スポーツカー好きに嬉しいタコメーター表示付き! 先進性を感じる新型フェアレディZのメーターをご紹介

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:佐藤正巳/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
今年デビューする新車のなかでも、クルマ好きから特に注目を浴びているのが、日産の新型「フェアレディZ」だ。2020年夏に「プロトタイプ」としておおよそのデザインが公開され、先日(2022年1月)開催された東京オートサロン2022ではついに、日本仕様の市販モデルがお披露目された。

東京オートサロン2022で実車をチェックし、そこで確認できたことを踏まえて、今回は新型フェアレディZのおさらいをしつつ、インテリアにフォーカスして先代との違いを紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 限定車は約700万円だが、カタログモデルは500万円前後から用意される
  2. 車体骨格は従来モデルから継承されている
  3. ダッシュボードは2枚の液晶大型パネルを組み合わせている

限定車は約700万円だが、カタログモデルは500万円前後から用意される

東京オートサロン2022では、専用のインテリアをコーディネートした、初期導入モデルとなる特別仕様の240台限定車「Proto Spec」も発表された。

「Proto Spec」の価格は約700万円(696万6300円)と予想外に高いビックリプライスだが、理由は最上級グレードをベースとしているうえに専用の内装で仕立てたプレミアムなモデルだから。4月ごろに発表されると噂されているカタログモデルは、開発責任者である田村氏の説明によると「500万円台前半から」とのこと。

車体骨格は従来モデルから継承されている

エンジンは全車共通で、405馬力を発生する排気量3.0リッターのV6ターボ。ついに400馬力オーバーに突入したこのエンジンが、新しいフェアレディZの大きな特徴となる。

新型フェアレディZの車体骨格自体は従来モデルから継承されている。とはいえエンジンのパフォーマンスアップに合わせ、シャシーの約8割が新設計となるなど車体はしっかりと補強されているから、実質的にフルモデルチェンジに近い大幅改良だ。

ダッシュボードは2枚の液晶大型パネルを組み合わせている

また、ドアを開けて室内に乗り込むと、印象は従来モデルと大きく違う。なぜならインテリアの雰囲気を大きく変えるダッシュボードが刷新されているからである。

そのダッシュボードが先進性を感じさせるのは、2枚の液晶大型パネルを組み合わせているから。

メーターは12.3インチの全面ディスプレイ式で、センターディスプレイ(ナビ画面)も9インチと大きい。

メーターはスピードメーターとタコメーターを左右に置く「ノーマル表示」のほか「エンハンス表示」としてマルチディスプレイ部分に広い面積を割くデザイン、さらには大径タコメーターを中央に配した「スポーツ表示」の3タイプに切り替え可能。

ノーマルとエンハンスは日産 ノート オーラなどにも採用されているが、スポーツ表示は新型フェアレディZが初採用だ。

外観をいくらスポーティに見せていても、乗っているオーナーからすれば見えてみるのは内装のみ。しかし、ドライバーが「スポーツカーに乗っている」と感じられるメーターの表示は、実は大切な要素の一つだったりするのである。

【筆者:工藤 貴宏】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
41.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる