FUJITSUBOが新型フェアレディZと新型シビック・タイプRに対応したNEWマフラー「VVV(Concept)」を発表【東京オートサロン2023】

  • 筆者: 井口 豪
  • カメラマン:佐藤 正巳
画像ギャラリーはこちら

1931年の創業以来「最高の製品を生み出すこと」をポリシーに高性能・高品質のマフラーやEXマニホールドを製造してきた「FUJITSUBO(フジツボ)」。東京オートサロン2023では、日産 フェアレディZとホンダ シビック・タイプRの新型モデルに対応したスポーツマフラー「VVV(Concept)」を発表しました。

“サウンド&パワーコントロール機能”を搭載した進化型マフラー

今回、FUJITSUBOが発表した新作マフラーは、“サウンド&パワーコントロール機能”を搭載した進化型のスポーツマフラー。デモカーとなった新型フェアレディZ、新型シビック・タイプRともに、「VVV(ヴィダブリュ)」のConceptモデルを装着。吸排気バルブが開閉する“可変バルブ機構”を備えているのが大きな特徴です。

フェアレディZ用は専用リモコンで可変バルブの開閉が可能

フェアレディZに装着された「VVV(Concept)」は、フロントパイプ側に可変バルブを設置した新しいタイプのスポーツマフラー。バルブを閉めるとトルクがアップして音量は控え目になり、バルブを全開にするとパワーと音量が上がるという仕組みです。

可変バルブは付属の専用リモコンより開閉が可能なため、走行シーンに合わせてパフォーマンスや音量を素早く変更できるのがメリット。

シビック・タイプR用は純正制御システムを活用した設計

一方のシビック・タイプRに装着された「VVV(Concept)」は、純正同様に3本出しレイアウトを採用。こちらはリモコンで可変バルブを開閉するシステムではなく、車両のドライブモードに応じてバルブが開閉するというもの。

シビック・タイプRには3つのドライブモードに加え、+Rモードスイッチが搭載されています。例えば、クルマの応答性を最大化するという+Rモードをオンにすると、可変バルブは全開になってスポーティなサウンドとパワフルな走りが楽しめるといった設計です。

「VVV(Concept)」はノーマルの静かさもスポーティなサウンドも両方楽しめる! もちろん安心の車検対応品

今回紹介したFUJITSUBOのマフラーは、どちらも車検対応品。もちろん、公道でも安心して使用できます。「マフラーを交換したいけど音量が気になる」「たまにはスポーツ走行も楽しみたい」といったユーザーにオススメです。

コンセプトモデルなので、価格は未定。決まり次第、公式サイトで公開されますので、興味のある方はオフィシャルサイトをチェックしてみてください。

>>「VVV」の詳細はこちら(オフィシャルサイト)

>>東京オートサロン2023の特集ページはこちら

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
539.9万円920万円
中古価格:
45.9万円3,340万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州だが、出身は埼玉県。タウン誌編集部や自動車雑誌編集部勤務を経て、2004年にフリーライターに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境アセスメント、各界インタビューなど、幅広い分野で執筆活動を展開する。2022年には令和3年度行政書士試験に合格し、東京都行政書士会に登録。「行政書士いのくち法務事務所」で行政書士業務もこなすマルチ法務ライター。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる