autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型BMW Z4が日本国内で発売|価格は566万円~

自動車ニュース 2019/3/25 11:59

新型BMW Z4が日本国内で発売|価格は566万円~

関連: BMW Z4
BMW、新型Z4を発表
BMW、新型Z4を発表BMW、新型Z4を発表BMW、新型Z4を発表BMW、新型Z4を発表画像ギャラリーはこちら

新型スープラと兄弟車のBMW Z4、日本国内で発売

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、同社のロードスター・モデルの象徴的存在として約2年ぶりに復活したZ4の販売を、日本国内で開始すると発表した。価格は566万円~(消費税込み)。2019年3月25日より販売が開始される。

>>【画像】新型のルーフはソフトトップに! ルーフ開閉の様子をチェック

BMW Z4の特徴

■縦型ヘッド・ライトやメッシュ状のキドニー・グリルなど、新しく特徴的なデザイン・コンセプトを採用。

■時速50kmの走行時も10秒でオープン/クローズ可能なソフト・ルーフを装備。

■高い俊敏性と操作性を実現させる、絶妙なボディバランスを実現。

■AI技術を活用した最新のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを搭載。

BMW Z4 モデル詳細

BMW、新型Z4を発表

新型BMW Z4は、60年以上の歴史を誇る伝統あるBMWロードスターの新型モデルに相応しい俊敏性、運動性、正確なハンドリング性能を実現させるため、高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現している。

特に先代モデルと比較して、85mm長くなった全長に、75mm拡大した全幅、15mm高くなった全高に対して、ホイールベースを25mm短くすると共に、より重心を下げるソフトトップを採用することで、高い俊敏性、操作性を備えたモデルとなっている。

今回採用されたソフトトップは、低重心なシルエットに調和するコンパクトなデザインとなっており、オープン/クローズ時共に281Lのトランク容量を確保している他、時速50km以下の走行時も10秒での開閉が可能。

そして、AIを活用した最新のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを搭載することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となり、運転中でも視線をずらすことなく目的地変更等を行うことも可能となっている。

デザイン上の特徴

BMW、新型Z4を発表BMW、新型Z4を発表

デザイン面では、一目で新型BMW Z4だと分かる、新しいコンセプトが採用されている。

ボディの端に沿うように配置されたヘッドライトは、内部にある2個の光源を縦方向に配置すると共に、BMWの象徴的存在であるキドニーグリルには、新しくメッシュ状のワイドなデザインが採用されている。

ホイールハウスを覆うクラムシェル型エンジンフードは、クラシックなスポーツカーを彷彿させ、洗練されたフロントデザインを実現している。そして、ボディ側面に現れるエンジンフードの端を起点に、テールランプまで長く鋭いキャラクターラインが刻まれ、丸みを帯びたシルエットと相まって、ボディ側面を流れる空気の流れを可視化したようなデザインになっている。

リアは、ボリューム感のある丸みのあるシルエットに、細長いデザインのL字型テールランプや、シャープに形作られたリアスポイラー、水平方向に流れるプレスラインによって、低重心かつ力強い印象を与えている。

走行性能

■2種類のエンジンをラインナップ

BMW、新型Z4を発表

新型BMW Z4は、BMWのロードスターを象徴するに相応しいスポーティな走行性能を実現するため、綿密に計算されたボディバランスと空力特性に加えて、最高出力145kW(197PS)/4,500rpm、最大トルク320Nm/1,450-4,200rpmを発揮する2リッター直列4気筒ツインパワー・ターボ・ガソリンエンジン及び、最高出力250kw(340PS)/5,000rpm、最大トルク500Nm/1,600-4,500rpmを発揮する3リッター直列6気筒M Performanceツインパワー・ターボ・エンジンの2つのエンジンをラインナップしている。

■高い操縦性を実現するサスペンション

そして、この新世代エンジンの実力を最大限に引き出すため、新型BMW Z4 sDrive20i M Sportには、Mスポーツサスペンションに加えて、オプションで電子制御ダンパーを備えたアダプティブMスポーツ・サスペンションが装備可能となっている。

また新型BMW Z4 M40iには、アダプティブ Mスポーツサスペンションを標準装備すると共に、コーナリング後の加速性の向上や安定性等を飛躍的に向上させるMスポーツ・ディファレンシャルを搭載している。

さらに、力強く俊敏な走行性能を備えた車両を的確に操作するバリアブル・スポーツ・ステアリングが、BMW Z4として初めて全車に標準装備されている。

インテリアデザイン

BMW、新型Z4を発表BMW、新型Z4を発表

新型BMW Z4は、BMWの哲学でもあるドライバー・オリエンテッドなインテリアを採用し、運転中のドライバーの集中力を妨げない位置に操作スイッチを配置し、10.25インチのコントロール・ディスプレイや、フルデジタルメーターパネルなど、視認性を高めたディスプレイを装備している。

さらに、ロードスターのセグメントとして初めて、ヘッドアップディスプレイを装備することが可能となった。

先進的な表示システムと調和するように、マット・アルミニウム加工が施されたトリムが各部に効果的に採用され、洗練された上質な空間を実現している。

さらに、外装デザインと室内空間の調和をもたらすため、ドアトリムには、ボディサイドの造形を模したデザインが採用されている。これにより、ルーフを開けた状態での走行時も一貫して、新型BMW Z4の世界観を保ちながらドライブを楽しめる。

※写真は欧州仕様、日本仕様は右ハンドルとなる。

BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント

BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能である。今までの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどドライブにおける真のパートナーとしての役割を担うことが可能となる。

そして、BMWのインテリジェント・パーソナル・アシスタントの最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点である。

例えば、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、「XXX(例:ゼット・フォー)」と、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することができる。

BMWコネクテッド・ドライブ

BMW、新型Z4を発表

新型BMW Z4には、BMWコネクテッド・ドライブを標準装備している。

これは車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をITネットワークで繋ぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして2013年に輸入車として初めて導入された。

またスマートフォン向けアプリの導入により、車両情報やニュース等へのアクセスを可能にし、ユーザーの利便性を向上させるサービスを提供してきた。

さらに、2018年8月には、より操作性・利便性を高めた新たな機能を追加すると共に、新しいスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」を導入。車とユーザー、情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わった。

BMW Z4のグレードと価格

■BMW Z4 sDrive20i:5,660,000円

■BMW Z4 sDrive20i Sport Line:6,150,000円

■BMW Z4 sDrive20i M Sport:6,650,000円

■BMW Z4 M40i:8,350,000円

※いずれも消費税込み。

BMW Z4の主要諸元

■BMW Z4 sDrive20i

・全長:4,335mm×全幅:1,865mm×全高:1,305mm

・ホイールベース:2,470mm

・車両重量:1,490kg

・排気量:1,998cc

・エンジン:直列4気筒ツインパワー・ターボ・エンジン

・最高出力:145kW(197ps)/4,500rpm

・最大トルク:320Nm/1,450-4,200rpm

・燃料消費率:12.6km/L(WLTCモード)

■BMW Z4 M40i

・全長:4,335mm×全幅:1,865mm×全高:1,305mm

・ホイールベース:2,470mm

・車両重量:1,570kg

・排気量:2,997cc

・エンジン:直列6気筒ツインパワー・ターボ・エンジン

・最高出力:250kW(340ps)/5,000rpm

・最大トルク:500Nm/1,600-4,500rpm

・燃料消費率:12.2km/L(WLTCモード)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW Z4 の関連編集記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR