いよいよ2022年6月に登場予定の新型フェアレディZ最新情報! 先代と変わったところはデザインだけではなかった!

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:佐藤 正巳/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
2022年1月に開催された東京オートサロン2022で日本仕様が公開された新型フェアレディZ。前回の記事にもあったように、工藤貴宏さん自身も自動車ライターというよりひとりのクルマ好きとして注目している、つまり本気で欲しいと思っている車種である。

そんな個人的な想いもあって、東京オートサロン2022では舐めまわすように実車をチェック。内外装に新しい技術がふんだんに用いられていることがわかった。

そこで確認できたことを踏まえて今回は、新型フェアレディZに関して「新しくなった部分」をお伝えしよう。

目次[開く][閉じる]
  1. デザインは過去モデルをリスペクトした最新のもの!
  2. インテリアはデジタルディスプレイやステアリングも一新!
  3. 先進安全装備も充実! ACCで長距離運転もラクラクに

デザインは過去モデルをリスペクトした最新のもの!

新しくなっているポイントに関する注目のひとつは、なんといってもデザインだ。車体そのものは従来モデルの基本設計を継承しているが、前後のデザインは完全に新しくなっている。

フロントは初代「S30Z」、一方テールランプは4代目の「Z34」と過去のフェアレディZへのリスペクトを感じさせるデザインとなっているのがポイントだ。

そしてもうひとつの大きな変更点がパワートレイン。エンジンだ。従来と同じV6ではあるが、これまでは排気量3.7リッターの自然吸気とした「HQ37VHR」だったのに対し、新型は排気量3.0リッターとしてターボを備える「VR30DDTT」。そう、フェアレディZにターボエンジンが帰ってくるのだ。

驚くのはそのパワー。最高出力は405馬力で、フェアレディZ歴代最強となる。すなわち新しいフェアレディZは、史上最も速いZなのだ。

トランスミッションはマニュアルトランスミッション(MT)が6速と従来通り(とはいえギヤボックス自体はエンジンのトルクアップに対応して強化されている)だが、ATはこれまでの7速から9速へと多段化。2ペダル派にとってはこの進化も大きい。

インテリアはデジタルディスプレイやステアリングも一新!

インテリアを見ると、ダッシュボードが新デザインとなったことで印象は従来モデルと大きく異なる。上部中央にはアナログの3連メーターを継承する一方、メーターパネルは12.3インチのデジタルディスプレイとなり一気に先進的な印象に。

メーター表示テーマは3タイプに切り替えでき、大型タコメーターを中央に配置したスポーツ表示が特徴的だ。

また、センターには9インチと大画面のディスプレイが組み込まれている。

コックピットまわりを細かくみていくと、従来は油温計、電圧計、そしてデジタル時計だったインパネ上の3連メーターは、新型ではブースト計、ターボ回転計、そして電圧計になっている。ターボ回転計とは珍しいが、これはタービンの回転数を示すものだ。

ステアリングのスポーク部分に備わるスイッチも新しいし、日産車としてこれまで見たことがないタイプ。

全面を光沢ブラックとしてイグニッションを入れた時だけ表示が光るタイプ(フォルクスワーゲン 新型ゴルフGTIなどと同じ)で、左側がオーディオ&メーター表示切替、クルーズコントロールが中心となる右側には車間調整スイッチが組み込まれているところを見れば、ACCが搭載されると判断できる。ACCも従来型のフェアレディZにはなかったアイテムだ。

AT車にパドルが組み込まれるのは従来と同じだが、金属製の大型パドルがステアリングコラムから生えていた従来に対して、新型は樹脂製でステアリングスポーク裏の固定。つまりハンドルの回転とパドルの位置が同調する方式に変わっている。ハンドルといえば、従来はなかった前後調整機能(テレスコピック)が組み込まれるのは朗報だ。

またAT車は、一般的なタイプだったシフトセレクターが新型では電子式となっている。意匠は若干異なるが、現行「ノート」から採用がはじまった箱状のセレクターを前後にスライドする日産独自のタイプだ。

そのほかインテリアは、ドアトリムやセンターコンソールの形状も、従来型と同じように見えるが見比べると新しい意匠となっているのが分かる。

先進安全装備も充実! ACCで長距離運転もラクラクに

見えない部分として新しいのはやはり、先進安全機能の搭載だろう。時代の要求である衝突被害軽減ブレーキなどが、ついに組み込まれるのである。

新型をチェックしてみると、フロントウインドウ中央上部にカメラが、フロントバンパー開口部の中央下部にはミリ波レーダーが組み込まれているのがわかる。安全性が高まるとともに、ACCにより長距離移動での疲労を軽減してくれるのは従来モデルに対する大きなアドバンテージだ。

これらが新型フェアレディZの変わったところだ。14年ぶりのフルモデルチェンジとあって、技術も進歩し、かなり変化したことが分かる。次回はあえて変わっていないところも紹介していきたい。

【筆者:工藤 貴宏 カメラマン:佐藤 正巳/日産自動車】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
524.1万円696.6万円
中古価格:
45.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる