autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 BMW 新型3シリーズ 発表会レポート | 3眼カメラと“OK,BMW”で未来へ発進!【動画あり】

新型車リリース速報 2019/1/30 17:46

BMW 新型3シリーズ 発表会レポート | 3眼カメラと“OK,BMW”で未来へ発進!【動画あり】(1/2)

関連: BMW 3シリーズ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン 編集部
BMW 新型3シリーズ
BMW 新型3シリーズBMW 新型3シリーズBMW 新型3シリーズBMW 新型3シリーズ発表会画像ギャラリーはこちら

BMWの主要モデル、5年ぶりのフルモデルチェンジ

BMWは2019年1月30日、フルモデルチェンジした新型3シリーズを発表した。価格は452万円から。予約は既に開始されており、発売日は同年3月9日を予定している。

1月30日には記者会見が行われ、ビー・エム・ダブリュー株式会社のペーター・クロンシュナーブル社長とBMW ブランド・マネジメント・ディビジョン プロダクト・マネジャーの御舘康成氏が登壇。同社の主要モデルであり、かつプレミアムスポーツセダンとして支持され続けてきた本モデルがフルモデルチェンジでどう進化したのか、その魅力を語った。

◆BMW 新型3シリーズの内外装を写真で見る

新型3シリーズ、3つの注目ポイントをチェック

BMW 新型3シリーズBMW 新型3シリーズ

欧州では昨年10月に発表されていた新型3シリーズ。型式名としては「G20型」となっている。フルモデルチェンジで進化したポイントについて、順を追って説明していこう。

3眼カメラが初採用された運転支援システム

BMW 新型3シリーズ

新型3シリーズでは、運転支援システムが大幅に強化された。代表的なものが、新たに導入された3眼カメラ。衝突軽減ブレーキや車線維持補助機能などのためにボディ前方を向いたカメラが装着される事例は他社でも多いが、3つも組み合わせられる例は珍しい。

3つ取り付けられた目的は、レーンキープ性能の向上。

■車両周辺監視用単眼カメラ

・視野角度:150度

・検知距離:20m程度

■中距離検知用単眼カメラ

・視野角度:52度

・検知距離:120m程度

■長距離検知用単眼カメラ

・視野角度:28度

・検知距離:300m程度

目的の異なる3つのカメラを組み合わせられ、さらにレーダーも用いられることで、より正確に検知することが可能となった。この国内販売モデル初採用のカメラシステムは、新型3シリーズに標準装備されている。

御舘氏は、このシステムの採用に関して「単に予防安全機能が付いているか・付いていないかという問題ではなく、どこまで高い安全性をお客様にお届け出来るかという視点から、3シリーズではクラスを超えた性能をお届けする」とコメントし、BMWの安全に対する意識の高さをアピールした。

AIとオペレーターが二人三脚でドライバーをサポート

新型3シリーズでは、車の音声コントロール機能も充実。自然な会話で操作や情報検索ができる「BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント」が採用された。

「OK,BMW」AIにと話しかけることで、エアコン、シートヒーターなどの操作や、近隣の道路状態や店舗情報を調べたりすることが出来る。話しかけるワードは、「OK,BMW」だけでなく、好みの単語を設定することができるので、独特の単語を口にすることに抵抗感を感じていた人も安心だ。

ちなみに、発表会のプレゼンテーションでは「K.I.T.T(キット)」と、80年代の米国テレビドラマ「ナイトライダー」をイメージしたニックネームで呼んでいて、思わずニヤリとさせられたマスコミ関係者も多かったはず。

注目したいポイントは、音声コントロール機能からオペレーターを呼び出すことも可能ということ。クルマが調べた情報で満足できなかった場合でも、これなら目的を最後まで達成することが可能となる。

BMWらしい高い走行性能は健在

BMW 新型3シリーズ

最後に紹介するのは、3シリーズの特長として忘れてはならない走行性能について。御舘氏は「我々は3シリーズで常に『究極のスポーツセダンドライビング体験をお届けしてきた』という大きなプライドを持っている。本モデルでも、スポーツセダンとして新たなレベルの走行性能の基準を実現できた、と自負している」と語る。

具体的なポイントとしては、新開発のシャーシが採用され重心が10mm下げられたことや、設計重量値で55kgの軽量化が行われたことが改良された点となっている。もちろん、BMWがこだわる前後50:50の重量配分も健在だ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 3シリーズ の関連編集記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR