPIRED BY INDIA, DESIGNED IN JAPAN」。日産デザインダイレクターのKEI KYU氏が「KABUKU(かぶく)」「SUI(すい)」「INASE(いなせ)」のキーワードと共に、インドに触発され日本でデザイン・設計されたマグナイトの成り立ちを説明するなど、とにかく“インドと日本の融合”を推しているのが印象的だ。

Inspired by India, Designed in Japan. 【インド日産公式動画】

ルノー版の兄弟車は全長4メートルの3列シートSUV!

日産 マグナイトの詳細についてはまだ明らかにされていないが、現地報道などによると3気筒 1リッターターボエンジンを搭載する模様。ルノー日産三菱アライアンスで共同開発され、新興国向けの小型車や日本の軽自動車「デイズ」などに用いられるCMF-Aプラットフォームを採用し、インドで現地生産される予定だ。

インドの日産工場はルノーとの協業で、先行して「Renault TRIBER(ルノー トライバー)」の生産が始まっている。トライバーは1リッターノンターボエンジン搭載のコンパクトSUVで、マグナイト同様にCMF-Aプラットフォームがベース。全長4メーターの短い全長ながら3列シートレイアウトとなっているのが特徴だ。

2019年8月に発売されるや年内だけで24142台を販売しており、ファミリー層などから好評を博している。

ルノー トライバーとは異なり日産 マグナイトは5人乗りのレイアウト。若者向けのスタイリッシュなデザインやスポーティな走りなどで、ルノー版との差別化を図る。

日本では売るの? え、まさか売らないなんてことは…!?

当然気になるのは「日本でも売るの!?」である。現時点で日産の広報に問い合わせても「その予定はございません」のつれない返事。いやいやいや、そりゃないでしょう。

現在日本でも、全長4メートル級のコンパクトSUV「トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー」兄弟がバカ売れ状態だ。ライズは2020年度上半期(4月~9月)販売台数ランキング(軽除く)で、第2位(61035台)。21位のロッキー(14172台)と合わせれば、1位のヤリス(79400台)に肉薄するボリューム。

これを売らずして何を売る! という話なのだが、なんとも歯がゆい状態だ。「実はちゃんと日本版も用意しておきましたぜ」という嬉しいサプライズを大いに期待したい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
26.8万円325万円
日産/ジューク
日産 ジュークカタログを見る
新車価格:
177万円353.3万円
中古価格:
43万円252.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる