トヨタ、電動車販売台数が過去最高を記録!2017年度は152万台を達成

トヨタは、2017年の電動車販売台数が過去最高となる152万台(前年比108%)を達成したことを発表した。

2017年に公表した「2030年に電動車販売550万台以上」という目標に向けて着実に電動車を普及させるとともに、「トヨタ環境チャレンジ2050」にある“2020年までに年間販売台数150万台”を、3年前倒しして達成した。

さらに、1997年のプリウス発売からの電動車の累計販売台数は1147万台となり、CO2排出抑制効果は9000万トン以上になると試算している。

トヨタの副社長でパワートレーンカンパニーChairmanの寺師茂樹氏は、「わずか20年で、電動車の年間販売は500台に満たない台数規模から150万台を超えるまでになりました。この実績は、トヨタの電動車の品質・耐久性・信頼性を証明するものであるとともに、電動車の更なる普及に向けた量産体制構築とパワートレーン多様化の基盤になります」と述べた。

トヨタの電動車開発・普及に向けた取り組みの歴史は、1997年に電動車の先駆けとして発売したプリウスにまで遡る。2012年に発売したプリウスPHVは、EVモード走行距離を大幅に伸長させ2017年に2代目を発売。2014年には量産FCVのMIRAIを日本で発売し、米国・欧州・カナダに続き、中国・UAE・オーストラリアでは実証導入を推進している。

>>新型プリウスPHVなどトヨタの電動車を画像で見る

今後も様々な電動車の開発を継続し、特にEVについては、2020年以降、中国を皮切りに導入を加速し、日本・インド・米国・欧州に順次導入。さらに、CO2排出抑制のために新興国地域でのHV導入拡大を進めていく。

トヨタは、2020年代前半にグローバルで10車種以上のEV導入や、2025年頃までにHV・PHV・EV・FCVといった電動専用車およびHV・PHV・EVなどの電動グレード設定車の拡大により、グローバルで販売する全車種を、電動専用車もしくは電動グレード設定車とする。

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ プリウスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる