autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、電動車販売台数が過去最高を記録!2017年度は152万台を達成

自動車ニュース 2018/2/2 14:26

トヨタ、電動車販売台数が過去最高を記録!2017年度は152万台を達成

トヨタ プリウスPHV

トヨタは、2017年の電動車販売台数が過去最高となる152万台(前年比108%)を達成したことを発表した。

2017年に公表した「2030年に電動車販売550万台以上」という目標に向けて着実に電動車を普及させるとともに、「トヨタ環境チャレンジ2050」にある“2020年までに年間販売台数150万台”を、3年前倒しして達成した。

さらに、1997年のプリウス発売からの電動車の累計販売台数は1147万台となり、CO2排出抑制効果は9000万トン以上になると試算している。

トヨタの副社長でパワートレーンカンパニーChairmanの寺師茂樹氏は、「わずか20年で、電動車の年間販売は500台に満たない台数規模から150万台を超えるまでになりました。この実績は、トヨタの電動車の品質・耐久性・信頼性を証明するものであるとともに、電動車の更なる普及に向けた量産体制構築とパワートレーン多様化の基盤になります」と述べた。

トヨタの電動車開発・普及に向けた取り組みの歴史は、1997年に電動車の先駆けとして発売したプリウスにまで遡る。2012年に発売したプリウスPHVは、EVモード走行距離を大幅に伸長させ2017年に2代目を発売。2014年には量産FCVのMIRAIを日本で発売し、米国・欧州・カナダに続き、中国・UAE・オーストラリアでは実証導入を推進している。

>>新型プリウスPHVなどトヨタの電動車を画像で見る

今後も様々な電動車の開発を継続し、特にEVについては、2020年以降、中国を皮切りに導入を加速し、日本・インド・米国・欧州に順次導入。さらに、CO2排出抑制のために新興国地域でのHV導入拡大を進めていく。

トヨタは、2020年代前半にグローバルで10車種以上のEV導入や、2025年頃までにHV・PHV・EV・FCVといった電動専用車およびHV・PHV・EVなどの電動グレード設定車の拡大により、グローバルで販売する全車種を、電動専用車もしくは電動グレード設定車とする。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連編集記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR